5 Windows 10向けの最高のビデオ編集ソフトウェア

5 Windows 10向けの最高のビデオ編集ソフトウェア:今日のテクノロジーの世界では、結婚や記念日などのイベントに出席するとき、または旅行するときはいつでも、写真を撮ってビデオを作ることが最初で最も重要なタスクです。 彼らは、写真やビデオを通じてあらゆる瞬間を捉えたいと考えています。 そして、それらの写真やビデオを他の人に見せたりアップロードしたりすることになると、最初に、編集、切り取り、コピー、貼り付け、フィルターの追加などの改善を加えてから、表示する前に友達やソーシャルメディアにアップロードします。

写真の編集は、ビデオの編集に比べて非常に簡単です。ビデオの編集には、ビデオの切り取り、テキストオーバーレイの追加、さまざまなビデオクリップのマージが含まれ、さらに、品質を一流に保つ必要があるなどです。ビデオを編集する場合、最も重要な質問はビデオの編集方法です。ビデオを編集するためにWindowsで使用するソフトウェアを言い換えましょう。 現在、市場には複数のビデオ編集ソフトウェアがありますが、どれが最高で、どれを実際にビデオを編集するために選択するのですか?

このガイドでは上記のすべての質問に答えますので、心配しないでください。実際には、Windows 10に最適な5つのビデオ編集ソフトウェアについて説明します。

近年、デジタルビデオはトレンドになっています。ビデオの需要が高まっているため、ビデオ編集ソフトウェアの需要が高まり、今では人々がビデオを撮影するのが大好きです。このため、市場には多くのビデオ編集ソフトウェアがあります。 これで、ビデオ編集ソフトウェアは、プロだけでなく初心者でも、日常の使用のために普通の人でも使用できます。

最高のビデオ編集ソフトウェアのいくつかは有料ですが、それらの誰かが無料であることを心配する必要はありません。 需要の良いところは、それが競争を生み出し、HEVC(高効率ビデオコーディング)、360度VRビデオ、4k、色、顔認識、モーショントラッキング、など、ますます多くの機能が継続的にプロフェッショナルレベルのソフトウェアとコンシューマーカテゴリのソフトウェアに追加されています。

現在、非常に多くの競合他社があるため、最高のソフトウェアを選択することは非常に重要です。非常に多くのソフトウェアから選択すると、誰でも簡単に圧倒されてしまうからです。 最高のビデオ編集ソフトウェアは、ポケットにくぼみを置くことなく、すべてのニーズと要件を満たす必要があります。 現在、ほとんどの消費者はそのようなソフトウェアにお金をかけることを好みません。彼らが使用することのない多くの機能を備えたプロフェッショナルなビデオエディターを必要としないからです。 その代わり、彼らは市場で入手できる最高の無料のビデオ編集ソフトウェアを見つけることに時間を費やしています。 それでは、時間を無駄にせずに、ユーザーが必要とするほぼすべての必須機能を含む、Windows 10向けの5つの最高のビデオ編集ソフトウェアについて説明しましょう。

5 Windows 10向けの最高のビデオ編集ソフトウェア

ビデオ編集ソフトウェアの主なタスクは、選択したビデオ編集ソフトウェアに関係なく、ビデオクリップにカット、トリミング、結合、マージ、フィルターを適用することです。 それでは、5つの最高のビデオ編集ソフトウェアを見てみましょう。

Adobe Premiere Pro CC

Adobe Premiere Pro CCは、アドビシステムズ社が開発したビデオ編集アプリです。 それは市場で最高のビデオ編集ソフトウェアです。 WindowsとMacの両方のプラットフォームで動作します。 それはあなたがそれをさらに使用するために支払う必要がある7日間の無料トライアルが付属しています。 それは専門家、アマチュア、および他のすべての人によって使用されます。 このツールは新規ユーザーにとっては複雑になる可能性がありますが、時間をかけて学びさえすれば、その驚異的なツールコレクションのマスターになることができます。 簡単なカット&ペーストからフルムービーの編集まで、Adobe Premiere Proでできないことはありません。 更新のたびに、このソフトウェアには常に新しい機能が追加され、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上します。 したがって、私たちのガイドでは、これはWindows 10で最も人気があり、最高のビデオ編集ソフトウェアの1つです。

