Windows 10で復元ポイントが機能しない問題を修正

Windows 10で復元ポイントが機能しない問題を修正

Windows 10で復元ポイントが機能しない問題を修正:Windows 10で システムの復元が機能しないことは、ユーザーが時々遭遇する非常に一般的な問題です。 システムの復元が機能しない場合、次の2つのカテゴリに分類できます。システムの復元では復元ポイントを作成できません。システムの復元は失敗し、コンピューターを復元できません。 システムの復元が予期せず機能しなくなった理由について特定の理由はあり ませんが、Windows 10で復元ポイントが機能しない問題 を確実に 修正 するかなりの数のトラブルシューティング手順があります 。 次のエラーメッセージもポップアップ表示される場合があります。これらはすべて、以下にリストされているトラブルシューティング手順で修正できます。 システムの復元に失敗しました。 このコンピューターでシステムイメージが見つかりません。 システムの復元中に不明なエラーが発生しました。 (0x80070005) システムの復元が正常に完了しませんでした。 コンピュータのシステムファイルと設定は変更されませんでした。 システムの復元は、復元ポイントからディレクトリの元のコピーを抽出できませんでした。 システムの復元は、このシステムでは正しく機能していないようです。 (0x80042302) プロパティページで予期しないエラーが発生しました。 (0x8100202)

続きを読みます
Windows 10でカーソルのジャンプまたはランダムな移動を修正する

Windows 10でカーソルのジャンプまたはランダムな移動を修正する

カーソルのジャンプまたはランダムな動きを修正する: 多くのユーザーは、Windows OSの更新後にマウスで問題が発生します。この場合、マウスカーソルがランダムにジャンプするか、時々自動的に動き続けます。 これは、マウスを制御せずにマウスが単独で動いているかのようです。 マウスのこの水平または垂直の動きは自動的にユーザーを困らせますが、この問題を解決するために使用できるアプローチがあります。 この記事では、この問題を解決するためのさまざまなアプローチについて学びます。 Windows 10でカーソルのジャンプまたはランダムな移動を修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:マウスのハードウェアを確認する システムに技術的な微調整を行う前に、まずハードウェア、つまりマウスが期待どおりに機能しているかどうかを確認します。 これを行うには、マウスを取り外して別のシステムに接続し、マウスが正常に機能しているかどうかを確認します。 また、USBポートに損傷がないか確認してください。 マウスのボタンとワイヤーは無傷で完全に動作しています。 方法2:タッチパッドの遅延を変更する ラップトップを使用している場合は、タッチパッドを完全にチェックする必要があります。 ノートパソコンのタッチパッドと外付けマウスがシステムのポインティングデバイスとして機能している

続きを読みます
Windows 10でアカウントを作成中にエラーが発生しましたを修正しました

Windows 10でアカウントを作成中にエラーが発生しましたを修正しました

Windows 10でアカウントを作成中に問題が発生したエラーを修正:Windows 10 で管理者権限を持つ新しいローカルユーザーアカウントを作成しようとしている場合、「問題が発生しました。 もう一度試すか、[キャンセル]を選択して後でデバイスをセットアップしてください。」 新しいユーザーアカウントを作成するプロセスは非常に簡単です。[設定]> [アカウント]> [家族とその他のユーザー]に移動します。 次に、[他の人]の下の[このPCに他の人を追加]をクリックし、[この人はどのように歌いますか?]をクリックします。 画面に「この人のサインイン情報がありません。」をクリックします。 完全に空白の画面が表示され、円の中に青い点が表示されます(読み込みアイコン)。数分後、「問題が発生しました」というエラーが表示されます。 さらに、このプロセスはループになり、何度アカウントを作成しようとしても、同じエラーが何度も発生します。 Windows 10ユーザーはこのエラーのために新しいユーザーアカウントを追加できないため、この問題は厄介です。 この問題の主な原因は、Windows 10がMicrosoftサーバーと通信できないため、「何か問題が発生した」というエラーが表示されることです。 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたガイドの助けを借りて、Windows 10

続きを読みます
Windows 10でパスワードの有効期限を有効または無効にする

Windows 10でパスワードの有効期限を有効または無効にする

Windows 10でのパスワードの有効期限の有効化または無効化:Windows 10 でローカルアカウントのパスワードの有効期限が有効になっている場合、有効期限の期限が切れると、Windowsは非常に煩わしいパスワードの変更を警告します。 デフォルトでは、パスワードの有効期限機能は無効になっていますが、サードパーティのプログラムまたはアプリケーションによってはこの機能が有効になっている場合があり、残念ながら、コントロールパネルに無効にするためのインターフェイスがありません。 主な問題は、常にパスワードを変更することであり、場合によってはパスワードを忘れてしまうことがあります。 マイクロソフトでは、Windowsユーザーがローカルアカウントのパスワードの有効期限の設定を変更できないようにしていますが、ほとんどのユーザーで機能する回避策がまだあります。 Windows Proユーザーの場合、グループポリシーエディターを使用してこの設定を簡単に変更できますが、ホームユーザーの場合、コマンドプロンプトを使用してパスワードの有効期限設定をカスタマイズできます。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のガイドを参考にして、Windows 10でパスワードの有効期限を有効または無効にする方法を見てみましょう。 Windows 10でパスワードの有効期限を有効または無効にする 何か問題が発生し

