Windows Defenderが起動しない問題を修正する

Windows Defenderが起動しない問題を修正する

Windows Defenderが起動しない問題を修正する: Windows 10でWindows Defenderをオンにできない場合は、今日の適切な場所にいるため、問題の修正方法を確認できます。 主な問題は、Windows Defenderが自動的にオフになり、それを有効にしようとすると、WindowsDefenderをまったく起動できなくなることです。 「オンにする」オプションをクリックすると、「このアプリはオフになっており、コンピュータを監視していません」というエラーメッセージが表示されます。 また、[設定]> [更新とセキュリティ]> [Windows Defender]に移動すると、Windows Defenderのリアルタイム保護がオンになっているのがグレー表示され、他のすべてもオフになっているため、これらについて何もできません。設定。 主な問題として、サードパーティのウイルス対策サービスをインストールしている場合、Windows Defenderが自動的にシャットダウンすることがあります。 同じタスクを実行するように設計された複数のセキュリティサービスが実行されている場合、明らかに競合が発生します。 そのため、Windows Defenderやサードパーティのアンチウイルスなど、1つのセキュリティアプリケーションのみを実行することを常にお勧めします。 場合

続きを読みます
Windowsストアのインストールボタンを修正しない

Windowsストアのインストールボタンを修正しない

Windowsストアのインストールボタンを修正しない: このエラーの主な原因はまだ不明ですが、この問題が発生する理由はさまざまです。 それらのいくつかは、Windowsファイアウォールが無効になっている、マルウェア感染、不正な日付と時刻の設定、破損したアプリケーションパッケージなどです。今やWindowsストアは、個人用または業務用に必要なさまざまな種類のアプリケーションをダウンロードできるため、Windowsの重要なコンポーネントです。使用する。 Windowsストアからアプリケーションをダウンロードできないことを想像してください。これがまさにこの場合に起こることです。 しかし、トラブルシューティングツールがこの問題を修正するためにここにあることを心配しないでください。以下にリストされている方法を1つずつ実行するだけで、このガイドの終わりまでに、Windowsストアは通常に戻ります。 下記のトラブルシューティング手順を続行する前に確認しておくべきことがいくつかあります。 Family Safteyの設定により、一部のアプリがブロックされることがあり、そのためストア上の特定のアプリにアクセスできない場合があります。 他のすべてのアプリまたは特定のアプリで問題が発生するかどうかを確認します。 この問題が特定のアプリでのみ発生する場合は、ファミリーセーフティー設定をオフにしてください。

続きを読みます
Chromeのerr_spdy_protocol_errorを修正

Chromeのerr_spdy_protocol_errorを修正

Chromeを修正するerr_spdy_protocol_error: Google Chromeには多数のバグが報告されており、そのようなエラーの1つがerr_spdy_protocol_errorです。 つまり、このエラーが発生すると、Webページにアクセスできなくなり、このエラーと共に「このWebページは利用できません」というメッセージが表示されます。 このエラーが発生する理由はいくつか考えられますが、最も一般的な理由の1つは、SPDYソケットに関連する問題のようです。 したがって、時間を無駄にせずに、以下にリストされているトラブルシューティング手順でこのエラーを実際に修正する方法を見てみましょう。 Chromeのerr_spdy_protocol_errorを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:SPDYソケットをフラッシュする 1. Google Chromeを開き、次のアドレスにアクセスします。 chrome:// net-internals /#sockets 2.SPDY ソケット を フラッシュ するために、 フラッシュソケットプールを クリックします。 3.ブラウザを再起動し、問題が解決したかどうかを確認します。 方法2:Chromeブラウザが最新であることを確認する 1. Google Chromeを更新するには、C

続きを読みます
XLSXファイルとは何ですか&XLSXファイルの開き方

XLSXファイルとは何ですか&XLSXファイルの開き方

XLSXファイルとは XLSXファイル拡張子は、 Microsoft Excelシートに 属して います。 Microsoft Excelは、テキスト形式のデータとセル内の数値形式を格納するデータファイルの作成に使用されます。 データを処理してファイルを作成するために使用できる数式がいくつかあります。 XLSXファイルを定義する方法 これらのファイルは、MS Excelで使用されます。これは、データをセルに整理して格納するために使用されるスプレッドシートアプリです。 保存されるデータは、テキストまたは数値であり、数式でさらに処理できます。 この新しいファイル拡張子は、OfficeオープンXLS標準で2007年に導入されました。 現在、 XLSXは、 スプレッドシートを作成するため のデフォルトのファイル拡張子 です。 このファイル拡張子は、以前に使用されたXLSファイル拡張子を置き換えました。 素人言語では、MS ExcelファイルはXLSXファイルと呼ばれます。 MS Excelで作成したすべてのスプレッドシートは、このファイル拡張子のみで保存されます。 XLSXファイルの開き方 XLSXファイルを開く最良の方法は、xlsxファイルを開いて編集できるMicrosoft ExcelがインストールされたMicrosoft Officeをインストールすることです。 ただし、Microso

