Windows 10でディスククォータの制限を有効または無効にする

Windows 10でディスククォータの制限を有効または無効にする

Windows 10でディスククォータの制限を有効または無効にする: PCに複数のユーザーアカウントがある場合、ユーザーがすべてのディスク領域を使いたくないので、ディスククォータを有効にすることは理にかなっています。 このような場合、管理者はディスククォータを有効にして、各ユーザーにNTFSファイルシステムボリューム上の特定の量のディスク領域を割り当てることができます。 さらに、管理者はオプションで、ユーザーがクォータに近づいたときにイベントをログに記録するようにシステムを構成できます。また、管理者は、クォータを超えたユーザーに対してディスクスペースを拒否または許可できます。 ユーザーが強制されたディスククォータ制限に達すると、システムは、ボリューム上の物理スペースが使い果たされたかのように応答します。 ユーザーが強制されていない制限に達すると、[クォータエントリ]ウィンドウのステータスが変更されますが、物理スペースが利用可能である限り、ボリュームへの書き込みを続行できます。 とにかく、時間を無駄にせずに、以下のチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でディスククォータの制限を有効または無効にする方法を見てみましょう。 Windows 10でディスククォータの制限を有効または無効にする 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Windo

続きを読みます
Windows 10でデスクトップショートカットを作成する(チュートリアル)

Windows 10でデスクトップショートカットを作成する(チュートリアル)

Windows 10でデスクトップショートカットを作成する方法: システムの特定のプログラムに即座にアクセスするのは良くありませんか? これは、使用するショートカット用です。 Windows 10より前のバージョンでは、デスクトップショートカットを作成するのは簡単でしたが、Windows 10では少し注意が必要です。 Windows 7では、プログラムを右クリックして[送信]オプションを選択し、そこから[デスクトップ(スクリーンショットの作成)]を選択するだけです。 デスクトップショートカットを作成する方が簡単な場合もありますが、特にWindows 10オペレーティングシステムを使用している場合は、デスクトップにショートカットを作成することが難しい場合があります。 Windows 10ではこのオプションを利用できないため、多くのユーザーがデスクトップスクリーンショットを作成することが困難になります。 このガイドでは、Windows 10でデスクトップショートカットを簡単に作成できる方法について学習します。 Windows 10でデスクトップショートカットを作成する(チュートリアル) 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1 –ドラッグアンドドロップでショートカットを作成する Windows 10では、スタートメニューからデスクトップに、Window

続きを読みます
サービスを開始できない問題を修正するWindows Defenderエラー0x80070422

サービスを開始できない問題を修正するWindows Defenderエラー0x80070422

サービスを修正できませんでしたWindows Defenderエラー0x80070422: Windows Defenderは、Windows 10に組み込まれているマルウェア保護ソフトウェアです。信頼性が高いため、Windowsユーザーによって広く使用されていますが、場合によっては、サードパーティのアンチウイルスもインストールされています。 Norton、Quick Healなどのソフトウェアは、Windows Defenderのファイルを破損するためお勧めできません。 サードパーティのアンチウイルスを完全にアンインストールすると、Windows Defenderは必要なファイルが既に破損しているため使用できなくなります。 「サービスを開始できませんでした。 サービスが無効になっているか、関連する有効なデバイスがないため、サービスを開始できません。」 サードパーティのアンチウイルスを使用すると、Windows Defenderがオフになり、アンチウイルスソフトウェアをアンインストールすると、Windows Defenderをオンにできなくなります。 Windows Defenderを有効にしようとすると、エラーコード0x80070422で「サービスを開始できませんでした」というエラーが発生します。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを利用して、

続きを読みます
ドライバーの修正WUDFRdがロードに失敗しました

ドライバーの修正WUDFRdがロードに失敗しました

ドライバーの修正WUDFRdの読み込みに失敗しました: WudfRdドライバーの読み込みに失敗したのは、Windows 10にアップグレードするときに通常発生する互換性のないドライバーが原因です。エラー。 このエラーは、Windows Driver Foundation –ユーザーモードドライバーフレームワークサービスが開始されておらず、無効になっているために発生する場合もあります。 サービスを開始し、スタートアップの種類を自動に設定するだけで問題が解決するようです。 ログ名:システムソース:Microsoft-Windows-Kernel-PnPイベントID:219タスクカテゴリ:(212)レベル:警告ユーザー:SYSTEM説明:ドライバー\ Driver \ WudfRdがデバイスWpdBusEnumRoot \ UMB \ 2&37c186b&0&STORAGE#VOLUMEのロードに失敗しました#_ ?? _ USBSTOR#DISK&VEN_HUAWEI&PROD_SD_STORAGE&REV_2.31#8&5853DF2&0#。 このエラーは通常、USBドライバーに関連しており、一般的にイベントID 219を持っています。このイベントは、システム上のプラグアンドプレイデバイスドライバー(USBドライバーなど)が、デバイスドライバーまたはデバイスの誤動作のために失敗したとき