続きを読みます
Windows 10でロック画面を無効にする

Windows 10でロック画面を無効にする

Windows 10でロック画面を無効にする: Windowsロック画面機能はWindows 8で導入され、それ以降、Windows 8.1またはWindows 10を含むすべてのバージョンのWindowsに含まれています。ここでの問題は、Windows 8で使用されるロック画面機能です。はタッチスクリーンPC用に設計されましたが、非タッチPCでは、この画面をクリックしても意味がなく、サインインオプションが表示されるため、この機能はおそらく時間の無駄でした。 実際、これは何もしない追加の画面です。代わりに、ユーザーはPCを起動したとき、またはPCがスリープから復帰したときにもサインイン画面を直接表示したいと考えています。 ほとんどの場合、ロック画面は不要な障害物であり、ユーザーは直接サインインできません。 また、ユーザーは、このロック画面機能のために、正しいパスワードを入力できない場合があることを訴えます。 サインインプロセスを急速に増加させる[設定]からWindows 10の画面ロック機能を無効にできるとよいでしょう。 ただし、ロック画面を無効にするためのオプションや機能はありません。 マイクロソフトはロック画面を無効にするための組み込みオプションを提供していませんが、さまざまなハックの助けを借りてユーザーがロック画面を無効にすることを止めることはできません。 そして今日は、このタ

続きを読みます
Windows 10で壁紙スライドショーを有効にする方法

Windows 10で壁紙スライドショーを有効にする方法

Windows 10で壁紙スライドショーを有効にする: 興味深く魅力的なデスクトップの背景を持つことは、私たちが気に入っていることです。 ただし、一部のユーザーはデスクトップの背景のスライドショーオプションを選択しません。これは、バッテリーの消耗が速くなり、PCの速度が低下する場合があるためです。 Windowsオペレーティングシステムには、デスクトップの背景のスライドショーオプションを有効または無効にするオプションがあります。 この機能を選択するかどうかは、完全にあなたの決定です。 それにもかかわらず、デスクトップの背景にスライドショーがあると、デスクトップが美しく見えます。 この機能を有効または無効にする方法と手順から始めましょう。 必要なときにいつでも有効または無効にできるように、完全に制御できます。 Windows 10で壁紙スライドショーを有効にする方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:電源オプションで壁紙スライドショーを無効または有効にする 1. コントロールパネルに移動し ます。 Windowsの検索ボックスにコントロールパネルを入力して、コントロールパネルを開くことができます。 2.コントロールパネルから 電源オプションを 選択し ます。 3.現在アクティブな電源プランの横にある「 プラン設定の変更 」オプションをクリック

続きを読みます
Windows 10でキーボードが機能しない問題を修正

Windows 10でキーボードが機能しない問題を修正

Windows 10でキーボードが機能しない問題を修正: 最近Windows 10に更新した場合、ラップトップのキーボードが応答せず、マウスタッチパッドの場合も同様です。 場合によっては、USBマウスにも問題が発生しますが、通常、タッチパッドとキーボードが機能しなくなった場合でも、ユーザーは引き続きUSBマウスを使用できます。 さて、この問題は、破損したドライバ、古いドライバ、または互換性のないドライバ、ハードウェアの問題、WindowsがシステムのUSBポートをオフにする、高速起動の問題など、さまざまな理由で発生する可能性があります。 原因は、実際にはユーザーのシステム構成と環境に依存し、あるユーザーではうまくいくかもしれないが別のユーザーではうまくいかないかもしれないため、この問題を解決するために徹底的なガイドをまとめました。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを利用して、Windows 10でキーボードが機能しない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 プロのヒント: キーボードのWindowsキー+スペースを押すだけで、この問題を解決してください。 Windows 10でキーボードが機能しない問題を修正[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 次の方法は、 タッチパッドまたはU

