ウィンドウの移動中はスナップポップアップを無効にする

ウィンドウの移動中はスナップポップアップを無効にする

ウィンドウの移動中にポップアップのスナップを無効にする: これはWindows 10で非常に厄介な問題です。ウィンドウをつかんで移動すると、クリックした場所にポップアップオーバーレイが表示され、ウィンドウの側面に簡単にスナップできます。モニター。 通常、この機能は役に立たず、ウィンドウを希望の場所に配置できません。ウィンドウをドラッグしたい場所にウィンドウをドラッグすると、このポップアップオーバーレイが間に位置し、ウィンドウをウィンドウに配置できないためです。望ましい場所。 スナップアシスト機能はWindows 7で導入されましたが、ユーザーは2つのアプリケーションを重複することなく並べて表示できます。 問題は、スナップアシストが重複を示し、それによって閉塞を作成することによって、埋められる位置を自動的に推奨するときに発生します。 問題を修正するための最も一般的な修正は、システム設定でスナップまたはエアロスナップをオフにすることですが、スナップを完全にオフにしていないようで、新しい問題が発生します。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたメソッドを使用してこの問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 ウィンドウの移動中はスナップポップアップを無効にする 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Snap Assistを無効にして

続きを読みます
ERR_EMPTY_RESPONSE Google Chromeエラーを修正する

ERR_EMPTY_RESPONSE Google Chromeエラーを修正する

ERR_EMPTY_RESPONSE Google Chromeエラーを修正する:Google Chrome を使用してインターネットを閲覧している場合、「データを受信できませんでした。 エラーコード:ERR_EMPTY_RESPONSE」。 エラーは単に接続が不良であることを意味し、このエラーのためにその特定のWebサイトにアクセスできなくなります。 このエラーが発生する理由には、Chrome拡張機能の破損、ネットワーク接続の不良、ブラウザのキャッシュ、一時ファイルのクラスタなど、いくつかの理由があります。いずれにせよ、時間を無駄にすることなく、以下の助けを借りてERR_EMPTY_RESPONSE Google Chromeエラーを修正する方法を見てみましょう掲載のトラブルシューティングガイド。 ERR_EMPTY_RESPONSE Google Chromeエラーを修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Chromeブラウザのキャッシュをクリアする 1.Google Chromeを開き、 Ctrl + H を押して履歴を開きます。 2.次に、左側のパネルから[ 閲覧 データの 消去 ]をクリックします。 3.「以下の項目を消去」で「 時間の始まり 」が選択されていることを確認します。 4.また、以下にチェックマークを付けます。 閲

続きを読みます
Windows Updateエラー0x80080005を修正

Windows Updateエラー0x80080005を修正

Windows Updateエラー0x80080005の修正: Windows Updateエラーコード0x80080005に直面している場合は、適切な場所にいるので、今日は問題の修正方法について説明します。 Windowsアップデートは問題なくシステムを実行するために重要であり、最新のセキュリティアップデートとパッチも提供します。 Windowsを更新できない場合、システムはさまざまな種類のエクスプロイトに対して脆弱になるため、Windows更新に関する問題をできるだけ早く修正することをお勧めします。 最近のランサムウェア攻撃は、さまざまな脆弱性を修正した最新のWindowsアップデートにユーザーがシステムをアップデートしなかったためにのみ可能でした。 サーバー{E60687F7-01A1-40AA-86AC-DB1CBF673334}は、必要なタイムアウト時間内にDCOMに登録されませんでした。 Windows Updateサービスは次のエラーで終了しました: システムは、指定されたファイルを見つけることができません。 このエラーの主な原因は、PCのセキュリティソフトウェアとWindows Updateの間の競合であり、BITSサービスをブロックしている可能性があるため、システムはシステムボリューム情報フォルダーにアクセスできません。 これらすべてが原因でWindows Upda