続きを読みます
Windows 10でSmartScreenフィルターを無効にする

Windows 10でSmartScreenフィルターを無効にする

Windows 10でSmartScreenフィルターを無効にする: SmartScreenは、Microsoftによって最初にInternet Explorer用に構築されたセキュリティ機能ですが、Windows 8.1以降、デスクトップレベルでも導入されました。 SmartScreenの主な機能は、システムに害を与える可能性のあるインターネットからの認識されないアプリをWindowsでスキャンし、この潜在的に危険なアプリケーションを実行しようとすると、これらの安全でないアプリについてユーザーに警告することです。 これらの認識されないアプリを実行しようとすると、SmartScreenから次のエラーメッセージが表示されます。 WindowsがPCを保護 Windows SmartScreenは、認識されないアプリの起動を防止しました。 このアプリを実行すると、PCが危険にさらされる可能性があります。 しかし、SmartScreenは、安全なアプリとそうでないアプリをすでに知っている上級ユーザーには必ずしも役立つとは限りません。 そのため、彼らはインストールしたいアプリケーションについての十分な知識を持っており、SmartScreenによる不要なポップアップは、有用な機能というよりもハードルとしてのみ見られる可能性があります。 また、Windowsにはそれに関する情報がないため、これら

続きを読みます
Windows 10メールエラー0x80040154または0x80c8043eを修正する

Windows 10メールエラー0x80040154または0x80c8043eを修正する

Windows 10メールエラー0x80040154または0x80c8043eを修正: ユーザーは、Windows 10メールアプリが機能せず、メールアプリにアクセスしようとしているときにエラーコード0x80040154または0x80c8043eに直面していると報告しています。 写真とカレンダーアプリも同様の問題に直面しているようで、問題はメールアプリに限定されません。 どういうわけかメールアプリを再インストールしても、Microsoftメールアカウントを追加すると同様のエラーが発生します。 詳細なエラーメッセージは次のとおりです。 問題が発生しました。 申し訳ありませんが、それを行うことができませんでした。 エラーコード0x80040154。 この問題に直面している場合は、Windows 10に非常に不満を感じているはずです。何かが常に壊れているようです。 とにかく、時間を無駄にすることなく、実際にWindows 10メールエラー0x80040154または0x80c8043eを修正する方法を見てみましょう。以下のトラブルシューティングガイドを参考にしてください。 Windows 10メールエラー0x80040154または0x80c8043eを修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Windowsストアアプリのトラブルシューティングツー

続きを読みます
Hotmail.com、Msn.com、Live.com、Outlook.comの違いは?

Hotmail.com、Msn.com、Live.com、Outlook.comの違いは?

Hotmail.com、Msn.com、Live.com、Outlook.comの違いは何ですか? Hotmail.com、Msn.com、Live.com、Outlook.comの間で混乱していますか? それらが何であり、どのように互いに異なるのか疑問に思いますか? ええと、www.hotmail.comにアクセスしてみたことはありますか? そうした場合、Outlookのサインインページにリダイレクトされます。 これは、実際にはHotmailがOutlookにブランド変更されたためです。 したがって、基本的には、Hotmail.com、Msn.com、Live.com、およびOutlook.comは、ほぼ同じWebメールサービスを参照します。 MicrosoftがHotmailを買収して以来、サービス名を何度も変更しており、ユーザーを完全に混乱させています。 HotmailからOutlookへの道のりは次のとおりです。 ホットメール Hotmailとして知られている最初のウェブメールサービスの1つが1996年に設立され、開始されました。HotmailはHTML(HyperText Markup Language)を使用して作成および設計されたため、元はHoTMaiL(大文字に注意)として型付

続きを読みます
Window Defenderエラー0x800705b4を修正

Window Defenderエラー0x800705b4を修正

Windows Defenderエラー0x800705b4を修正: Windows Defenderは、マルウェアとスパイウェアから保護するWindows 10に組み込まれたセキュリティツールです。 Windows Defenderは、システムを外部の脅威から保護し、ウイルス対策プログラムとしてアクティブに動作するように機能します。 このため、多くのユーザーはサードパーティのウイルス対策アプリケーションを使用せず、Windows Defenderのみに依存しています。これは、Windows Defenderがその仕事をしている限り問題ありません。 Microsoftのフリーウェアツールであり、Windowsにプリインストールされているため、料金を支払う必要がないというのが一番の利点です。 ここで、エラーコード0x800705b4または0x80508020が原因でWindows Defenderを起動できない場合はどうなりますか。 まあ、Windows Defenderを起動できない場合は、システムがマルウェアやウイルスに対して脆弱になります。これは、私に尋ねても良いことではありません。 Windows Defenderを実行しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。 サービスを開始できませんでした。 タイムアウト期間が切れたため、この操作は戻りました。 エラーコード:0x8

