PCをセーフモードで起動する5つの方法

PCをセーフモードで起動する5つの方法: Windows 10でセーフモードで起動するにはさまざまな方法がありますが、以前のバージョンのWindowsでセーフモードで起動できた古い方法では、これまでに気づかなかったはずですWindows 10で動作するようです。以前のユーザーは、起動時にF8キーまたはShift + F8キーを押すだけでWindowsセーフモードで起動できました。 しかし、Windows 10の導入により、起動プロセスが大幅に高速化されたため、これらの機能はすべて無効になりました。

これは、起動時に邪魔されたばかりの起動時に高度なレガシーブートオプションを常に表示する必要がないため、Windows 10ではこのオプションがデフォルトで無効になっていたためです。 これは、Windows 10にセーフモードがないことを意味するのではなく、それを実現するためのさまざまな方法があるだけです。 PCの問題をトラブルシューティングする必要がある場合、セーフモードは不可欠です。 セーフモードと同様に、WindowsはWindowsの起動に不可欠なファイルとドライバーの限られたセットで起動しますが、それ以外のすべてのサードパーティアプリケーションはセーフモードで無効になります。

これで、セーフモードが重要である理由がわかりました。Windows10でセーフモードでPCを起動するにはさまざまな方法があるため、次の手順に従ってプロセスを開始する必要があります。

PCをセーフモードで起動する5つの方法

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:システム構成(msconfig)を使用してPCをセーフモードで起動する

1. Windowsキー+ Rを押してからmsconfigと入力し、Enterキーを押してシステム構成を開きます。

$config[ads_text6] not found

2.Bootタブに切り替え、「 Safe boot 」オプションをチェックします。

3. [最小]ラジオボタンがチェックされていることを確認し、[OK]をクリックします。

PCをセーフモードで起動するには、[再起動]を選択します。 保存する作業がある場合は、再起動せずに終了を選択します。

方法2:Shift +再起動キーの組み合わせを使用してセーフモードで起動する

1. [スタート]メニューを開き、 電源ボタンをクリックします

2.キーボードのシフトキーを押したまま、 再起動をクリックします

3.何らかの理由でサインイン画面を通過できない場合は、サインイン画面からShift +再起動の組み合わせを使用することもできます。

4. [電源]オプションをクリックし、 Shiftキーを押しながら、[ 再起動 ]をクリックします

5.PCが再起動したら、[オプションの選択]画面から[ トラブルシューティング ]を選択します

4. [トラブルシューティング]画面で、[ 詳細オプション ]をクリックします。

5. [詳細オプション]画面で、[ 起動設定]をクリックします。

6.Startup Settingsで、下部にあるRestartボタンをクリックします。

7. Windows 10が再起動したら、有効にするブートオプションを選択できます。

  • F4キーを押してセーフモードを有効にする
  • F5キーを押して、セーフモードとネットワークを有効にします
  • コマンドプロンプトでセーフモードを有効にするには、F6キーを押します

8.以上です。上記の方法を使用してPCをセーフモードで起動できました。次の方法に進みましょう。

方法3:設定を使用してセーフモードでPCを起動する

1. Windowsキー+ Iを押して設定アプリを開くか、Windows検索で「 設定 」と入力して開きます。

2.次に、[ 更新とセキュリティ ]をクリックし、左側のメニューから[ リカバリ ]をクリックします

3.ウィンドウの右側から、[ 高度な起動 ]の[ 今すぐ再起動 ]をクリックします

4.PCが再起動すると、上記と同じオプションが表示されます。つまり、[オプションの選択]画面が表示され、[ トラブルシューティング]-> [詳細オプション]-> [起動設定]-> [再起動]が表示されます。

方法2の手順7に記載されているさまざまなオプションを選択して、セーフモードで起動します。

方法4:Windows 10のインストール/回復ドライブを使用してPCをセーフモードで起動する

1.コマンドを開き、cmdに次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

bcdedit / set {default} safeboot minimal

注:ネットワークを使用してWindows 10をセーフモードで起動する場合は、代わりに次のコマンドを使用します。

bcdedit / set {current} safeboot network

2.数秒後に成功メッセージが表示され、コマンドプロンプトが閉じます。

3.次の画面(オプションを選択)で、[ 続行 ]をクリックします

4.PCが再起動すると、自動的にセーフモードで起動します。

または、レガシーの詳細ブートオプションを有効にして、F8キーまたはShift + F8キーを使用していつでもセーフモードで起動できるようにすることもできます。

方法5:Windows 10の起動プロセスを中断して自動修復を起動する

1. Windowsの起動中は、電源ボタンを数秒間押し続けて中断してください。 起動画面を通過しないことを確認してください。そうしないと、プロセスを再開する必要があります。

2. Windows 10が3回連続して起動に失敗したとき、4回目はデフォルトで自動修復モードに入るのでこれを 3回続けて実行します。

3. PCが4回目に起動すると、自動修復が準備され、再起動オプションまたは詳細オプションのいずれかを選択できます。

4. [詳細オプション]をクリックすると、もう一度[オプションの選択]画面が表示されます。

5.再度この階層に従ってくださいトラブルシューティング->詳細オプション->起動設定->再起動。

6. Windows 10が再起動したら、有効にするブートオプションを選択できます。

  • F4キーを押してセーフモードを有効にする
  • F5キーを押して、セーフモードとネットワークを有効にします
  • コマンドプロンプトでセーフモードを有効にするには、F6キーを押します

7.目的のキーを押すと、自動的にセーフモードにログインします。

あなたにおすすめ:

  • Windows 10でロック画面を無効にする
  • ふーむ、Microsoft Edgeでこのページエラーに到達できない
  • ChromeでERR_NETWORK_CHANGEDを​​修正する方法
  • ChromeのERR_INTERNET_DISCONNECTEDを修正

これで、セーフモードでPCを起動する方法は学習できましたが、この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事