Windows 10でBluetoothデバイスを接続する方法

Windows 10でBluetoothデバイスを接続する方法

今日の記事では、Windows 10でBluetoothデバイスを接続する方法について説明します。 一部のファイルをモバイルからPCに、またはその逆に転送するために有線接続を介してモバイルを接続する必要がなくなった時代は終わりました。代わりに、ほとんどの人はBluetoothを介して携帯電話からPCにファイルを送受信することを好みます。 今日の時代では、ヘッドフォン、マウス、キーボード、スピーカー、ゲームコントローラなど、Bluetoothを使用して基本的にすべてのタイプのアクセサリを接続できます。 私たちのデバイスに関して言えば、人々は有線から無線技術に積極的に移行しています。 Bluetooth機能を利用して、デバイスをワイヤレスで複数のデバイスに接続し、Bluetooth接続を介してデータを共有できます。 Bluetoothを使用すると、Bluetoothを介してすべての重要な周辺機器を接続することにより、机の周りのすべてのワイヤとケーブルを取り除くことで、ワークスペースを効率的に管理できます。 Windows 10では、Bluetoothをオンにして、利用可能なすべてのデバイスをPCに簡単に接続できます。 この記事では、以下にリストされたチュートリアルを使用して、Windows 10でBluetoothをオンにして使用する方法について説明します Windows 10でBlue

続きを読みます
Windows 10 PCでOneDriveを無効にする

Windows 10 PCでOneDriveを無効にする

Windows 10 PCでOneDriveを無効にする: OneDriveはMicrosoftのクラウドストレージサービスです。 これは、ユーザーがファイルを保存できるクラウドサービスです。 ユーザーにとっては、無料で与えられるスペースがいくらかありますが、より多くのスペースのために、ユーザーは支払う必要があります。 ただし、この機能は本当に便利かもしれませんが、一部のユーザーはOneDriveを無効にして、メモリとバッテリーの寿命をある程度節約したい場合があります。 ほとんどのWindowsユーザーにとって、OneDriveは単なる注意散漫であり、サインインの不要なプロンプトでユーザーを悩ませます。 最も注目すべき問題は、ユーザーがシステムから完全に非表示にするか完全に削除したいファイルエクスプローラーのOneDriveアイコンです。 今問題は、Windows 10にシステムからOneDriveを非表示または削除するオプションが含まれていないことです。そのため、この記事をまとめて、PCからOneDriveを完全に削除、非表示、またはアンインストールする方法を示します。 Windows 10で1つのドライブを無効にすることは、かなり単純なプロセスです。 Windows 10でOneDriveを無効にする方法はいくつかあり、ここではそれらについて説明します。 Windows 10 P

続きを読みます
NVIDIAインストーラーがエラーを続行できない

NVIDIAインストーラーがエラーを続行できない

[解決しよう] NVIDIAインストーラーはエラーを続行できない: NVIDIAインストールプログラムを実行しているときに、「 NVIDIAインストーラーを続行できません 」というエラーに直面します 。 このグラフィックスドライバーは互換性のあるグラフィックスハードウェアを見つけることができませんでした 」または「 NVIDIAインストーラーが失敗しました 」。この問題を解決するには、この投稿に従う必要があります。 上記の両方のエラーでは、NVIDIAグラフィックカードのドライバーをインストールできないため、この厄介なエラーに悩まされています。 さらに、エラーコードには、この問題のトラブルシューティングをより困難にする最小限の情報は含まれていません。 しかし、これが私たちの仕事です。この問題を解決するために、圧縮ガイドをまとめました。 [解決しよう] NVIDIAインストーラはエラーを続行できません システムに変更を加える前に、システム復元ポイントを作成することをお勧めします。 それでは、時間を無駄にせずに、 NVIDIAインストーラーがエラーを続行できない 方法を 修正する 方法を見てみましょう 。 方法1:グラフィックカードを有効にして、手動でドライバーの更新を試みる 1. Windowsキー+ Rを 押してから 、「 devmgmt.msc 」と入力し(引用符は不要)、 Ent

続きを読みます
RuntimeBroker.exeによる高いCPU使用率を修正する

RuntimeBroker.exeによる高いCPU使用率を修正する

RuntimeBroker.exeによる高CPU使用率の修正: この記事を読んでいる場合、高CPU使用率がRuntimeBroker.exeによって引き起こされているこの問題に直面している必要があります。 さて、このランタイムブローカーとは何か、まあ、それはWindowsストアからのアプリのアクセス許可を管理するWindowsプロセスです。 通常、Runtime Broker(RuntimeBroker.exe)のプロセスは、少量のメモリを使用するだけで、CPU使用率が非常に低くなります。 ただし、この問題が発生している場合は、一部の障害のあるアプリが原因でランタイムブローカーがすべてのメモリを使い果たし、CPU使用率が高くなる可能性があります。 これによる主な問題は、システムが遅くなり、他のアプリやプログラムがスムーズに機能するのに十分なリソースが残っていないことです。 この問題を修正するには、この記事で説明するランタイムブローカーを無効にする必要があります。 したが

