ビルトイン管理者アカウントを使用してアプリを開くことができません

ビルトイン管理者アカウントを使用してアプリを開くことができません

ビルトイン管理者アカウントを使用してアプリを開けない:ビルトイン管理者アカウントで アプリケーションにアクセスできない場合、これは、ローカル管理者などの非常に特権のあるアカウントへのアクセスを順番に制限するセキュリティ機能が原因ですユーザーの有害なアクションからオペレーティングシステムを保護するため。 このアプリを開くことができません。 ビルトインAdministratorアカウントを使用してMicrosoft Edgeを開くことはできません。 別のアカウントでログインして、もう一度お試しください。 この迷惑な警告が発生し、システム上のアプリにアクセスできない場合は、以下のトラブルシューティングガイドに従って問題を解決する必要があります。 組み込みの管理者アカウントを使用してアプリを開くことができません 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:ビルトインAdministratorアカウントの管理者承認モードを有効にする 1. Windowsキー+ Rを 押して から、 secpol.msc と入力してEnterキーを 押し ます。 2. [セキュリティの設定]> [ローカルポリシー]> [セキュリティオプション]に 移動し ます。 3.右側のウィンドウで ビルトイン管理者アカウントのユーザーアカウント制御管理者承認モードを ダブルクリ

続きを読みます
Windows Helloは、Windows 10のこのデバイスでは利用できません。

Windows Helloは、Windows 10のこのデバイスでは利用できません。

Windows Helloは、Windows 10のこのデバイスでは利用できません。WindowsHelloはWindows 10 の機能で、Windows Helloを使用して指紋、顔認識、または虹彩スキャンを使用してサインインできます。 現在、Windows Helloはバイオメトリクスベースのテクノロジであり、ユーザーは自分のIDを認証して、上記の方法のいずれかを使用してデバイス、アプリ、ネットワークなどにアクセスできます。 Windows Helloは、ブルートフォース攻撃を使用してシステムにアクセスするハッカーからシステムを保護する優れた方法であるため、Windows 10の設定でWindows Helloを有効にする必要があります。 これを行うには、 [設定]> [アカウント]> [サインインオプション] に移動し 、Windows Helloで切り替え を有効にして、この機能を有効にする必要があります。 しかし、 「このデバイスではWindows Helloを利用できません 」というエラーメッセージが表示された場合はどうなりますか? まあ、実際にWindows Helloにアクセスするには、生体認証ベースのサインイン用の適切なハードウェアが必要です。 しかし、すでに適切なハードウェアを使用していても上記のエラーメッセージが表示される場合は、問題はドライバーま

続きを読みます
Windows 10からノートンを完全にアンインストールする方法

Windows 10からノートンを完全にアンインストールする方法

Windows 10からNortonを完全にアンインストールする方法: Norton Antivirusをインストールしている場合、ほとんどのウイルス対策ソフトウェアのように、システムからNorton Antivirusをアンインストールするのに苦労するでしょう。Nortonは、たとえあなたがプログラムと機能からアンインストールしました。 ほとんどの人はウイルス、マルウェア、ハイジャックなどの外部の脅威からPCを保護するためにこれらのウイルス対策プログラムをダウンロードしますが、システムからこれらのプログラムを削除するのは大変な作業です。 古いアンチウイルスがシステムに残っているとインストールできないため、別のアンチウイルスソフトウェアをインストールしようとすると、主な問題が発生します。 すべてのファイルと構成を削除するために、コンピュータ上のすべてのノートン製品をアンインストールするためのノートン削除ツールと呼ばれるツールが特別に開発されました。 したがって、時間を無駄にせずに、以下のガイドを参考にして、Windows 10からノートンを完全にアンインストールする方法を見てみましょう。 Windows 10からノートンを完全にアンインストールする方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 1. Windowsキー+ Qを押してWindows Sear

続きを読みます
Windows Updatesエラー0x8024401c修正

Windows Updatesエラー0x8024401c修正

Windows Updatesエラー0x8024401cを修正: Windows 10をアップデートしようとしているときにエラーコード0x8024401cが発生している場合は、この問題を解決する方法について今日話し合う予定です。 基本的に、このエラー0x8024401cが原因で、更新をダウンロードまたはインストールすることはできません。 Windowsの更新は、マルウェアやウイルス、スパイウェア、アドウェアがシステムに簡単にインストールされる可能性のある脆弱性からPCを保護するために、システムの重要な部分です。 ユーザーのシステム構成によっては、次のエラーが発生する可能性があります。 更新のインストール中に問題が発生しましたが、後で再試行します。 これが引き続き表示され、Webで検索するか、サポートに連絡して情報を入手したい場合は、次のようにしてください:(0x8024401c) ここで、破損したレジストリエントリ、破損したシステムファイル、古いドライバまたは互換性のないドライバ、プログラムの不完全なインストールまたはアンインストールなど、さまざまな理由により、このエラーメッセージに直面する可能性があります。以下にリストされている手順を使用したエラー0x8024401c。 Windows Updatesエラー0x8024401c修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを

続きを読みます
ChromeのERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH

ChromeのERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH

ERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH on Chrome [解決しよう]: このエラーの主な原因は、PCがWebサイトとのプライベート接続を確立できないことです。 WebサイトがSSL証明書を使用しているため、このエラーが発生しています。 SSL証明書は、クレジットカード情報やパスワードなどの機密情報を処理するWebサイトで使用されます。 このサイトはサポートされていないプロトコルを使用しているため、安全な接続を確立できません。 エラーコード:ERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCH 上記のWebサイトを使用するときは常に、ブラウザーはWebサイトからセキュアソケットレイヤー(SSL)のセキュリティ証明書をダウンロードして安全な接続を確立しますが、ダウンロードした証明書が破損したり、PC構成がSSL証明書のものと一致しないことがあります。 この場合、ERR_SSL_VERSION_OR_CIPHER_MISMATCHエラーが表示され、Webサイトにアクセスできない可能性がありますが、この問題の修正に役立ついくつかの方法がリストされていることを心配しないでください。 前提条件: 他のHttps対応のWebサイトにアクセスできるかどうかを確認します。これが当てはまる場合は、PCではなく特定のWebサイトに問題があるためです。 P

続きを読みます
Windows 10でOneDriveをインストールまたはアンインストールする方法

Windows 10でOneDriveをインストールまたはアンインストールする方法

OneDriveは、MicrosoftとWindowsの両方に統合されている最高のクラウドサービスの1つです。 OnedriveはWindows 10にプリインストールされています。Onedriveにはいくつかの機能があり、競合他社の中でも際立っています。 これらの機能の中で、オンデマンドのファイルは最も便利で人気があります。 これにより、実際にダウンロードしなくても、クラウド上のフォルダー全体を表示でき、いつでも好きなときにファイルやフォルダーをダウンロードできます。 これらの機能は、Googleドライブ、Dropboxなどのクラウドストレージサービスには欠けています。 これらのすべての機能と使用法とは別に、Onedriveで問題が発生している場合は、OneDriveを再インストールすることをお勧めします。 この方法を使用すると、OneDriveの問題のほとんどを修正できます。 したがって、Windows 10でOnedriveをインストールまたはアンインストールする場合は、Windows 10にOnedriveを再インストールする3つの方法について説明します。 Windows 10でOneDriveをインストールまたはアンインストールする方法 OneDriveとは何ですか? OneDriveは、「クラウド」内のフォルダーとファイルをホストするMicrosoftのストレージサービス

続きを読みます
Windows 10マイクが機能しない問題を修正する方法?

Windows 10マイクが機能しない問題を修正する方法?

Windows 10マイクが機能しない問題を修正する方法? 最近Windows 10にアップグレードした場合、または新しいWindows 10ビルドに更新した場合、マイクが正しく機能していない可能性があります。これは、更新またはアップグレードプロセスでオーディオドライバーが破損したためです。 ドライバーが古くなったり、Windows 10と互換性がなくなったりして、Windows 10マイクが機能しないという問題に直面する場合があります。 この問題は、権限の問題が原因で発生する場合があります。 Windows 10 April 2018 Update以降、すべてのアプリとゲームはWebカメラとマイクへのアクセスを拒否されます。 したがって、マイクやウェブカメラを利用するアプリやゲームを使用する場合は、Windows 10の設定で手動で許可して、問題を解決する必要があります。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを利用して、Windows 10のマイクが機能しない問題を修正する方法を見てみましょう。 Windows 10マイクが機能しない問題を修正する方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:マイクを有効にする 1.システムトレイのボリュームアイコンを右クリックし、[ 録音デバイス ]を選択します 。 注:Wi