長所:

サポートする機能は次のとおりです。

  • オーディオおよびビデオフィルター
  • 360度のビデオビューとVRコンテンツ
  • マルチカム編集、つまり一度に複数のビデオを編集できます。
  • 3D編集
  • 非常に少数のアプリケーションでサポートされる4K XAVCs形式
  • H.265へのエクスポート(HEVC、つまり高効率ビデオコーディング)
  • 完全にインポートされる前にビデオの編集を開始できます
  • Premiere Proソフトウェア内から直接使用できるグラフィックとエフェクトのテンプレートが利用可能です。

短所:

Adobe Premiere Proの欠点の1つは、サブスクリプションモデルに基づいていることです。つまり、ユーザーの頭痛の種になる可能性のあるソフトウェアを使い続けるために、毎年または毎月支払う必要があります。 私たちの多くはソフトウェアを購入してすべてを忘れたいだけなので、サブスクリプションを更新しなかった場合は、ソフトウェアにアクセスできなくなり、アドビを使用して編集または作成したすべてのファイルとテンプレートが失われますPremiere Pro。

Cyber​​Link PowerDirector

Cyber​​Link PowerDirectorは、Cyber​​Linkによって開発されたビデオ編集ソフトウェアです。 このソフトウェアは、Windowsのすべてのバージョンと互換性があります。 最高の部分は、30日間の試用版が付属しているため、30日後に製品に満足できない場合は、次の製品に簡単に移行できます。 このソフトウェアは非常にユーザーフレンドリーであり、それが私やあなたのような初心者に推奨される理由です。 Cyber​​Link PowerDirectorにはサブスクリプションモデルは付属していません。1回限りの料金を支払うだけで十分です。今ではほとんどのユーザーがこれを気に入っています。 マジックミュージックウィザードを使用してビデオクリップを実行するだけで、このソフトウェアは基本的なビデオ編集のプロセス全体を自動化できます。 Cyber​​link PowerDirectorは、Windows 10向けの最高のビデオ編集ソフトウェアのリストで2番目に選ばれています。

長所:

サポートする機能は次のとおりです。

  • クリップのトリミング、結合、オーバーラップ
  • H.265ビデオなどの新しい標準形式をサポート
  • 360度の映像
  • 機能豊富な編集スイート(Director Suite、Ultimate Suite、Ultimate、Ultra、Deluxe)
  • プラグイン経由で拡張可能
  • コントロールパネルとタイムラインに基づく標準のポストプロダクションインターフェイス
  • ワンクリックでビデオを共有できるマジックムービーウィザード
  • すべてのトランジションおよびビデオエフェクトには、アニメーションプレビューが含まれています

短所:

考えられる唯一の欠点は、Cyber​​Link PowerDirectorの一部の機能がソフトウェアのかなり奥に隠されているため、ユーザーがアクセスしづらくなる可能性があることです。

Lightworks

Lightworksは、デジタルビデオ(2Kおよび4Kサポート)およびPALおよびNTSCのテレビ向けのプロフェッショナルなノンリニアビデオ編集ソフトウェアです。 LightworksはEditShare LLCによって開発および公開されています。 LightworksはWindows、Mac、Linuxの主要な3つのプラットフォームで利用できるため、数百万のアダプターを備えています。 幅広い視聴者がいるもう1つの理由は、このソフトウェアが無料で入手できることです。 これは、これまでで最高の強力な無料ビデオエディターと見なされます。 そして、デジタルノンリニア編集の先駆者として2017年のEMMY賞を受賞しました。それ以上言う必要はないと思います。 3位にランクインしましたが、それでもWindows 10向けの最高のビデオ編集ソフトウェアの1つです。