続きを読みます
Windows 10でデスクトップの背景の変更を自動的に修正する

Windows 10でデスクトップの背景の変更を自動的に修正する

Windows 10でデスクトップの背景の変更を自動的に修正: 最近Windows 10にアップグレードした場合、Windows 10の背景自体が変更され、別の画像に戻ってしまうという問題が発生する可能性があります。 スライドショーを設定しても、設定がめちゃくちゃになってしまうため、この問題は背景画像だけではありません。 再起動後、Windowsはデスクトップの背景として古い画像に戻るため、PCを再起動するまで新しい背景が存在します。 この問題の特定の原因はありませんが、同期設定、破損したレジストリエントリ、または破損したシステムファイルが問題の原因である可能性があります。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを利用して、Windows 10でデスクトップの背景の変更を自動的に修正する方法を見てみましょう。 Windows 10でデスクトップの背景の変更を自動的に修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:デスクトップの背景のスライドショー 1. Windowsキー+ Rを押してから、 powercfg.cpl と入力してEnterキーを押します。 2.次に、選択した電源プランの横にある「 プラン設定の変更 」をクリックし ます 。 3. [ 詳細な電源設定の変更]を クリックし ます。

続きを読みます
Windows 10のスタートメニューの問題を修正する

Windows 10のスタートメニューの問題を修正する

Windows 10のスタートメニューの問題を修正する: Windows 10のスタートメニューまたはCortanaは、Windows 8のリリース以来ずっとずっと問題であり、まだ完全に解決されていません。 これはオペレーティングシステムのチェーンの中で最も弱いリンクですが、Microsoftは新しい更新を行うたびにそれを通常の状態に戻そうとしていますが、今のところ失敗していると思います。 ただし、これは、スタートメニューのトラブルシューティングと呼ばれる、スタートメニュー専用のまったく新しいトラブルシューティングを作成したため、Microsoftがエンドユーザーを支援していないという意味ではありません。 これで、この小さな美しさが何をするかはもうおわかりだと思いますが、そうでない場合は、Windows 10スタートメニューに関連するすべての問題を修正するように設計されています。 Windows 10のスタートメニューの問題を修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:Windowsを更新する 1. Windowsキー+ Iを押して、[ 更新とセキュリティ]を 選択し ます。 2.次に、[ 更新の確認 ]をクリックし、保留中の更新がある場合は必ずインストールして ください 。 3.アップデートがインストールされたら、PCを再起動します。 こ

続きを読みます
Windows 10の非ページ領域エラーのページ違反を修正

Windows 10の非ページ領域エラーのページ違反を修正

非ページ領域エラーのページ違反を修正: Windowsオペレーティングシステムを使用するすべての人がブルースクリーンエラーに精通していると思います。 あなたが技術に詳しい専門家であろうと初心者ユーザーであろうと、画面が青に変わって何らかのエラーが表示されるときはいつでも、私たちは皆迷惑になります。 専門用語ではBSOD(Blue Screen of Death)と呼ばれています。 BSODエラーにはいくつかの種類があります。 私たち全員が遭遇する最も一般的なエラーの1つは、 非ページ領域のページフォールトです 。 このエラーにより、デバイスが停止し、エラーメッセージと停止コードが表示されると同時にディスプレイ画面が青色になります。 このエラーは自動的に解決される場合があります。 ただし、頻繁に発生する場合は、深刻な問題と見なす必要があります。 今こそ、この問題の背後にある原因と、この問題を解決する方法を見つける必要があるときです。 このエラーの原因を解明することから始めましょう。 この問題の原因は何ですか? Microsoftによると、この問題は、デバイスがRAMメモリまたはハードドライブからのページを必要とするが、それを取得しなかった場合に発生します。 ハードウェアの不良、システムファイルの破損、ウイルスまたはマルウェア、ウイルス対策ソフトウェア、RAMの不良、NTFSボリューム(