続きを読みます
Windows 10でSkypehost.exeを無効にする方法

Windows 10でSkypehost.exeを無効にする方法

Windows 10でSkypehost.exeを無効に する方法 : Skypehost.exeは、Windows 10でSkypeメッセージングアプリとSkypeデスクトップアプリケーションを管理するプロセスです。 PCにSkypeがプリインストールされていない場合でも、Skypehost.exeが残っていることがわかります。 これは、skypeメッセージングアプリを実行するために、システムにskypehost.exeファイルがまだ必要であり、それがそこにある理由の1つです。 今、主な問題はSkypehost.exeがタスクマネージャーで高いCPUとメモリ使用量を示していることです。 プロセスを終了したり無効にしたりしても、バックグラウンドで実行されていることがわかります。 問題は、SkypeをWindows 10アプリとして実行する場合、システムリソースの多くを消費してCPU使用率が高くなる可能性があることですが、Skypeのデスクトップバージョンをダウン

続きを読みます
オペレーティングシステムのバージョンがスタートアップ修復と互換性がない

オペレーティングシステムのバージョンがスタートアップ修復と互換性がない

オペレーティングシステムのバージョンがスタートアップ修復と互換性がないのを修正する: 最近Windowsをアップグレードまたは更新した場合、このエラーメッセージ「オペレーティングシステムのバージョンはスタートアップ修復と互換性がない」に直面している可能性があります。 このエラーメッセージは、Windowsがスタートアップ修復を使用して起動してエラーを修正しようとしているが、問題を修正できない場合に表示されます。 したがって、Windows 10は修復ループに入り、すべてをSrtTrail.txtファイルに記録します。 この問題の影響を受けたユーザーのほとんどは、「このオペレーティングシステムのバージョンはスタートアップ修復と互換性がありません」ループに陥り、ほとんどの場合、この問題の唯一の解決策はWindows 10を最初から再インストールすることであると考えています。 これで問題は修正されますが、かなり時間がかかります 。ドライバ署名の強制を無効にし て問題を簡単に修正できるのにWindowsを再インストールする理由はばかげています 。 このエラーの原因は、ほとんどの場合、署名されていないドライバーの更新、破損または互換性のないドライバー、またはルートキットの感染です。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを使用して、オペレーティングシステムのバ

続きを読みます
DNSサーバーが応答しないエラー

DNSサーバーが応答しないエラー

Windows 10でDNSサーバーが応答しないエラーを修正する: インターネット経由でインターネットまたはWebサイトにアクセスできない場合、私たちが最初に行うことは、エラー「DNSサーバーが応答しない」を返すネットワークトラブルシューティングを実行することです。または「コンピューターは正しく構成されているようですが、デバイスまたはリソース(DNSサーバー)が応答していません。」 このエラーは、ドメインネームサーバー(DNS)がWebサイトのIPアドレスを解決できない場合に発生します。 Webサイトにアクセスすると、ブラウザが最初に行うのはDNSサーバーへの接続ですが、このDNSルックアップが失敗してエラーが発生する場合があります。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを使用して、Windows 10でDNSサーバーが応答しないエラーを修正する方法を見てみましょう。 DNSサーバーが応答しないエラー[解決済み] 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 前提条件: PCからブラウザのキャッシュとCookieをクリアしていることを確認してください。 この問題の原因となっている可能性のある不要なChrome拡張機能を削除します。 Windowsファイアウォールを介したChromeへの適切な接続が許可されてい

続きを読みます
ノートパソコンのスピーカーから音が出ないのを修正

ノートパソコンのスピーカーから音が出ないのを修正

ノートパソコンのスピーカーから音が出ないのを 修正: ノートパソコンのスピーカーから音が聞こえず、ヘッドフォンを使用しているときに問題なく音を聞くことができる場合、これはノートパソコンのスピーカーが機能していないことを意味します。 スピーカーは昨日まで正常に動作していましたが、突然動作を停止し、デバイスが正常に動作していてドライバーが更新されているとデバイスが言っても、できるだけ早く問題のトラブルシューティングを行う必要があるため、問題が発生しています。 現在、この問題の特定の原因はありませんが、古い、破損した、または互換性のないドライバー、ハードウェア障害、Windowsアップデートエラー、破損したシステムファイルなどが原因で発生する可能性があります。 Windows 10では、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを使用してください。 ノートパソコンのスピーカーから音が出ないのを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:オーディオジャックセンサーが正しく機能しているかどうかを確認する オーディオジャックがまだ挿入されているとコンピュータが判断した場合、ラップトップスピーカーからオーディオまたはサウンドを再生することはできません。 この問題は、オーディオジャックのセンサーが適切に機能せず、ハードウェアの問題であるためにサービスセ

