TrustedInstallerで保護されたファイルを削除する3つの方法

Windows 10でTrustedInstallerによって保護されているファイルを削除する方法 TrustedInstallerは、多くのシステムファイル、フォルダー、その他のプログラムを所有するWindowsモジュールインストーラーのプロセスです。 はい、TrustedInstallerは、これらの保護されたシステムファイルとフォルダーに対する制御権を所有するためにWindowsモジュールインストーラーサービスによって使用されるユーザーアカウントです。 そして、あなたが管理者であっても、それらはあなたによって所有されておらず、これらのファイルをいかなる方法でも変更することはできません。

TrustedInstallerが所有するこれらのファイルまたはフォルダーの名前を変更、削除、編集しようとすると、「このアクションを実行する権限がありません」および「これを変更するにはTrustedInstallerからの権限が必要です」というエラーメッセージが表示されます。ファイルまたはフォルダ」を参照してください。

まあ、Windows 10でTrustedInstallerによって保護されているファイルを削除するために心配する必要はありません。まず、削除しようとしているファイルまたはフォルダーの所有権を取得する必要があります。 所有権を取得すると、ユーザーアカウントにフルコントロールまたは権限を付与できます。

TrustedInstallerユーザーアカウントをファイルの所有権から削除できますか?

つまり、TrustedInstallerユーザーアカウントはシステムファイルとフォルダーを保護するために作成されているため、できることとそうでないことが重要です。たとえば、ウイルスやマルウェアがPCを攻撃した場合、システムファイルを変更したり、システムファイルを変更したりできません。これらのファイルとフォルダはTrustedInstallerによって保護されているためです。 それでもファイルの所有権からTrustedInstallerユーザーアカウントを削除しようとすると、次のエラーメッセージが表示されます。

このオブジェクトは親から権限を継承しているため、TrustedInstallerを削除できません。 TrustedInstallerを削除するには、このオブジェクトがアクセス許可を継承しないようにする必要があります。 権限を継承するためのオプションをオフにしてから、再試行してください。

簡単に聞こえるかもしれませんが、ファイルの所有権を取得するプロセスは少し長くなりますが、心配する必要はありません。 この記事では、TrustedInstallerからファイルまたはフォルダーの所有権を取り戻すことにより、Windows 10でTrustedInstallerによって保護されたファイルを削除する方法について、順を追って説明します。

Windows 10でTrustedInstallerによって保護されたファイルを削除する3つの方法

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1: Windows 10でファイルまたはフォルダーの所有権を 手動で 取得する

1. TrustedInstallerから所有権を取り戻すファイルまたはフォルダーを開きます。

2. 特定のファイルまたはフォルダ右クリックして 、[ プロパティ ]を選択します。

3. [ セキュリティ]タブに切り替え、[ 詳細]ボタンをクリックします。

4. [セキュリティの詳細設定]ウィンドウが開き、 TrustedInstallerがこの特定のファイルまたはフォルダーに対してフルコントロール持っていることがわかります。

5.所有者名(TrustedInstaller)の横にある[ 変更 ]をクリックします

6.これにより、 [ユーザーまたはグループ選択]ウィンドウが開きます 。そこから、下部にある[ 詳細]ボタンをクリックします

7.新しいウィンドウが開きます。「 今すぐ検索 」ボタンをクリックします。

8. [ 検索結果: ]セクションにリストされているすべてのユーザーアカウントが表示されます。このリストからユーザーアカウント選択して 、ファイルまたはフォルダーの新しい所有者を作成し、[OK]をクリックします。

9.再度、[ユーザーまたはグループの選択]ウィンドウで[OK]をクリックします。

10.これで、[セキュリティの詳細設定]ウィンドウが表示されます。フォルダ内の複数のファイルを削除する必要がある場合は、ここでチェックマークサブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える 」にチェックマークを付けます。

11. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

12.フォルダまたはファイルのプロパティウィンドウで、[ セキュリティ]タブの[ 詳細]ボタンをもう一度クリックします。

13. [ 追加]ボタンをクリックしないで[アクセス許可エントリ]ウィンドウを開き、 [プリンシパルを選択 ]リンクをクリックします。

14.もう一度[ 詳細設定]ボタンをクリックし、[ 検索開始 ]をクリックします。

15.手順8で選択したユーザーアカウントを選択し、[OK]をクリックします。

16. [アクセス許可エントリ]ウィンドウが再び表示されます。このウィンドウから、[ 基本的なアクセス許可]の下のすべてのボックスチェックマークを付ける必要があります。

17.また、「 これらのアクセス許可をこのコンテナー内のオブジェクトやコンテナーにのみ適用する 」にチェックマークを付け、 「OK」をクリックします。

18.セキュリティ警告が表示されます [ はい ]をクリックして続行します。

19. [適用]、[OK]の順にクリックし、ファイル/フォルダのプロパティウィンドウで[OK]をもう一度クリックします。

20. ファイルまたはフォルダーの所有権が正常に変更されました。これで、そのファイルまたはフォルダーを簡単に変更、編集、名前変更、または削除できます。

上記の方法を使用して、Windows 10でTrustedInstallerによって保護されたファイルを簡単に削除できるようになりましたが、この長いプロセスを実行したくない場合は、以下の方法を使用して、「Take Ownership」オプションを右クリックに追加することもできます。コンテキストメニューを使用して、Windows 10のファイルやフォルダーの所有権を簡単に取得できます。