続きを読みます
Superfetchが機能しなくなったのを修正

Superfetchが機能しなくなったのを修正

Superfetchが機能しなくなったことを修正します。Superfetchは 、プリフェッチとも呼ばれ、使用パターンに基づいて特定のアプリをプリロードすることにより、アプリの起動プロセスを高速化するように設計されたWindowsサービスです。 基本的に、低速のハードドライブではなくRAMにデータをキャッシュするため、アプリケーションでファイルをすぐに利用できます。 時間の経過とともに、このプリフェッチに格納された情報は、アプリケーションのロード時間を改善することによってシステムパフォーマンスを最適化します。 これらのエントリが破損して、Superfetchが機能しないというエラーが発生する可能性があります。 この問題を修正するには、プリフェッチファイルをクリアして、アプリケーションデータキャッシュを再度格納できるようにする必要があります。 データは通常\ Windows \ Prefetchフォルダーに保存され、エクスプローラーからアクセスできます。 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングの手順で実際にSuperfetchが機能しないエラーを修正する方法を見てみましょう。 Superfetchが機能しなくなったのを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Superfetchデータを消去する 1. W

続きを読みます
Windows 10で画面の明るさを調整できない

Windows 10で画面の明るさを調整できない

Windows 10で画面の明るさを調整できない問題を修正: 最近Windows 10にアップグレードした場合、画面の明るさを調整できない、つまり画面の明るさの設定が機能しなくなるという厄介な問題に直面している可能性があります。 Windows設定アプリを使用して明るさを調整しようとしても、明るさのレベルを上下にドラッグしても何も起こらないため、何も変更できません。 キーワードの輝度キーを使用して輝度を調整しようとすると、輝度レベルが上下に表示されますが、実際には何も起こりません。 これは、多くのWindows 10ユーザーが現在直面しているかなり一般的なバグです。 この問題は、破損または互換性のないディスプレイドライバーが原因で発生します。ありがたいことに、この問題は簡単に解決できます。 したがって、これ以上時間を無駄にせずに、以下にリストされている手順を使用して、Windows 10で画面の明るさを調整できない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 Windows 10で画面の明るさを調整できない[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:ディスプレイアダプタードライバーを更新する 1. Windowsキー+ Rを 押し 、次に devmgmt.msc と入力してEnterキーを押し、 デバイスマネージャー を開き ます。 2.

続きを読みます
Windows 10テーマがデスクトップアイコンを変更することを許可または禁止する

Windows 10テーマがデスクトップアイコンを変更することを許可または禁止する

Windows 10テーマによるデスクトップアイコンの変更を許可または禁止する: Windows 10は、最も優れたオペレーティングシステムの1つであり、テーマ、色、マウスポインター、壁紙などの変更を含む、必要に応じてユーザーインターフェイスをカスタマイズできます。いくつかのより多くのカスタマイズに役立つ多くのサードパーティツールがあり、レジストリを調整して組み込みアプリケーションのルックアンドフィールを変更することもできます。 とにかく、ほとんどの人が使用している機能の1つがWindows 10のテーマを変更していますが、そのほとんどはデスクトップアイコンにも影響することを知りません。 デフォルトでは、テーマはデスクトップアイコンの変更を許可されており、デスクトップアイコンをカスタマイズした場合は、テーマを変更するたびにすべてのカスタマイズが失われます。 そのため、カスタムパーソナライズを維持するために、テーマがデスクトップアイコンを変更しないようにする必要があります。 とにかく、時間を無駄にせずに、以下のチュートリアルの助けを借りて、Windows 10テーマがデスクトップアイコンを変更することを許可または禁止する方法を見てみましょう。 Windows 10テーマがデスクトップアイコンを変更することを許可または禁止する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してく

続きを読みます
システムスレッド例外が処理されないエラーを修正するWindows 10

システムスレッド例外が処理されないエラーを修正するWindows 10

システムスレッドの例外が処理されないエラーWindows 10(SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED)を修正します。 これは ブルースクリーンの死 (BSOD) エラーであり、これが発生すると、これが発生すると、Windowsにログオンできなくなります。 システムスレッドの例外が処理されないエラーは 通常、起動時に発生し、このエラーの一般的な原因は互換性のないドライバーです(ほとんどの場合、グラフィックカードドライバーです)。 死のブルースクリーンが表示されると、人によってエラーメッセージが異なります。 SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(nvlddmkm.sys) または SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED(wificlass.sys) 上記の最初のエラーは、Nvidiaディスプレイドライバーファイルであるnvlddmkm.sysというファイルが原因で発生します。 これは、互換性のないグラフィックカードドライバーが原因でブルースクリーンが表示されることを意味します。 ワイヤレスドライバーファイルにすぎないwificlass.sysと呼ばれるファイルが原因で、2番目の原因も発生します。 したがって、死のエラーのブルースクリーンを解消するには、どちらの場合も問題のあるファイルに対処