続きを読みます
Windows 10でBOOTMGRが修正されない

Windows 10でBOOTMGRが修正されない

Windows 10でBOOTMGRが見つからないのを修正する方法: 「 BootmgrがありませんCtrl + Alt + Delを押して再起動してください 」は、Windowsブートセクターが破損しているか見つからないために発生する最も一般的なブートエラーの1つです。 BOOTMGRエラーが発生するもう1つの理由は、PCが起動元として適切に構成されていないドライブから起動しようとしている場合です。 このガイドでは、「 BOOTGMR 」に関するすべてと、 Bootmgrでエラーが見つからない場合の修正 方法について説明し ます 。 だから、時間を無駄にすることなく、前進しましょう。 Windowsブートマネージャー(BOOTMGR)とは何ですか? Windowsブートマネージャー(BOOTMGR) は、Windowsオペレーティングシステムの起動に不可欠なボリュームブートコードをロードします。 Bootmgrは、Windowsのコアパーツであるntoskrnl.exeだけでなく、重要なデバイスドライバーを順に読み込むwinload.exeの実行にも役立ちます。 BOOTMGRは、Windows 10、Windows 8、Windows 7、およびWindows Vistaオペレーティングシステムの起動を支援します。 Windows XPにはブートマネージャーがなく、NTLDR(N

続きを読みます
Microsoft Edgeから偽ウイルス警告を削除する

Microsoft Edgeから偽ウイルス警告を削除する

Microsoft Edgeから偽のウイルス警告を削除 します。「コンピュータに深刻なウイルスが存在します」というポップアップがMicrosoftに表示された場合、それは偽のウイルス警告であり、Microsoftからの正式なものではないため、慌てないでください。 ポップアップが表示されると、ポップアップが継続的に表示されるため、エッジを使用できなくなります。エッジを閉じる唯一の方法は、タスクマネージャーを使用することです。 エッジを再度開いた直後にポップアップが再び表示されるため、Microsoft Edgeの設定やその他のタブを開くことはできません。 この警告メッセージの主な問題は、ユーザーがサポートを受けるために電話をかけるためのフリーダイヤル番号を提供することです。 これはMicrosoftからの正式なものではなく、クレジットカードの詳細を入手したり、問題の修正を請求したりするための詐欺である可能性があるため、これに陥らないでください。 この詐欺に陥ったユーザーは、彼らが数千ドルで詐欺されたと報告しているので、そのような詐欺に注意してください。 注:アプリケーションによって生成された番号に電話をかけないでください。 まあ、このウイルスやマルウェアは、このポップアップを表示するためにMicrosoft Edgeの設定を変更しているようです。これは奇妙なことです。Microsoft

続きを読みます
Windows 10で認識されないUSBデバイスを修正する

Windows 10で認識されないUSBデバイスを修正する

Windows 10で認識されないUSBデバイスを修正する[解決済み]: 今日、USBデバイスをPCに接続しているときに、「 USBデバイスが認識されませんエラーコード43(USBデバイスが誤動作しています) 」という エラーが表示されます 。 まあ、これは単にWindowsがデバイスを検出できなかったこと、つまりエラーが発生したことを意味します。 これは私たちの多くが直面しなければならない一般的な問題であり、特定の修正はありません。そのため、他の誰かのために機能する方法はあなたのために機能しないかもしれません。 そして個人的には、USBデバイスが認識されないエラーを修正したい場合は、このエラーを修正するために検索エンジンの何百ものページをクロールする必要がありますが、運が良ければここで終了し、 USBデバイスが認識されない ことを間違いなく修正し ますWindows 10エラーで。 PCによっては、次のエラーメッセージが表示されます。 USBデバイスが認識されません デバイスマネージャーで認識されないUSBデバイス USBデバイスドライバソフトウェアは正常にインストールされませんでした 問題が報告されたため、Windowsはこのデバイスを停止しました。(コード43) プログラムがまだ使用しているため、Windowsは「汎用ボリューム」デバイスを停止できません。 このコンピュータに接