続きを読みます
ネットワーク接続に必要なWindowsソケットレジストリエントリが修正されていない

ネットワーク接続に必要なWindowsソケットレジストリエントリが修正されていない

ネットワーク接続に必要なWindowsソケットレジストリエントリが見つからないのを修正し ます。上記のエラーメッセージが表示される場合、このエラーの主な原因は、Windowsソケットレジストリエントリが破損していることです。 Windowsソケット(Winsock)は、Windowsでの着信および発信ネットワーク要求を管理するプログラミングインターフェイスです。 ネットワークトラブルシューティングを実行するまで、このエラーメッセージは直接表示されません。また、このエラーのためにインターネットにアクセスできなくなります。 このコンピュータに1つ以上のネットワークプロトコルがありません ネットワーク接続に必要なWindows Socketsレジストリエントリがありません。 ネットワークトラブルシューティングを実行する主な理由は、インターネットに接続できないか、インターネットにアクセスできないことです。 ネットワーク要求が適切に処理されない場合、ネットワークはまったく機能しません。 とにかく、時間を無駄にせずに、ネットワーク接続に必要なWindowsソケットのレジストリエントリを修正する方法を確認しましょう。以下にリストされているトラブルシューティングガイドを参考にしてください。 ネットワーク接続に必要なWindowsソケットレジストリエントリが修正されていない 何か問題が発生した場合に備

続きを読みます
Google Chromeを高速化する12の方法

Google Chromeを高速化する12の方法

Google Chromeを高速化する12の方法: かなり高速のデータ接続を使用していても、Google Chromeで低速のWebブラウジングに直面している場合は、Chromeの問題である可能性があります。 世界中のユーザーがChromeの速度を上げる方法を探していますか? それがまさに今日お話しする内容です。ここでは、Google Chromeを高速化してブラウジングエクスペリエンスを向上させるさまざまな方法を示します。 また、タスクマネージャーを開くと、常にGoogle Chromeがシステムリソースの大部分をRAMを占有しているのを見ることができます。 Chromeは利用可能な最高のブラウザの1つであり、30%以上のユーザーがChromeを使用していますが、RAMの使用量が多すぎてユーザーのPCの速度が低下しているため、依然として問題があります。 しかし、最近のアップデートで、ChromeはChromeをもう少しスピードアップできる多くの異なる機能を提供しました。それについては、以下で説明します。 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたステップでGoogle Chromeをより速くする方法を見てみましょう。 Google Chromeを高速化する12の方法 次に進む前に、Chromeを更新してから、以下の手順に進んでください。 また、復元ポイントを作成します 何

続きを読みます
Windows 10での予期しないストア例外BSOD

Windows 10での予期しないストア例外BSOD

Windows 10での予期しないストア例外BSODの修正: ユーザーは、アニバーサリーアップデート後にUNEXPECTED_STORE_EXCEPTIONブルースクリーンオブデス(BSOD)エラーが発生することを報告しています。 更新プログラムはWindowsで問題を修正せず、問題を修正します。いずれにしても、予期しないストア例外BSODエラーの主な原因はウイルス対策プログラムのようですが、他の理由もありますが、これは多くのユーザーの間で共通の問題のようです。 エラーの原因となっているドライバーを確認するために、Driver Verifierを実行して問題を確認することをお勧めします。 この手順は、エラーのトラブルシューティングと問題の解決に役立ちます。 また、これにより、このエラーが表示される理由に関する推測がなくなり、通常のWindowsに戻ることができます。 [解決しよう] Windows 10で予期しないストア例外BSOD 方法1:Driver Verifierを実行する この方法は、通常セーフモードではなくWindowsにログインできる場合にのみ役立ちます。 次に、システムの復元ポイントを作成してください。 Driver Verifierを実行してシステムサービス例外エラーを修正するには、ここにアクセスしてください。 方法2:Windowsでクリーンブートを実行する サー