続きを読みます
メール、カレンダー、連絡帳アプリが機能しない問題を修正

メール、カレンダー、連絡帳アプリが機能しない問題を修正

メール、カレンダー、および連絡帳アプリが機能しない問題を修正: 最近Windows 10にアップグレードした場合、メール、カレンダー、連絡帳アプリが機能せず、何らかの理由で機能しなくなる可能性があります。 メールとカレンダーアプリを開こうとすると、エラーコード0x80040154が表示されますが、ピープルアプリを開くと、クラッシュします。 つまり、上記のアプリにアクセスすることはできず、それらを開こうとすると、根本的な問題を修正するまでアプリは確実にクラッシュします。 マイクロソフトによると、これはWindowsストアのライセンスの問題が原因で発生し、以下のガイドで説明するクイックフィックスがリストされています。 時間を無駄にせずに、メール、カレンダー、ピープルアプリがWindows 10で機能しない問題を実際に修正する方法を以下のトラブルシューティング手順で見てみましょう。 メール、カレンダー、連絡帳アプリが機能しない問題を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:メール、カレンダー、およびPeopleアプリを再インストールします 1. Windows検索で「powershell」と入力し、 PowerShell を右クリックして、[管理者として実行]を選択します。 2. powershellに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します

続きを読みます
Windows 10でSmartScreenフィルターを無効にする

Windows 10でSmartScreenフィルターを無効にする

Windows 10でSmartScreenフィルターを無効にする: SmartScreenは、Microsoftによって最初にInternet Explorer用に構築されたセキュリティ機能ですが、Windows 8.1以降、デスクトップレベルでも導入されました。 SmartScreenの主な機能は、システムに害を及ぼす可能性のあるインターネットからの認識されないアプリをWindowsでスキャンし、この潜在的に危険なアプリケーションを実行しようとすると、これらの安全でないアプリについてユーザーに警告することです。 これらの認識されないアプリを実行しようとすると、SmartScreenから次のエラーメッセージが表示されます。 WindowsがPCを保護 Windows SmartScreenは、認識されないアプリの起動を防止しました。 このアプリを実行すると、PCが危険にさらされる可能性があります。 しかし、SmartScreenは、安全なアプリとそうでないアプリをすでに知っている上級ユーザーには必ずしも役立つとは限りません。 そのため、彼らはインストールしたいアプリケーションについての十分な知識を持っており、SmartScreenによる不要なポップアップは、有用な機能というよりもハードルとしてのみ見られる可能性があります。 また、Windowsにはそれに関する情報がないため、これら

続きを読みます
Windows 10でエントリポイントが見つからないというエラーを修正する

Windows 10でエントリポイントが見つからないというエラーを修正する

Windows 10でエントリポイントが見つからないというエラーを修正する: iTunesやMinecraftなどのプログラムを開こうとすると、「エントリポイントが見つかりません」というエラーが表示され、プログラムが起動しません。 この問題は特定のプログラムだけで発生するのではなく、いくつかのバックグラウンドプログラムを含むさまざまなプログラムで発生します。 エラーは、Msvcrt.dllファイルを_resetstkoflw(スタックオーバーフローからの回復)関数を含まないサードパーティのバージョンに置き換えた場合に発生します。 プロシージャエントリポイント? 初期化@ [email protected] @QAEEXZはダイナミックリンクライブラリC:\ Users \ User \ AppData \ Roaming \ Safe_nots_gh \ find.exeに見つかりませんでした。 この問題は、PCがシステムファイルに感染した可能性のあるウイルスやマルウェアに感染している場合にも発生する可能性があります。 この問題を修正するには、PCにマルウェアがなく、すべてのシステムファイルが完全であ

続きを読みます
Windowsがフォーマットを完了できなかったのを修正

Windowsがフォーマットを完了できなかったのを修正

Windowsがフォーマットを完了できなかったことを修正 します。SDカードまたはUSBドライブをフォーマットしようとすると、エラー「 Windowsがフォーマットを完了できませんでした 」に直面する可能性があり ます。 」不良セクター、ストレージデバイスの損傷、ディスクの書き込み保護、ウイルスまたはマルウェアの感染など、このエラーが発生する理由については、多くの考えられる説明があります。USBドライブまたはSDカードのフォーマットに関するもう1つの大きな問題は、Windows FATパーティションテーブルを読み取れません。 次の条件に該当する場合、問題が発生することがあります。 ディスク上のファイルシステムは、セクターごとに2048バイトを使用します。 フォーマットしようとしているディスクはすでにFATファイルシステムを使用しています。 SDカードまたはUSBドライブをフォーマットするために、別のオペレーティングシステム(LinuxなどのMicrosoft以外)を使用しました。 この場合、上記のエラーメッセージを修正するためのさまざまな解決策があります。これらの修正はユーザーのシステム構成と環境に依存するため、1人のユーザーで機能するものは必要ありませんが、別のユーザーでも機能します。 だから、時間を無駄にすることなく、実際にWindowsを修正する方法を見てみましょう。以下にリス

続きを読みます