続きを読みます
Windows 10でデフォルトのシステムフォントを変更する方法

Windows 10でデフォルトのシステムフォントを変更する方法

Windows 10 でデフォルトのシステムフォントを変更する方法 : デバイスで毎日同じフォントを表示するのは面倒な場合がありますが、ここでの問題は、デフォルトのシステムフォントを変更できることです。 はい、変更できます。 Windowsオペレーティングシステムの更新は、デバイスの安全性と生産性を高めることを目的としています。 ただし、オペレーティングシステムに追加されたいくつかの新機能は、常に良いものをもたらすとは限りません。 以前のバージョンのオペレーティングシステム(Windows 7)と同様に、アイコン、メッセージボックス、テキストなどに変更を加えていましたが、Windows 10ではデフォルトのシステムフォントのままです。 システムのデフォルトのフォントはSegoe UIです。 デバイスを新しいルックアンドフィールに変更する場合は、このガイドの所定の方法に従ってください。 Windows 10でデフォルトのシステムフォントを変更する方法 デフォルトのシステムフォントを変更するには、レジストリエディタで変更を行う必要があります。 したがって、レジストリエディタで変更を行う前に、システムのバックアップを作成することをお勧めします。 レジストリエディタで変更を行っているときに何か悪いことをすると、完全に元に戻すことができないため、システムの完全なバックアップを取るようにしてくだ

続きを読みます
すぐに再生が開始しない場合は、デバイスを再起動してみてください

すぐに再生が開始しない場合は、デバイスを再起動してみてください

すぐに再生が開始されない場合はデバイスを再起動してみてください: Webブラウザー(Chrome、Firefox、Internet Explorerなど)でビデオを再生しているときに、「再生がすぐに開始されない場合はデバイスを再起動してください」というエラーメッセージが表示される場合があります。今日はこの問題を修正する方法を見ていきますので、心配しないでください。 このエラーが発生する主な問題は、YouTubeまたは他の最新のWebサイトが使用する新しいHTML5ビデオプレーヤーであるか、Webブラウザのハードウェアアクセラレーションにある可能性があります。 したがって、この問題を解決するには、ハードウェアアクセラレーションを無効にするか、HTML5プレーヤーアドオンをインストールする必要があります。 また、問題のトラブルシューティングを行うために、グラフィックカードのドライバーを更新するか、完全にアンインストールすることもできます。 それでは、時間を無駄にせずに、再生が始まらない場合の修正方法を見てみましょう。以下にリストされているガイドを使用して、デバイスを再起動してみてください。 すぐに再生が開始しない場合は、デバイスを再起動してみてください 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:ハードウェアアクセラレーションを無効にする a)Firef

続きを読みます
Windows 10でノートパソコンの画面を半分に分割する

Windows 10でノートパソコンの画面を半分に分割する

Windows 10でノートパソコンの画面を半分に分割する: ウィンドウの最も重要な特性はマルチタスクです。複数のウィンドウを開いて作業を行うことができます。 ただし、作業中に2つのウィンドウを切り替えるのが非常に面倒な場合があります。 ほとんどの場合、別のウィンドウを参照しています。 この問題を克服するために、ウィンドウには「 SNAP ASSIST 」と呼ばれる特別な機能が 用意されてい ます。 このオプションはWindows 10で利用できます。この記事では、システムでスナップアシストオプションを有効にする方法と、スナップアシストを使用してラップトップ画面をWindows 10で半分に分割する方法について説明します。 Windows 10でノートパソコンの画面を半分に分割する スナップアシストは、画面を分割するのに役立つ機能です。 1つの画面で複数のウィンドウを開くことができます。 これで、ウィンドウを選択するだけで、別の画面に切り替えることができます。 スナップアシストを有効にする(写真付き) 1.最初に、ウィンドウの [スタート]-> [設定] に移動します。 2.設定ウィンドウからシステムアイコンをクリックします。 3.左側のメニューから「 マルチタスク 」オプションを選択します。 4.スナップの下で、すべてのアイテムが有効になっていることを確認します。 それらが有

続きを読みます
USBデバイスがエラーコード43を認識しない問題を修正

USBデバイスがエラーコード43を認識しない問題を修正

USBデバイスが認識されないエラーコード43を修正する: USBハードウェアまたはドライバーに障害が発生した場合、デバイスマネージャーに「USBデバイスが認識されないエラーコード43」というエラーメッセージが表示されることがあります。 エラーコード43は、ハードウェアまたはドライバーがWindowsに何らかの問題があることを報告したため、デバイスマネージャーがUSBデバイスを停止したことを意味します。 USBデバイスが認識されない場合、デバイスマネージャにこのエラーメッセージが表示されます。 問題が報告されたため、Windowsはこのデバイスを停止しました。 (コード43) 上記のエラーメッセージが表示された場合、USBデバイスを制御するUSB​​のドライバーの1つがWindowsにデバイスに何らかの障害が発生したことを通知しているため、デバイスを停止する必要があります。 このエラーはUSBドライバーの破損やドライバーキャッシュのフラッシュが原因で発生する可能性があるため、このエラーが発生する原因は1つではありません。 PCによっては、次のエラーメッセージが表示されます。 USBデバイスが認識されません デバイスマネージャーで認識されないUSBデバイス USBデバイスドライバソフトウェアは正常にインストールされませんでした 問題が報告されたため、Windowsはこのデバイスを停止しま

続きを読みます