続きを読みます
Windows 10のアプリの互換モードを変更する

Windows 10のアプリの互換モードを変更する

Windows 10でアプリの互換モードを変更する:Windows 10 の導入により、以前の多くのアプリでMicrosoftの最新のオペレーティングシステムに問題が発生しています。 Windows 10は、以前のバージョンのWindows用に作成されたさまざまなアプリをサポートしていますが、一部の古いアプリは、Windows 10での実行に問題がある可能性があります。他の一部のアプリが高解像度ディスプレイを使用している場合、特に一部のアプリはスケーリングに問題がある可能性がありますシステムアーキテクチャによっては、まったく動作しない場合があります。 ただし、 互換モード と呼ばれる機能を使用して、古いバージョンのソフトウェアをWindows 10で実行できることを心配する必要はありません 。 Windows 10の互換モード設定は、この目的のために特別に作成されたもので、以前のバージョンのWindows用に構築された古いアプリケーションの互換性の問題を検出して修正します。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でアプリの互換モードを変更する方法を見てみましょう。 Windows 10のアプリの互換モードを変更する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 しかし、このチュートリアルに進む前に、Wind

続きを読みます
システムエラーメモリダンプファイルを削除する6つの方法

システムエラーメモリダンプファイルを削除する6つの方法

システムエラーのメモリダンプファイルを削除する方法: システムがランダムにクラッシュするなどの問題が発生したり、ブルースクリーンの死のエラーが表示されたりすると、システムはクラッシュ時にコンピュータメモリのコピーを順番に保存します後でクラッシュの原因を診断するのに役立ちます。 これらの保存されたファイル(メモリダンプ)は、システムエラーメモリダンプファイルと呼ばれます。 これらは、WindowsがインストールされているCドライブに自動的に保存されます。 これらは、4つの異なるタイプのメモリダンプです。 完全メモリダンプ: これは、ピア間で最大のタイプのメモリダンプです。 物理メモリ内のWindowsで使用されるすべてのデータのコピーが含まれています。 このダンプファイルには、少なくともメインシステムメモリと同じ大きさのページファイルが必要です。 Complete Memory Dumpファイルは、デフォルトで%SystemRoot%\ Memory.dmpに書き込まれます。 カーネルメモリダンプ: カーネルメモリダンプ:完全なメモリダンプよりも大幅に小さく、Microsoftによると、カーネルメモリダンプファイルはシステム上の物理メモリのサイズの約3分の1になるとのことです。 このダンプファイルには、ユーザーモードアプリケーションに割り当てられたメモリや割り当てられていないメモリは含

続きを読みます
Windows 10でエラー0x80004005を修正する方法

Windows 10でエラー0x80004005を修正する方法

Windows 10でエラー0x80004005を修正する方法:エラー0x80004005が発生している 場合、これは、共有フォルダー、ドライブ、または仮想マシンにアクセスできないことを意味します。 このエラーが原因で、Windowsの更新に失敗する場合もあります。 エラー0x80004005は詳細不明のエラーであり、このエラーが発生する理由についての説明はありません。 したがって、時間を無駄にせずに、以下にリストされたガイドの助けを借りて、Windows 10でエラー0x80004005を修正する方法を見てみましょう。 Windows 10でエラー0x80004005を修正する方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:SFCとDISMを実行する 1.Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者) ]をクリックします 。 2.次に、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。 Sfc / scannow sfc / scannow / offbootdir = c:\ / offwindir = c:\ windows(上記が失敗した場合は、これを試してください) 3.上記のプロセスが完了するのを待ち、完了したらPCを再起動します。 4.もう一度cmdを開いて次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押し

続きを読みます
マウスとキーボードがWindowsをスリープモードから復帰させないようにする方法

マウスとキーボードがWindowsをスリープモードから復帰させないようにする方法

マウスとキーボードがWindowsをスリープモードから 復帰させないようにする 方法: この問題は非常にイライラすることがあります。誤ってマウスを動かすたびに、PCがスリープモードから復帰し、システムを再びスリープモードにする必要があります。 まあ、これは誰にとっても問題ではありませんが、この問題を経験した私たちにとっては、解決策を見つけることがいかに重要であるかを理解できます。 そして幸運なことに、今日、あなたはこの問題を修正するためにとられた必要なステップをリストするページにいます。 マウスとキーボードがWindowsをスリープモードから復帰させないようにする方法 この記事では、マウスとキーボードがWindowsをスリープモードから復帰させないようにする方法について説明します。これにより、[電源の管理]タブの設定を変更して、スリープモードに干渉しないようにします。 方法1:マウスがWindowsをスリープモードから復帰させないようにする 1.Windowsキー+ Xを押して、[ コントロールパネル] を選択します 。 2.コントロールパネル内で、[ ハードウェアとサウンド ]をクリックします 。 3.次に、[ デバイスとプリンター ]で[マウス]をクリックします。 4.マウスのプロパティウィンドウが開いたら、[ ハードウェア]タブを 選択し ます。 5.デバイスのリストからデバイ