方法2:レジストリを使用してWindows 10でファイル/フォルダーの所有権を取得する

1.メモ帳ファイルを開き、次のコードをコピーしてメモ帳ファイルに貼り付けます。

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [-HKEY_CLASSES_ROOT \ * \ shell \ runas] [HKEY_CLASSES_ROOT \ * \ shell \ runas] @ = "Take Ownership" "HasLUAShield" = "" "NoWorkingDirectory" = "" "Position" = "middle" [ HKEY_CLASSES_ROOT \ * \ shell \ runas \ command] @ = "cmd.exe / c takeown / f \"%1 \ "&& icacls \"%1 \ "/ grant administrator:F / c / l&pause" "IsolatedCommand" = "cmd.exe / c takeown / f \"%1 \ "&& icacls \"%1 \ "/ grant administrator:F / c / l&pause" [-HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ shell \ runas] [HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ shell \ runas] @ = "Take Ownership" "HasLUAShield" = "" "NoWorkingDirectory" = "" "Position" = "middle" [HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ shell \ runas \ command] @ = "cmd.exe / c takeown / f \ "%1 \" / r / dy && icacls \ "%1 \" /管理者を許可:F / t / c / l / q&pause "" IsolatedCommand "=" cmd.exe / c takeown / f \ "%1 \" / r / dy && icacls \ "%1 \" /許可管理者:F / t / c / l / q&一時停止 "[-HKEY_CLASSES_ROOT \ dllfile \ shell \ runas] [HKEY_CLASSES_ROOT \ dllfile \ shell \ runas] @ = "Take Ownership" "HasLUAShield" = "" "NoWorkingDirectory" = "" "Po sition "=" middle "[HKEY_CLASSES_ROOT \ dllfile \ shell \ runas \ command] @ =" cmd.exe / c takeown / f \ "%1 \" && icacls \ "%1 \" /許可管理者:F / c / l&pause "" IsolatedCommand "=" cmd.exe / c takeown / f \ "%1 \" && icacls \ "%1 \" / grant administrator:F / c / l&pause "[-HKEY_CLASSES_ROOT \ Drive \ shell \ runas] [HKEY_CLASSES_ROOT \ Drive \ shell \ runas] @ = "Take Ownership" "HasLUAShield" = "" "NoWorkingDirectory" = "" "Position" = "middle" [HKEY_CLASSES_ROOT \ Drive \ shell \ runas \ command] @ = "cmd.exe / c takeown / f \"%1 \ "/ r / dy && icacls \"%1 \ "/ grant administrator:F / t / c / l / q&pause" "IsolatedCommand" = "cmd。 exe / c takeown / f \ "%1 \" / r / dy && icacls \ "%1 \" / grant administrator:F / t / c / l / q&pause "[-HKEY_CLASSES_ROOT \ exefile \ shell \ runas] [HKEY_CLASSES_ROOT \ exefile \ shell \ runas] "HasLUAShield" = "" [HKEY_CLASSES_ROOT \ exefile \ shell \ runas \ command] @ = "\"%1 \ "%*" "IsolatedCommand" = "\"%1 \ "% *」 

2.メモ帳メニューからファイルをクリックし、名前を付けて保存を選択します。

3. [ ファイルの種類]ドロップダウンから[ すべてのファイル(*。*)]を選択し、ファイルの名前を入力します。ファイルの名前は任意ですが、最後に.reg追加してください (例:takeownership。 reg)この拡張は非常に重要です。

4.ファイルを保存する場所、できればデスクトップに移動し、[ 保存]ボタンをクリックします。

5.上記のファイル(Registry_Fix.reg)を右クリックし、コンテキストメニューから[ インストール ]を選択します。

注:スクリプトをWindowsレジストリファイルにインストールするには、管理者アカウントが必要です。

6. [ はい]をクリックして、上記のコードをWindowsレジストリに追加します。

7.上記のスクリプトが正常にインストールされたら、必要なファイルまたはフォルダーを右クリックし、コンテキストメニューから[所有権の取得]を選択するだけで、簡単に所有権を取得できます。

8.ただし、上記のスクリプトは、1から4の手順を再度実行することでいつでもアンインストールできますが、今回は次のコードを使用します。

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [-HKEY_CLASSES_ROOT \ * \ shell \ runas] [-HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ shell \ runas] [-HKEY_CLASSES_ROOT \ dllfile \ shell \ runas] [-HKEY_CLASSES_ROOT \ Drive \ shell \ runas] [-HKEY_CLASSES_ROOT \ exefile \ shell \ runas] [HKEY_CLASSES_ROOT \ exefile \ shell \ runas] "HasLUAShield" = "" [HKEY_CLASSES_ROOT \ exefile \ shell \ runas \ command] @ = "\"%1 \ "%*" "IsolatedCommand" = "\" %1 \ "%*" 

9.Uninstallownership.regという名前でファイルを保存します

10.コンテキストメニューから[ 所有権の取得]オプションを削除する場合は、Uninstallownership.regファイルをダブルクリックし、 [ はい ]をクリックして続行します。

方法3:サードパーティのアプリケーションを使用してファイルまたはフォルダーの所有権を変更する

Take Ownershipアプリケーションを使用すると、必要なファイルまたはフォルダーの所有権を簡単に取得し、TrustedInstallerによって保護されているファイルを削除できます。 アプリケーションは上記の方法と同じように機能しますが、手動でスクリプトを作成する代わりに、ソフトウェアをインストールするだけで済みます。

所有権取得アプリケーションをインストールするだけで、Windows 10の右クリックコンテキストメニューに「 所有権取得 」オプションが追加されます。

推奨:

  • アプリケーションがグラフィックスハードウェアにアクセスできないように修正しました
  • このアクションエラーを実行するためのアクセス許可が必要な修正
  • Gmailを使用してWindows 10アカウントを作成する方法
  • Microsoft EdgeがWindows 10で機能しない問題を修正

上記の手順がWindows 10でTrustedInstallerによって保護されたファイル削除するのに役立つことを願っていますが、このガイドまたはTrustedInstallerサービスについてまだ質問がある場合は、コメントセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事