続きを読みます
Windows 10でヘッドフォンが機能しない問題を修正する方法

Windows 10でヘッドフォンが機能しない問題を修正する方法

Windows 10でヘッドフォンが機能しない問題を修正しまし た。RealtekHDオーディオアダプターを搭載したDellラップトップでWindows 10のパブリックリリースを実行しています。これにより、ヘッドフォンジャックが外部スピーカーシステムと外部スピーカーシステムにオーディオを送信するように修正しました。ラップトップのまあまあの内部スピーカー! 注: これらのすべての修正を試す前に、私のカードのRealtekのように、サウンドカードに適切なドライバがあることを確認してください。ここから デフォルトのドライバ をダウンロードできます。 方法2 は 、Windows 10の 問題 でヘッドホンが機能しない 問題を解決するために誰にとっても 機能 するようです。 Windows 10でヘッドフォンが機能しない問題を修正 方法1:Windowsでオーディオ/サウンドドライバーを自動的に更新する 1. サウンドアイコンを 右クリックします 。 2.「 サウンド」 をクリックして、 「 再生」タブに 移動し ます。 3. スピーカー/ヘッドフォン を選択し、[ プロパティ ]をクリックし ます。 4. コントローラ情報 と「 プロパティ 」ボタンが表示されるので、それをクリックします。 5. [設定の変更]をクリックします( 管理者 権限が必要です)。 6. [ドライバー]タブに移動

続きを読みます
Windows 10でローカルグループポリシーエディターを開く5つの方法

Windows 10でローカルグループポリシーエディターを開く5つの方法

ローカルグループポリシーエディターを使用すると、単一のユーザーインターフェイスを介してWindowsデバイスのさまざまな設定を制御できます。 レジストリを変更せずに、ユーザー構成とコンピュータ構成を変更できます。 正しい変更を行うと、従来の方法ではアクセスできない機能を簡単にロック解除して無効にすることができます。 注: ローカルグループポリシーエディターは、Windows 10 Enterprise、Windows 10 Education、およびWindows 10 Proエディションでのみ使用できます。 これらのオペレーティングシステムは別として、これはシステムにありません。 ただし、このガイドを使用すると、Windows 10 Homeエディションに簡単にインストールできます。 この記事では、Windows 10でローカルグループポリシーエディターを開く5つの方法について説明します。システムでローカルグループポリシーエディターを開くには、どの方法でも選択できます。 Windows 10でローカルグループポリシーエディターを開く5つの方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1 –コマンドプロンプトからローカルポリシーエディターを開く 1. Windowsキー+ X を 押して 、[管理者権限を持つコマンドプロンプト]を選択します。 または

続きを読みます
Chromeコンポーネントを使用して個々のコンポーネントを更新する

Chromeコンポーネントを使用して個々のコンポーネントを更新する

Chromeコンポーネントを使用して個々のコンポーネントを更新する: ほとんどの人がGoogle Chromeをデフォルトのブラウザーとして使用しており、現在ではインターネットの同義語になっています。 Googleはユーザーエクスペリエンスの改善も試みており、Chromeを継続的に更新しています。 この更新はバックグラウンドで行われ、通常、ユーザーはこれについて何も考えません。 ただし、Chromeの使用中に、Adobe Flash Playerが更新されない、またはChromeがクラッシュするなどの問題が発生することがあります。 これは、Chromeコンポーネントの1つが最新でない可能性があるために発生します。 Google Chromeに対してChromeコンポーネントが更新されていない場合、これらの問題が発生する可能性があります。 この記事では、Chromeコンポーネントを使用して個々のコンポーネントを更新する方法、Chromeコンポーネントの関連性、およびChromeを手動で更新する方法について説明します。 ステップバイステップで始めましょう。 Chromeコンポーネントとは何ですか? Chromeコンポーネントは、Google Chromeの機能を向上させ、ユーザーエクスペリエンスを向上させるために存在します。 いくつかのクロムコンポーネントは次のとおりです。 アドビフラッ