続きを読みます
Windows 10でエクスプローラーが開かない問題を修正

Windows 10でエクスプローラーが開かない問題を修正

Windows 10でファイルエクスプローラーが開かないのを修正する: Windows 10はMicrosoftがリリースした最新のオペレーティングシステムですが、バグがないわけではなく、そのようなバグの1つはWindows 10ファイルエクスプローラーが開かないか、クリックしても応答しません。その上に。 ファイルやフォルダにアクセスできないWindowsを想像してみてください。そのようなシステムの用途は何ですか。 さて、MicrosoftはWindows 10のすべての問題を追跡するのに本当に苦労しています。 エクスプローラが応答しないのはなぜですか? この問題の主な原因は、Windows 10のファイルエクスプローラーと競合するスタートアッププログラムにあるようです。 また、スケーリングスライダーの問題、ファイルエクスプローラーのキャッシュの問題、Windowsの検索の競合など、ユーザーがファイルエクスプローラーにアクセスできない原因となる他の多くの問題がありますが、システムでこの特定の問題が発生する理由は、ユーザーのシステム構成によって異なります。 Windows 10の問題でファイルエクスプローラーが開かない問題を修正する方法 Windowsスタートアッププログラムを無効にすると、この問題の解決に役立ち、問題のトラブルシューティングにも役立ちます。 次に、プログラムを1つずつ

続きを読みます
修正api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllが見つからないため、プログラムを起動できません

修正api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllが見つからないため、プログラムを起動できません

修正api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllが見つからないため、プログラムを開始できません: プログラムまたはアプリケーションを開くと、エラーメッセージ「プログラムはAPIを開始できません。 -ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllがコンピューターから欠落しています。」今日は、このランタイムエラーを修正する方法を確認するので、適切な場所にいます。 api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllエラーとは何ですか? api-ms-win-crt-runtime-l1-1-0.dllは、Visual Studio 2015のVisual C ++再頒布可能パッケージの一部です。このエラーメッセージが表示されるのは、api-ms-win- crt-runtime-l1-1-0.dllファイルが見つからないか、破損しています。 このエラーを修正する唯一の方法は、Visual Studio 2015のVisual C ++再頒布可能パッケージを修復するか、api-ms-win-crt-runtime-

続きを読みます
AndroidでPDFを編集するための4つの最高のアプリ

AndroidでPDFを編集するための4つの最高のアプリ

AndroidでPDFを編集するのに最適なアプリ: Portable Document FormatまたはPDFは、ドキュメントの保存に使用されるファイル形式です。 PDFファイルは、ドキュメントを表示するために使用され、さまざまなデバイス、オペレーティングシステムなどでアクセスしたときにドキュメントの正確な外観と内容を保持します。これが、最近PDFファイル形式が非常に普及した理由の1つです。 PDFファイルを直接編集することはできず、そのためにはサードパーティのアプリを使用する必要があります。 また、携帯電話の時代を経て、私たちのほとんどは、コンピューターよりも携帯電話に依存しているため、携帯電話で日常業務を行っています。 Playストアには、パソコンに触れることなくAndroidデバイスでPDFファイルを編集できるようにするアプリがたくさんあります。 最高のPDF編集アプリのいくつかを以下で説明します。 AndroidでPDFを編集するための4つの最高のアプリ OfficeSuite –無料のOffice、PDF、Word、スプレッドシート、スライド OfficeSuiteは無料のアプリで、Word、Excel、PowerPointなどのOfficeドキュメントを簡単に表示、作成、編集し、コンピューターで行うように高度なPDF操作を実行できます。 強力な機能と使いやすいインターフ

続きを読みます
ユーザーがWindows 10でデスクトップアイコンを変更できないようにする

ユーザーがWindows 10でデスクトップアイコンを変更できないようにする

ユーザーがWindows 10でデスクトップアイコンを変更できないようにする : デフォルトでは、Windows 10ユーザーはデスクトップアイコン設定を使用してデスクトップアイコンを変更できますが、ユーザーがデスクトップアイコン設定を使用できないようにするには、どうすればよいでしょうか。 さて、今日は幸運です。今日、ユーザーがWindows 10でデスクトップアイコンを変更できないようにする方法を説明します。この設定は、同僚がデスクトップ設定を台無しにできる職場でラップトップを使用する場合に非常に有益です。したがって、あなたの重要なデータを台無しにしています。 あなたはいつでもあなたのデスクトップをロックすることができますが、時々間違いが起こり、それゆえあなたのPCは脆弱になります。 ただし、続行する前に、必要なアイコンがデスクトップに追加されていることを確認してください。設定を有効にすると、管理者も他のユーザーもデスクトップアイコンの設定を変更できなくなります。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でユーザーがデスクトップアイコンを変更できないようにする方法を見てみましょう。 ユーザーがWindows 10でデスクトップアイコンを変更できないようにする 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方