続きを読みます
Windows 10でエラー0X80010108を修正

Windows 10でエラー0X80010108を修正

Windows 10でエラー0X80010108を修正: Windowsストアアプリの更新中にエラー0X80010108が発生した場合は、今日このエラーを修正する方法について説明します。 また、アプリを開いているとき、またはWindowsを更新しているときにも、エラー0X80010108が発生することがあります。 このエラーコードが原因で発生する主な問題は、ユーザーがApp Storeからアプリをインストールまたはダウンロードできないことです。 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされた手順で実際にWindows 10でエラー0X80010108を修正する方法を見てみましょう。 Windows 10でエラー0X80010108を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:ユーザーアカウント制御(UAC)を有効にする 1.Windowsキー+ Xを押して、[ コントロールパネル] を選択します 。 2.次に、[ ユーザーアカウント ]をクリックし、次に次のウィンドウで [ユーザーアカウント ]をクリックします。 3.次に、[ ユーザーコントロールアカウント設定の変更 ]をクリックします 。 4.スライダーを[ 常に通知] まで移動します。 [OK]をクリックして変更を保存します。 方法2:日付/時刻を調整する 1.タスクバーの 日付と時

続きを読みます
Windows 10でロック画面を無効にする

Windows 10でロック画面を無効にする

Windows 10でロック画面を無効にする: Windowsロック画面機能はWindows 8で導入され、それ以降、Windows 8.1またはWindows 10を含むすべてのバージョンのWindowsに含まれています。ここでの問題は、Windows 8で使用されるロック画面機能です。はタッチスクリーンPC用に設計されましたが、非タッチPCでは、この画面をクリックしても意味がなく、サインインオプションが表示されるため、この機能はおそらく時間の無駄でした。 実際、これは何もしない追加の画面です。代わりに、ユーザーはPCを起動したとき、またはPCがスリープから復帰したときにもサインイン画面を直接表示したいと考えています。 ほとんどの場合、ロック画面は不要な障害物であり、ユーザーは直接サインインできません。 また、ユーザーは、このロック画面機能のために、正しいパスワードを入力できない場合があることを訴えます。 サインインプロセスを急速に増加させる[設定]からWindows 10の画面ロック機能を無効にできるとよいでしょう。 ただし、ロック画面を無効にするためのオプションや機能はありません。 マイクロソフトはロック画面を無効にするための組み込みオプションを提供していませんが、さまざまなハックの助けを借りてユーザーがロック画面を無効にすることを止めることはできません。 そして今日は、このタ

続きを読みます
Windows 10でタブレットモードに切り替える方法

Windows 10でタブレットモードに切り替える方法

Windows 10でタブレットモードに切り替える方法:タブレットでWindows 10 を使用している場合 、Windows 10タブレットモードを 使用することをお勧めします。タッチフレンドリーなエクスペリエンスを提供し、Windowsスタートメニューではなくスタート画面を提供します。 また、タブレットモードでは、すべてのアプリケーションが全画面で実行されるため、タブレットユーザーが簡単にナビゲートできます。 ただし、タブレットでデスクトップモードを使い続けたい場合は、設定を簡単に変更できます。 ですから、時間を無駄にすることなく、以下のガイドを参考にして、Windows 10でタブレットモードに切り替える方法を見てみましょう。 Windows 10でタブレットモードに切り替える方法 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:タブレットモードまたはデスクトップモードを自動的に使用する 1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ システム ]をクリックし ます。 2.左側のメニューから タブレットモードを 選択し ます。 3. [歌うとき]で[ ハードウェアに適切なモードを使用する] を選択します。 注: 常にデスクトップモードを使用する場合は[デスクトップモードを使用]を選択し、タブレットモードを使用する場合は[タブレットモードを

続きを読みます
Windowsストアエラーコード0x80240437を修正

Windowsストアエラーコード0x80240437を修正

Windowsストアのエラーコード0x80240437の修正: Windowsストアの問題は、それに関連するさまざまなエラーがあり、そのようなエラーの1つが0x80240437であるため、終了するようには見えません。 このエラーが発生したユーザーは、Windowsストアを使用してPCに新しいアプリを更新またはインストールするようには見えません。 エラーコード0x80240437は、WindowsストアとMicrosoftストアのサーバー間の接続に問題があることを意味します。 何かが発生し、このアプリをインストールできませんでした。 もう一度やり直してください。 エラーコード:0x80240437 マイクロソフトはエラーを認識していますが、問題を修正するためのパッチやアップデートをリリースしていません。 新しい更新がこの問題を修正するのを待つことができない場合は、このエラーを修正しようとすることがいくつかあります。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティング手順の助けを借りてエラー0x80240437を修正する方法を見てみましょう。 Windowsストアエラーコード0x80240437を修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:アプリのトラブルシューティングを実行する 1.このリンクにアクセスして、 Wi

