Windows 10のコンテキストメニューの管理者として、ここにコマンドウィンドウを開くを追加します

Windows 10コンテキストメニューの管理者としてここに[開く]コマンドウィンドウを追加: Windows 10 Creator Updateにより、MicrosoftはWin + Xメニューと右クリックコンテキストメニューの両方からコマンドプロンプトを削除しました。 。 検索からもアクセスできますが、以前はショートカットから簡単にアクセスできました。 とにかく、Win + XメニューのコマンドプロンプトをPowerShellに置き換える方法に関する記事があり、このガイドでは、Windows 10のコンテキストメニューに「管理者としてここにコマンドウィンドウを開く」を追加する方法を説明します。

以前のコマンドプロンプトは、Shiftキーを押して任意のフォルダーを右クリックし、 [ここでコマンドプロンプトを開く ]を選択することで簡単にアクセスできましたが、Creator UpdateではPowerShellに置き換えられました。 右クリックコンテキストメニューで昇格していないcmdを開く場合は、このガイド「PowerShellをコンテキストメニューのコマンドプロンプトで置き換える」を参照できますが、昇格したコマンドプロンプトを開く場合は、このガイドに従う必要があります。 とにかく、時間を無駄にせずに、以下のチュートリアルの助けを借りて、Windows 10のコンテキストメニューで管理者として[開く]コマンドウィンドウをここに追加する方法を見てみましょう。

Windows 10のコンテキストメニューの管理者として、ここにコマンドウィンドウを開くを追加します

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

1.空のメモ帳ファイルを開き、次のテキストをそのまま貼り付けます。

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ shell \ OpenElevatedCmd] @ = "コマンドプロンプトを管理者としてここに開く" "Icon" = "imageres.dll、-5324" [HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ shell \ OpenElevatedCmd \ command] @ = " PowerShell -windowstyle hidden -Command \ "Start-Process cmd.exe -ArgumentList '/ s、/ k、pushd、%V' -Verb RunAs \" "[HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ Background \ shell \ OpenElevatedCmd] @ =" Open command管理者としてここにプロンプ​​トを表示 "" Icon "=" imageres.dll、-5324 "[HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ Background \ shell \ OpenElevatedCmd \ command] @ =" PowerShell -windowstyle hidden -Command \ "Start-Process cmd.exe -ArgumentList ' / s、/ k、pushd、%V '-Verb RunAs \ "" [HKEY_CLASSES_ROOT \ Drive \ shell \ OpenElevatedCmd] @ = "Open command prompt here here administrator" "Icon" = "imageres.dll、-5324" [HKEY_CLASSES_ROOT \ Drive \ shell \ OpenElevatedCmd \ command] @ = "PowerShell -windowstyle hidden -Command \" Start-Process cmd.exe -ArgumentList '/ s、/ k、pushd、%V' -Verb RunAs \ "" [HKEY_CLASSES_ROOT \ LibraryFolder \ background \ shell \ Op enElevatedCmd] @ = "コマンドプロンプトを管理者としてここに開く" "Icon" = "imageres.dll、-5324" [HKEY_CLASSES_ROOT \ LibraryFolder \ background \ shell \ OpenElevatedCmd \ command] @ = 

2. [メモ帳]メニューから[ファイル ]をクリックし、 [名前を付けて保存 ]をクリックします。

$config[ads_text6] not found

3. [ ファイルの種類]ドロップダウンから[ すべてのファイル]を選択します

4. cmd.regとしてファイルの名前を入力します(.reg拡張子は非常に重要です)。

5.次に、ファイルを保存する場所に移動し、[ 保存 ]をクリックします。

6.ファイルをダブルクリックし、[ はい ]をクリックして続行すると、コンテキストメニューに[管理者としてここにコマンドプロンプトを開く]オプションが追加されます。

7.任意のフォルダーを右クリックすると、「 管理者としてここにコマンドプロンプトを開く 」が表示されます

Windows 10コンテキストメニューの管理者として、ここでコマンドウィンドウを開くを削除します

1.空のメモ帳ファイルを開き、次のテキストをそのまま貼り付けます。

 [-HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ shell \ OpenCmdHereAsAdmin] [-HKEY_CLASSES_ROOT \ Directory \ Background \ shell \ OpenCmdHereAsAdmin] [-HKEY_CLASSES_ROOT \ Drive \ shell \ OpenCmdHereAsAdmin] [-HKEY_CLASSES_ROOT \ LibraryFolder \ background \ shell \ OpenCmdHereLibraryAdmin] background \ shell \ OpenCmdHereAsAdmin \ command] 

2. [メモ帳]メニューから[ファイル ]をクリックし、 [名前を付けて保存 ]をクリックします。

3. [ ファイルの 種類]ドロップダウンから[ すべてのファイル]を選択します

4.ファイルの名前をremove_cmd.regと入力します(.reg拡張子は非常に重要です)。

5.次に、ファイルを保存する場所に移動し、[ 保存 ]をクリックします。

6.ファイルをダブルクリックし、[ はい ]をクリックして続行します。

7.任意のフォルダーを右クリックすると、「 管理者としてここにコマンドウィンドウを開く 」オプションが正常に削除されます。

推奨:

  • ノートパソコンの蓋を閉じたときにデフォルトのアクションを変更する
  • Windows 10の起動時にコマンドプロンプトを開く方法
  • Windows 10での色と外観の変更を防ぐ
  • Windows 10で昇格したコマンドプロンプトを開く5つの方法

これで、 Windows 10のコンテキストメニューで管理者としてここで[開く]コマンドウィンドウを追加する方法を習得しましたが、この投稿に関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく尋ねてください。

関連記事