続きを読みます
Chromeでホストエラーを解決する10の方法

Chromeでホストエラーを解決する10の方法

Google Chromeでホストエラーの解決の問題が発生し、ウェブサイトの読み込みが遅い、またはDNSサーバーが見つからない場合は、このガイドで問題を解決するいくつかの修正について説明するので、心配しないでください。 ウェブサイトを開くことができないか、ウェブサイトのGoogle Chromeでの読み込みが非常に遅い場合、よく見ると、ブラウザのステータスバーに「ホストを解決しています」というメッセージが表示され、これが問題の根本原因です。 この問題はほとんどのユーザーが経験していますが、実際にはその背後にある理由がわかりません。Webサイトを開くことができないまで、メッセージは無視されます。 Google Chromeだけでなく、Firefox、Safari、Edgeなどの他のすべてのブラウザもこの問題の影響を受けます。 注: このメッセージは、Chromeでは「解決中のホスト」と表示され、Firefoxでは「検索中」と表示されるなど、ブラウザによって異なります。 Chromeでホストの解決が行われたのはなぜですか? Webサイトを開くには、まずブラウザのアドレスバーにWebサイトのURLを入力し、Enterキーを押します。 そして、これが本当にウェブサイトを開く方法だと思うなら、あなたは私の友人であると間違っています。 Webサイトを開くには、入力したURLが最初にIPアドレスに

続きを読みます
Windows 10でフォルダービュー設定が保存されないのを修正

Windows 10でフォルダービュー設定が保存されないのを修正

Windows 10でフォルダービューの設定が保存されないのを修正する: Windowsがフォルダービューの設定を記憶していない場合は、適切な場所にいます。今日、この問題の修正方法について説明します。 Windows 10では、すべてのファイルとフォルダーの設定を完全に制御でき、フォルダービューの設定を簡単に変更できます。 特大アイコン、大アイコン、中アイコン、小アイコン、リスト、詳細、タイル、コンテンツなど、さまざまな表示オプションから選択できます。 このようにして、ファイルエクスプローラーでファイルとフォルダーを表示する方法に関する設定を変更できます。 ただし、Windowsが設定を記憶しない場合があります。つまり、フォルダビュー設定が保存されておらず、デフォルト設定が保存されていることになります。 たとえば、フォルダビューの設定をリストビューに変更し、しばらくしてからPCを再起動したとします。 しかし、再起動後、Windowsは設定したばかりの設定を記憶していないことを確認します。つまり、ファイルまたはフォルダーはリストビューに表示されず、再び詳細ビューに設定されます。 この問題の主な原因は、簡単に修正できるレジストリのバグです。 問題は、フォルダービュー設定が5000フォルダーに対してのみ保存されることです。つまり、5000を超えるフォルダーがある場合、フォルダービュー設定は

続きを読みます
クリエイターの更新後に欠落している写真または画像アイコンを修正する

クリエイターの更新後に欠落している写真または画像アイコンを修正する

Creators Update後に欠落している写真または画像アイコンを修正する: 最近Creators Updateをインストールした場合、アイコンの代わりに空白スペースが表示される代わりに、写真または画像アイコンが欠落している可能性があります。 これは、Windowsを最新のビルドに更新した後の非常に一般的な問題ですが、最新の更新は不可欠であり、修正よりも多くの問題が発生しているようです。 とにかく、写真や写真をダブルクリックしてもデフォルトの写真アプリで開くので、このエラーはアプリケーションの動作に問題を引き起こさないようです。 ただし、アイコンが表示されないため問題がないというわけではありません。 それでは、時間を無駄にせずに、以下にリストされている手順を使用して、 クリエーターの更新後に欠落している写真または画像アイコン を実際に 修正 する方法を見てみましょう。 クリエイターの更新後に欠落している写真または画像アイコンを修正する 注: 何か問題が発生した場合に備えて 、 必ず 復元ポイント を 作成して ください。 方法1:写真アプリをデフォルトとして設定する 1. Windowsキー+ Iを押して 設定アプリ を開き、次の場所に移動します: アプリ>デフォルトアプリ>アプリごとにデフォルトを設定 2.これにより、特定のファイルタイプのデフォルトプログラムを設定

続きを読みます