続きを読みます
ffmpeg.exeが停止エラーを修正しました

ffmpeg.exeが停止エラーを修正しました

ffmpeg.exeが機能しなくなったエラーの修正: FirefoxまたはGoogle Chromeを使用している場合、「ffmpeg.exeが機能しなくなった」というエラーメッセージが表示される可能性があります。 この問題は、ユーザーが多くのメディアコンテンツを含むWebページにアクセスしようとしたときに発生します。 FFmpegは、マルチメディアデータを処理するためのライブラリとプログラムを作成するフリーソフトウェアプロジェクトです。 ffmpeg.exeによるCPUとメモリの使用率が高いことに不満を言うユーザーはほとんどいませんが、プロセスが停止すると問題は修正されます。 クリーンブートまたは単純な再起動を実行しても、ユーザーの問題は解決されないようで、多くのメディアでWebサイトを開くと、同じエラーメッセージが再び表示されます。 だから時間を無駄にすることなく、実際にffmpeg.exeを修正する方法を見てみましょう。以下にリストされているトラブルシューティングガイドの助けを借りてエラーが動作を停止しました。 ffmpeg.exeが停止エラーを修正しました 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:PCからffmpeg.exeを削除します 1. Windowsの検索で f

続きを読みます
Windows 10でセーフモードを終了する2つの方法

Windows 10でセーフモードを終了する2つの方法

Windows 10でセーフモードを終了する2つの方法: まあ、最近Windowsを更新した場合は、コンピューターをセーフモードで直接起動するように構成する必要があります。 一部のサードパーティプログラムが競合し、Windowsがセーフモードで起動する可能性があるため、アップデート/アップグレードを行わなくてもこの問題に直面する可能性があります。 要するに、セーフモードを無効にする方法を理解しない限り、Windowsはセーフモードで動かなくなります。 Windowsセーフモードは、ネットワークアクセス、サードパーティのアプリケーション、および非常に基本的なドライバーを使用したWindowsの読み込みを無効にします。 要するに、セーフモードはWindowsオペレーティングシステムの診断スタートアップモードです。 基本的に、開発者またはプログラマーは、サードパーティのプログラムまたはドライバーによって引き起こされる可能性のあるシステムの問題をトラブルシューティングするためにセーフモードを使用します。 通常のユーザーはセーフモードについてあまり知らないため、Windows 10でセーフモードを無効にする方法もわかりません。しかし、この問題を調査すると、「すべてのブート変更を永続的にする」オプションがmsconfigユーティリティにチェックイン。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下の手

続きを読みます
ノートパソコンの蓋を閉じたときにデフォルトのアクションを変更する

ノートパソコンの蓋を閉じたときにデフォルトのアクションを変更する

ラップトップのふたを閉じるときにデフォルトのアクションを変更する:ラップトップのふた を閉じると、PCは自動的にスリープ状態になり、なぜそれが起こっているのか疑問に思っていますか? これはデフォルトのアクションで、ラップトップのふたを閉じるとPCがスリープ状態になるように設定されていますが、Windowsではラップトップのふたを閉じるとどうなるかを選択できるため、心配する必要はありません。 私のような多くの人は、ラップトップのふたが閉じているときはいつでもPCをスリープ状態にしたくないので、代わりにPCを実行し、ディスプレイのみをオフにする必要があります。 PCをスリープ状態にする、休止状態にする、システムを完全にシャットダウンする、または何もしないなど、ラップトップの蓋を閉じたときに何が起こるかを選択する多くのオプションがあります。 それでは、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でラップトップの蓋を閉じるときにデフォルトのアクションを変更する方法を見てみましょう。 ノートパソコンの蓋を閉じたときにデフォルトのアクションを変更する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:電源オプションでノートパソコンの蓋を閉じるとどうなるかを選択します 1.システムタスクバーの バッテリーアイコン を右ク

続きを読みます
充電されていないノートパソコンのバッテリーを接続するための7つの方法

充電されていないノートパソコンのバッテリーを接続するための7つの方法

充電されていないノートパソコンのバッテリーを接続するための7つの方法: 充電器が接続されている場合でもノートパソコンが 充電されないこと は、多くのユーザーが直面している一般的な問題ですが、ユーザーごとに異なる解決策があります。 このエラーが発生すると、充電アイコンは充電器が接続されているがバッテリーは充電されていないことを示します。 充電器が接続されている場合でも、ラップトップのバッテリーの状態は0%のままであることがわかります。また、ラップトップがシャットダウンする前に問題の原因を見つける必要があるため、今はパニックになっている可能性があります。 したがって、これがハードウェア自体ではなくオペレーティングシステム(Windows)の問題かどうかを最初に見つける必要があります。そのためには、UbuntuのLive CDを使用する必要があります(または、Slax Linuxを使用することもできます)。このオペレーティングシステムでバッテリーを充電できます。 それでもバッテリーが充電されない場合は、Windowsの問題を除外できますが、これはラップトップのバッテリーに深刻な問題があり、交換が必要になる可能性があることを意味します。 バッテリーがUbuntuで正常に機能する場合は、以下にリストされている方法のいくつかを試して問題を解決できます。 充電されていないノートパソコンのバッテリー

続きを読みます