続きを読みます
ChromeのErr_Connection_Closedを修正

ChromeのErr_Connection_Closedを修正

ChromeでのErr_Connection_Closedの修正: このエラーは、ネットワークデバイスの無効な構成が原因であるか、サーバー証明書の不一致が原因で発生することがあります。 主な問題は、このエラーメッセージがポップアップするたびに、その特定のWebサイトにアクセスできないことです。 とにかく、この問題を修正するために詳細に進む必要はありません。Err_Connection_Closedは、以下にリストされている手順に従って簡単に修正できます。 前提条件: この問題の原因となっている可能性のある不要なChrome拡張機能を削除します。 Windowsファイアウォールを介したChromeへの適切な接続が許可されています。 適切なインターネット接続があることを確認してください。 使用しているVPNまたはプロキシサービスを無効にするかアンインストールします。 ChromeのErr_Connection_Closedを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:TCP / IPをリセットしてDNSをフラッシュする 1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を 選択します 。 2. cmdで次のように入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。 ipconfig / flushdns nbtstat -r n

続きを読みます
新しいメールアカウントを作成するときのエラー0x80070002を修正する

新しいメールアカウントを作成するときのエラー0x80070002を修正する

新しいメールアカウントを作成する際のエラー0x80070002を修正:新しいメールアカウント を作成しようとすると、突然エラーコード0x80070002がポップアップし、アカウントを作成できなくなります。 この問題の原因と思われる主な問題は、ファイル構造が破損しているか、メールクライアントがPSTファイル(個人用ストレージテーブルファイル)を作成しようとしているディレクトリにアクセスできないことです。 Outlookを使用してメールを送信したり、新しいメールアカウントを作成したりすると、主にこの問題が発生します。このエラーは、Outlookのすべてのバージョンで発生するようです。 さて、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたトラブルシューティングの手順でこのエラーを実際に修正する方法を見てみましょう。 新しいメールアカウントを作成するときのエラー0x80070002を修正する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 新しいメールアカウントを作成するとき、メールクライアントが最初に行うのはPSTファイルの作成です。何らかの理由でpstファイルを作成できない場合、このエラーが発生します。 これがケースであることを確認するには、次のパスに移動します。 C:\ Users \ YOUR USERNAME \ AppData \ Local \ Micros

続きを読みます
Windows 10で毎日のBing画像を壁紙として設定する

Windows 10で毎日のBing画像を壁紙として設定する

Windows 10で毎日のBing画像を壁紙として設定する: PCまたはラップトップを開くと、最初に目にするのはデスクトップの画面です。 ラップトップまたはPCを開いて美しい壁紙を見ると、気分が良くなります。 毎日違う壁紙を見ると気分が良くなります。 Windows 10には、デスクトップのロック画面の壁紙が毎日変化する方法が用意されています。 この傾向はWindows Phoneから来ており、MicrosoftはWindows 10でもそれを続けています。 デスクトップに表示される壁紙は、Microsoft Bingの画像です。 Microsoft Bingは、ゲッティイメージズや世界中の他のトップカメラマンからの驚くべきさまざまな種類の写真で毎日ホームページを変更しています。 これらの写真は、やる気を起こさせる写真、風景写真、動物の写真など、さまざまです。 デスクトップの毎日変化する壁紙としてBing Imageを設定するために使用できる多くのアプリが市場にあります。 これらのアプリには、Daily Picture、Dynamic Theme、Bingデスクトップなどがあります。 Windows 10で毎日のBing画像を壁紙として設定する 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:毎日の写真アプリを使用して毎日のBing画像を壁紙として設定

続きを読みます
CD / DVDドライブがWindowsエクスプローラーに表示されないのを修正

CD / DVDドライブがWindowsエクスプローラーに表示されないのを修正

WindowsエクスプローラーにCD / DVDドライブが表示されないのを修正する: CD / DVDが最近機能しなくなった場合、またはCD / DVDドライブがWindowsエクスプローラーに表示されない場合は、適切な場所で修正してください。問題。 最近Windows 10にアップグレードした場合、古いドライバーに互換性がないか、問題が発生したために破損している可能性があります。 しかし、主な問題は、CD / DVDドライバーがWindowsから提供されているため、そもそも問題が発生していないはずです。 CD / DVD ROMがデバイスマネージャーで少なくとも検出されているかどうかを確認できます。検出されない場合は、CD / DVD ROMをPCに接続しているケーブルが緩んでいるか不良である可能性があります。 デバイスマネージャーを開いてもCD / DVDドライブ文字が見つからない場合は、このガイドが役立ちます。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを使用して、WindowsエクスプローラーにCD / DVDドライブが表示されない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。 CD / DVDドライブがWindowsエクスプローラーに表示されないのを修正 何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。 方法1:破損したレジスト

続きを読みます