$config[ads_text6] not found

長所:

サポートする機能は次のとおりです。

  • 2Kおよび4Kの解像度
  • リアルタイム効果
  • 幅広いファイルタイプをインポートできます
  • 2番目のモニター出力
  • 高度なツール
  • Boris FXによる強化されたVFX
  • マルチカム編集
  • 速度を最適化
  • 専用Webエクスポート(MPEG4 / H.264)
  • 比類のないフォーマットのサポート
  • Boris Graffitiによるテキスト効果
  • カスタマイズ可能なインターフェース
  • ハードウェアI / Oサポート

短所:

Lightworksは360度のビデオ表示をサポートしていません。無料バージョンはDVDにエクスポートできません。また、インターフェイスは初心者には少し気が遠くなることがあります。

Adobe Premiere Elements

Adobe Premiere Elementsは、Adobe Systemsが開発したビデオ編集ソフトウェアです。 Adobe Premiere Proの縮小バージョンであり、無制限のビデオおよびオーディオトラックを処理できます。 このソフトウェアは、WindowsとMacの両方のプラットフォームで簡単に実行できます。 Adobe Premiere Elementsには30日間の無料トライアルが付属しています。 最高の部分は、それは非常にユーザーフレンドリーで、初心者にお勧めです。 このソフトウェアは、ユーザーにとってビデオ編集を可能な限り簡単にするので、ぜひ試してみてください。 Adobe Premiere ElementsはPremiere Proの子のようなものなので、Windows 10向けのトップビデオエディターのランキングに登場します。

長所:

サポートする機能は次のとおりです。

  • 新規ユーザー向けの優れたチュートリアル
  • 一般的なタスクの自動化ツール
  • シンプルなステップバイステップウィザード
  • 編集と自動ムービー生成
  • サードパーティのプラグイン
  • たくさんのビデオエフェクト
  • 4Kサポート
  • ソリッドテキストツール

短所:

360度、VR、3D編集はサポートされていません。 Multicam機能がなく、レンダリング速度が遅いため、一部のユーザーにとっては取引の妨げになる可能性があります。

VSDCビデオエディター

VSDC Video Editorは、Flash-Integro、LLCによって発行されたノンリニア編集ソフトウェアです。 このソフトウェアは無料で入手できると言っても私を信じていないことはわかっていますが、無料だと信じています。 ビデオエディターは初心者もクリエイティブなメディアプロジェクトを楽しむことができるように設計されています。 ノンリニアエディターとして、他の同様のツールとは異なる方法で動作します。 このソフトウェアを使用すると、タイムライン上の好きな場所にクリップを配置でき、そこから簡単にクリップを編集できます。 また、VSDCは、他の無料のWindowsビデオエディターと比較して、2.5分のビデオショットを60 fpsおよび30 fpsでエクスポートするのに最速です。

長所:

サポートする機能は次のとおりです。

  • 高解像度および超高解像度でビデオを編集できます
  • 4K解像度
  • ポストプロダクションエフェクト
  • 120fpsサポート
  • ビデオ安定化
  • ボイスオーバー機能
  • 360ビデオ編集
  • 3Dビデオ編集
  • グラデーションツールをサポート。
  • インターレース解除フィルターが追加されました。
  • ブレンドモードとサポートされているマスクツール。
  • プロジェクトをDVDに書き込む方法を提供します

短所:

ハードウェアアクセラレーションはありません。つまり、ビデオをエクスポートする前にハードウェアを無効にする必要があります。 テクニカルサポートも無料ではありません。

推奨:

  • デフォルトで常にプライベートブラウジングモードでWebブラウザを起動する
  • 破損したOutlookの.ostおよび.pstデータファイルを修正する方法
  • Windows 10でのネットワーク資格情報の入力エラーを修正
  • BIOSとは何ですか?BIOSを更新する方法は?

この記事がお役に立てば幸いです。Windows10向けの5つの最高のビデオ編集ソフトウェアから簡単に選択できるようになりました。

関連記事