Windows 10で画面解像度を変更する2つの方法

Windows 10で画面解像度を変更する方法:システムでの作業に関しては、システムの画面解像度が完全であることを確認する必要があります。 これは、最終的に画面上での画像とテキストの表示を改善する画面解像度設定です。 通常、Windowsではデフォルトで可能な限り最高の解像度が設定されるため、画面解像度の設定を変更する必要はありません。 ただし、より良いディスプレイ設定を行うために、ディスプレイドライバをインストールする必要がある場合があります。 それはあなたの好みに関することであり、ゲームをプレイしたり、画面解像度の変更が必要なソフトウェアをインストールしたりするときは、画面解像度の変更に関する知識が必要です。 この投稿では、画面解像度、カラーキャリブレーション、ディスプレイアダプター、テキストサイズなど、ディスプレイ設定を調整するための完全なガイドについて説明します。

画面解像度が重要なのはなぜですか?

より高い解像度を設定すると、画面上の画像とテキストがよりシャープに見え、画面に収まります。 一方、解像度を低く設定すると、画面上で魔道士とテキストが大きく見えます。 ここで私たちが言おうとしていることを理解しましたか?

画面解像度の重要性は、要件によって異なります。 テキストと画像を画面上で大きく表示したい場合は、システムの解像度を低くする必要があります。逆も同様です。

Windows 10で画面解像度を変更する2つの方法

注:何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1 –右クリックして表示設定を選択

以前は画面解像度のオプションを見つけるのに使用していましたが、現在は「 Display Setting 」という名前に変更されています。 画面解像度設定は、ディスプレイ設定の下に固定されます。

ステップ1 –デスクトップに移動し、 右クリックして、オプションから[ディスプレイの設定]を選択します

ステップ2 –このオプションをクリックすると、画面サイズのテキストと明るさを変更できるディスプレイ設定パネル表示 されます。 下にスクロールすると、「 解像度 」のオプションが表示されます。

ステップ3 –ここで、必要に応じて変更を加えることができます。 ただし、 解像度低いほど、画面に表示されるコンテンツが大きくなることを理解する必要があります 。 あなたの要件に合ったものを選択するオプションが表示されます。

ステップ4 –画面に、現在の解像度の変更を保存して元に戻すように求める確認メッセージボックスが表示されます。 画面解像度の変更を続行する場合は、[変更を維持]オプションをクリックします。

Windows 10で画面の解像度を正常に変更できたのはそれだけですが、何らかの理由でこの方法にアクセスできない場合は、代わりに方法2に従ってください。

注:ゲームをプレイするために変更したい場合や、ソフトウェアが変更を要求しない限り、推奨される画面解像度を維持することが重要です。

システムのカラーキャリブレーションを変更する方法

カラーキャリブレーション設定を変更する場合は、好みに応じて変更できます。 ただし、デフォルトでWindowsがすべての設定を行うことを強くお勧めします。 ただし、これらの設定はすべて、好みに応じて調整できます。

手順1 – Windowsの検索バーに「 ディスプレイの色を調整」と入力します。

ステップ2オプションを選択し、指示に従って、好みに応じて変更を加えます。

Windowsでディスプレイの色を調整するためのステップバイステップガイドが必要な場合は、このガイドに従ってください:Windows 10でモニターの表示色を調整する方法

方法2 – Windows 10でグラフィックカードのコントロールパネルを使用して画面解像度を変更する

システムにグラフィックドライバをインストールしている場合は、画面の解像度を変更する別のオプションを選択できます。

$config[ads_text6] not found

ステップ1 – Intel Graphicsをインストールしている場合は、デスクトップを右クリックして[ Graphics Properties ]を選択するか、 NVIDIA Control Panelをクリックします

ステップ2 –インテルグラフィックスを使用している場合は、パネルが起動し、画面の解像度や要件に応じて変更できるその他の設定に関する詳細が表示されます。

上記の2つの方法は、PCの画面解像度を変更するのに役立ちます。 ただし、必要になるまで画面の解像度を頻繁に変更しないことを強くお勧めします。 デフォルトでは、Windowsは使用に最適な選択を提供するため、変更を加える代わりに、推奨設定を維持する必要があります。 技術に精通していて、何をしているのか、それがシステムパフォーマンスにどのように影響するのかについて知識がある場合は、手順に従って画面の解像度を変更し、特定の目的に合わせて設定を最適化できます。 うまくいけば、これで画面解像度設定を好みに応じて変更できるようになります。

推奨:

  • 品質を失わずにビデオファイルを圧縮する[2019]
  • お気に入りのブラウザーでプライベートブラウジングを開始する方法
  • Windows 10でスタートアッププログラムを無効にする4つの方法
  • デュアルブートセットアップでデフォルトのOSを変更する方法

上記の手順が役に立ち、Windows 10 画面の解像度を簡単に変更できるようになったことを願っていますが、このチュートリアルに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく尋ねてください。

関連記事