続きを読みます
Windows 10での色と外観の変更を防ぐ

Windows 10での色と外観の変更を防ぐ

Windows 10での色と外観の変更を防ぐ:Windows 10 の導入により、ユーザーはシステムに関連付けられたWindowsの外観と色を細かく制御できます。 ユーザーはアクセントカラーを選択したり、透明効果をオン/オフにしたり、タイトルバーにアクセントカラーを表示したりできますが、Windowsが色や外観を変更できない設定は見つかりません。 まあ、多くのユーザーはシステムの外観や色を頻繁に変更したくないので、システムの外観を維持するために、WindowsがWindows 10で色や外観を変更できないようにする設定をアクティブにすることができます。 また、企業はユーザーがWindows 10で色と外観の変更を停止するように制限することで装飾を維持したいと考えています。設定を有効にすると、色を変更しようとすると「一部の設定は組織によって管理されています」という警告メッセージが表示されます。外観。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルの助けを借りて、Windows 10での色と外観の変更を防ぐ方法を見てみましょう。 Windows 10での色と外観の変更を防ぐ 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Gpedit.mscを使用してWindows 10で色と外観の変更を停止する 注: この方法はWindows 10 Home

続きを読みます
コマンドプロンプト(CMD)を使用してフォルダーまたはファイルを削除する

コマンドプロンプト(CMD)を使用してフォルダーまたはファイルを削除する

コマンドプロンプトを使用してフォルダーまたはファイルを 削除する : デバイスでフォルダーを作成または削除するには、デスクトップを 右クリック して目的のオプションを選択します。 簡単じゃないですか? はい、これは非常に簡単なプロセスですが、この方法が機能しない場合や、問題が発生する場合があります。 そのため、単一のメソッドに依存する必要はありません。 コマンドプロンプト(CMD)を使用して、新しいフォルダーまたはファイルを作成したり、フォルダーまたはファイルを削除したりできます。 このガイドでは、ファイルとフォルダを作成または削除するためのすべての可能な方法について説明します。 一部のファイルまたはフォルダーを削除できず、Windowsの警告メッセージが表示されても心配しないでください。そのようなフォルダーやファイルは、コマンドプロンプトを使用して簡単に削除できます。 したがって、コマンドプロンプトを使用して特定のタスクを実行する方法を学ぶことは常に役立ちます。 Microsoftユーザーがファイルやフォルダを作成および削除できるすべての方法について説明します。 注: フォルダーを削除すると、その中身とファイルもすべて削除されます。 したがって、コマンドプロンプトを使用してフォルダーを削除すると、選択したフォルダー内に存在するすべてのファイルが削除されることに注意してください。 キ

続きを読みます
Android向けの9つの最高のドキュメントスキャナーアプリ(2020)

Android向けの9つの最高のドキュメントスキャナーアプリ(2020)

Andriodの電話を使用してドキュメントをスキャンすることを検討していますか? このガイドでは、Andriodがドキュメントや画像などをスキャンするのに最適なドキュメントスキャナーアプリについて説明します。スキャンしたドキュメントを同じアプリを使用して編集することもでき、PDF変換をサポートしているものもあります。 今日、私たちはデジタル革命の時代にいます。 それは私たちの生活を完全に覆しました。 現在、私たちは私たちの生活のすべてにおいてデジタルメディアに依存しています。 私たちがこの世界でデジタル生活を送らないことは不可能です。 これらのデジタルガジェットの中で、私たちの生活の中で最も多くのスペースを占めているのはスマートフォンであり、それには正当な理由があります。 彼らは多くの機能を備えています。 それらを使用できる機能の1つは、ドキュメントのデジタル化です。 この機能は、PDF形式のフォームのスキャン、入力済みフォームのスキャン、および領収書のスキャンにも最適です。 そこで、ドキュメントスキャナーアプリが登場します。これらのアプリを使用すると、品質に妥協することなくドキュメントをスキャンし、素晴らしい編集機能を提供し、場合によっては光学式文字サポート(OCR)を使用することもできます。 インターネット上にはたくさんのそれらがあります。 それは確かに良い知らせですが、特に初心

