User Profile Serviceがログオンエラーに失敗する3つの修正方法

ユーザープロファイルサービスがログオンエラーに失敗した場合の修正: Windows 10にログオンすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります ユーザープロファイルを読み込めません。 」は、ログインしようとしているアカウントが破損していることを意味します。 破損の原因は、マルウェアやウイルスから最近のWindows更新ファイルまでさまざまですが、このエラーを解決するための修正があるので心配しないでください。 したがって、時間を無駄にすることなく、実際にユーザープロファイルサービスを修正する方法を見てみましょう。以下のトラブルシューティングガイドを使用して、ログオンエラーメッセージが失敗しました。

User Profile Serviceがログオンエラーに失敗する3つの修正方法

Windowsをセーフモードで起動します。

1.最初に、エラーメッセージが表示されているログイン画面に移動し、 電源ボタンをクリックしてから、 Shiftキーを押しながら再起動をクリックします

2. Advanced Recovery Optionsメニューが表示されるまで、Shiftボタンを離さないようにしてください

3.Now Advanced Navigation Optionsメニューで以下に移動します。

トラブルシューティング>詳細オプション>起動設定>再起動

4. [再起動]をクリックすると、PCが再起動し、オプションのリストがブルースクリーンに表示されますネットワークでセーフモードを有効にする 」というオプションの横にある数字キーを押してください

5.管理者アカウントにセーフモードでログインしたら、コマンドプロンプトを開き、cmdに次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

ネットユーザー管理者/ active:yes

6. PCを再起動するには、cmdでshutdown / rと入力し、Enterキーを押します。

$config[ads_text6] not found

7.PCを再起動すると、この非表示の管理者アカウントが表示され、ログインできます。

上記の管理者アカウントを使用してシステムの復元を実行します

1. Windowsキー+ Rを押してsysdm.cpl 」と入力し、Enterキーを押します。

2. [ システム保護 ]タブを選択し、[ システムの復元 ]を選択します

3. [次へ]をクリックして、目的のシステムの復元ポイントを選択します。

4.画面の指示に従って、システムの復元を完了します。 そして、User Profile Serviceでログオンエラーが発生した場合に修正できるかどうかを確認します。できない場合は、以下の方法を続行してください。

レジストリに変更を加えるとシステムに重大な損傷を与える可能性があるため、以下のいずれかの方法を実行する前にレジストリをバックアップしてください。

方法1:レジストリエディターを介して破損したユーザープロファイルを修正する

1.上記の有効な管理者ユーザーアカウントにログインします。

注:何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

2. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

3.次のレジストリサブキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ ProfileList

4.上記のキーの下で、 S-1-5で始まり、その後に長い数字が続くキーを見つけます。

5.上記の説明には2つのキーがあるため、サブキーProfileImagePathを見つけてその値を確認する必要があります。

6.値のデータフィールドには、 C:\ Users \ Adityaなどのユーザーアカウントを含める必要があります

7. .bak拡張子で終わる他のフォルダを明確にするためだけに

8.上記のフォルダー( ユーザーアカウントキーが含まれています) 右クリックし、コンテキストメニューから[ 名前の変更 ]を選択します。 最後に.baと入力し、Enterキーを押します。

9. 拡張子.bakで終わる他のフォルダを右クリックし、[ 名前の変更]を選択します。 .bak削除して、 Enterキーを押します。

10.上記の説明で.bak拡張子で終わるフォルダーが1つしかない場合は、名前を変更して.bakを削除します。

11.名前を変更したフォルダを選択し(名前を変更して.bakを削除し)、右側のウィンドウペインでRefCountをダブルクリックします

12. RefCountの[値のデータ]フィールドに0入力し、[OK]をクリックします。

13.同様に、同じフォルダーで[ 状態 ]をダブルクリックし、その値を0に変更して、[OK]をクリックします。

14.PCを再起動すると、ログインに成功し、 ユーザープロファイルサービスがログオンエラーに失敗したことを修正できるはずです。

方法2:別のWindowsからデフォルトフォルダーをコピーする

1. Windows 10がインストールされた別の稼働中のコンピューターがあることを確認します。

2. Windowsキー+ Rを押し、 C:\ Usersと入力してEnterキーを押します。

3.次に、[ 表示]> [オプション ]をクリックし、[ 表示 ]タブに切り替えます。

4. [すべてのファイル、フォルダー、ドライブ表示する]チェックボックスをオンにし、[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

5. デフォルトという隠しフォルダが表示されます。 右クリックして[ コピー ]を選択します。

6. このデフォルトフォルダをペンドライブまたはUSBフラッシュドライブに貼り付けます。

7.上記の有効な管理者アカウントでログインし、同じ手順に従って非表示のデフォルトフォルダーを表示します。

8.C :\ Usersの下で、 Defaultフォルダーの名前をDefault.oldに変更します。

9.Defaultフォルダーを外部デバイスからC:\ Usersにコピーします。

10.PCを再起動して変更を保存し、ユーザープロファイルサービスがログオンエラーに失敗した場合に修正できるかどうかを確認します。

方法3:Windowsにログオンし、データを新しいアカウントにコピーする

1. Windowsキー+ Rを押し、 C:\ Usersと入力してEnterキーを押します。

2. [ 表示]> [オプション ]をクリックし、[ 表示 ]タブに切り替えます。

3. [すべてのファイル、フォルダー、ドライブ表示する]チェックボックスをオンにし、[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

4. デフォルトという隠しフォルダが表示されます。 右クリックして[ 名前の変更 ]を選択します

5.このフォルダの名前をDefault.oldに変更し 、Enterキーを押します

6.C :\ Usersディレクトリの下にDefaultという名前の新しいフォルダを作成します

7.上記で作成したフォルダー内で、右クリックして[ 新規作成] > [フォルダー ]を選択し、次の空のフォルダーを作成します

 C:\ Users \ Default \ AppData C:\ Users \ Default \ AppData \ Local C:\ Users \ Default \ AppData \ Roaming C:\ Users \ Default \ Desktop C:\ Users \ Default \ Documents C:\ Users \ Default \お気に入りC:\ Users \ Default \ Links C:\ Users \ Default \ Pictures C:\ Users \ Default \ Save Games C:\ Users \ Default \ Videos C:\ Users \ Default \ Downloads 

Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

9. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

xcopy C:\ Users \ Your_Username \ NTUSER.DAT C:\ Users \ Default / H

注: Your_Usernameをアカウントのユーザー名のいずれかに置き換えます。 ユーザー名がわからない場合は、上記のフォルダーC:\ Usersにユーザー名が表示されます。 たとえば、この場合、 ユーザー名はFarradです。

10.これで、別のユーザーアカウントを簡単に作成して再起動できます。 問題なくこのアカウントにログインします。

あなたにおすすめ:

  • アカウントが無効になっているのを修正します。 システム管理者にご相談ください
  • Windows 10で忘れられたWiFiパスワードを見つける
  • CD / DVDドライブがWindowsエクスプローラーに表示されないのを修正
  • セーフモードでコンピュータがクラッシュする問題を修正する方法

これで、User Profile Serviceはログオンエラーメッセージを表示できませんでしたが、このガイドに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事