続きを読みます
BAD_SYSTEM_CONFIG_INFOエラーを修正する

BAD_SYSTEM_CONFIG_INFOエラーを修正する

BAD_SYSTEM_CONFIG_INFOエラーの修正: BAD_SYSTEM_CONFIG_INFOはバグチェックエラーであり、値は0x00000074です。 これは、エラーがレジストリにあり、このエラーを修正できることを示しています。 このエラーの主な原因は、システムエラー、またはこのエラーにつながる破損したシステムファイルです。 最近レジストリに変更を加えた場合、レジストリエントリが破損していて、このエラーの原因である可能性が高いです。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを使用して、BAD_SYSTEM_CONFIG_INFOエラーを修正する方法を見てみましょう。 BAD_SYSTEM_CONFIG_INFOエラーを修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:自動修復を実行する 1. Windows 10の起動可能なインストールDVDを挿入し、PCを再起動します。 2.任意のキーを押してCDまたはDVDから起動するように求められたら、任意のキーを押して続行します。 3.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。 左下の [ コンピュータを 修復 する]を クリックし ます。 4.オプションの選択画面で、[ トラブルシューティング ]をクリックします。 5.トラブルシューティング画面で、 詳細オプ

続きを読みます
エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントはもうありません

エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントはもうありません

修正エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントがもうありませ ん。このエラーが発生している場合は、プリンターをインストールするか、ネットワーク内でドライブを共有していることを意味します。 通常、ドメインに参加しようとするとWindowsサービスが破損しているため、特定のドメインに参加できない他のサービスと競合し、最終的にエラーが発生すると、「使用可能なエンドポイントがありません」エラーが発生します。 とにかく、このエラーは非常に煩わしいため、次のトラブルシューティング手順でトラブルシューティングを行ってこのエラーを修正します。 クライアントをActive Directoryドメインに参加させようとすると、次のエラーが表示される場合があります。 ドメインに参加しようとしたときに次のエラーが発生しました: エンドポイントマッパーから使用できるエンドポイントはもうありません。 エラー1753:エンドポイントマッパーから使用可能なエンドポイントがありません。 エンドポイントマッパーから利用可能なエンドポイントはもうありません[解決しよう] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:RPC制限を削除するためにインターネットキーを削除する 1. Windowsキー+ Rを押し、次に regedit と入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを

続きを読みます
セキュリティオプションの準備でWindows 10が動かなくなる問題を修正

セキュリティオプションの準備でWindows 10が動かなくなる問題を修正

セキュリティオプションの準備 でWindows 10が動かなくなるのを 修正: Windows 10が「セキュリティオプションの準備」というブルースクリーンに読み込まれ、キーボードを使用できず、その画面で動かなくなるという新しい問題が報告されています。 この問題には、Windows 7にまでさかのぼる歴史がありますが、ありがたいことに、この問題を解決するように思われる解決策がいくつかあります。 一般に、Windows 10 Preparing Security Optionsエラーメッセージは、ウェルカム画面またはログオフ画面に表示されます。 ウイルスの問題であると言う人もいれば、ハードウェアの問題であると言う人もいるため、このエラーメッセージの特定の原因はありませんが、1つは、障害が原因であるため、Microsoftがこの問題を認識しないことを確認することです。 したがって、時間を無駄にせずに、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを利用して、セキュリティオプションの準備でWindows 10が動かなくなる問題を解決しましょう。 セキュリティオプションの準備でWindows 10が動かなくなる問題を修正 注: 続行する前に、必ずすべての外付けUSBデバイスを取り外して ください 。 また、何か問題が発生した場合に備えて、復元ポイントを作成します。 方法1:システムの復元

続きを読みます