マルウェア対策サービスの実行可能ファイルの高いCPU使用率

マルウェア対策サービス実行可能ファイルのCPU使用率が高い[解決済み]:マルウェア対策サービス実行可能ファイルは、Windows Defenderがサービスを実行するために使用するバックグラウンドプロセスです。 高いCPU使用率を引き起こしているプロセスはMsMpEng.exe(Antimalware Service Executable)であり、タスクマネージャーで既に確認している可能性があります。 システムがウェイクアップしたりアイドル状態になったときは常にファイルを継続的にスキャンし続けるリアルタイム保護が原因で問題が発生します。 現在、アンチウイルスはリアルタイム保護を行うことになっていますが、すべてのシステムファイルを継続的にスキャンするのではなく、たまにフルシステムスキャンを実行する必要があります。

この問題は、システム全体のスキャンを無効にすることで解決でき、システム全体をたまにスキャンするように設定する必要があります。 Windows Defenderは、ファイルをダウンロードしたり、システムにペンドライブを置いたりするたびに、ファイルへのアクセスを許可する前にすべての新しいファイルをスキャンするなど、リアルタイム保護に影響を与えません。 これは、リアルタイム保護がそのままで、必要に応じてフルシステムスキャンを実行できるため、システムリソースをアイドル状態にしておくことができるため、双方にとってメリットがあります。 これで十分ですが、実際にMsMpEng.exeの高いCPU使用率を修正する方法を見てみましょう。

マルウェア対策サービスの実行可能ファイルの高いCPU使用率[解決済み]

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Windows Defenderフルシステムスキャントリガーを無効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、「taskschd.msc」と入力してEnterキーを押し、タスクスケジューラを開きます。

注:タスクスケジューラを開くときにMMCがスナップインエラーを作成できなかった場合は、この修正を試すことができます。

2.左側のウィンドウペインで[ タスクスケジューラ(ローカル) ]をダブルクリックして展開し、次に[ タスクスケジューラライブラリ]> [Microsoft]> [Windows ]をダブルクリックします。

3. Windows Defenderが見つかるまで下にスクロールし、ダブルクリックして設定を開きます。

4.次に、右側のウィンドウペインでWindows Defenderスケジュールスキャンを右クリックし、 [プロパティ]選択します。

5.ポップアップウィンドウの[ 一般]ペインで、[ 最高の権限で実行]をオフにします。

6.次に、 [条件]タブに切り替えて、このウィンドウのすべての項目のチェック外し 、[OK]をクリックします。

7. PCを再起動すると、マルウェア対策サービスの実行可能ファイルの高いCPU使用率を修正できる場合があります

方法2:MsMpEng.exe(Antimalware Service Executable)をWindows Defender除外リストに追加する

1. Ctrl + Shift + Escを押してタスクマネージャーを開き、プロセスリストでMsMpEng.exe(Antimalware Service Executable)を探します。

2.それを右クリックし、[ ファイルの場所を開く ]を選択します。 それをクリックすると、ファイルMsMpEng.exeが表示され、その場所がアドレスバーに表示されます。 必ずファイルの場所をコピーしてください。

3.Windowsキー+ Iを押して、[ 更新とセキュリティ]を選択します。

4.次に、左側のウィンドウペインから[ Windows Defender ]を選択し、[ 除外の追加]が見つかるまで下にスクロールします

5. [除外を追加]をクリックし、下にスクロールして[ .exe、.com、または.scrプロセスを除外する ]をクリックします。

6.ポップアップウィンドウが表示されるので、 MsMpEng.exeと入力して[OK]をクリックします。

7.これで、 MsMpEng.exe(Antimalware Service Executable)がWindows Defender除外リストに追加されました。 これにより、Windows 10でのマルウェア対策サービスの実行可能ファイルの高いCPU使用率が修正されます(続行しない場合)。

方法3:Windows Defenderを無効にする

注: Windows Defenderを無効にする場合は、他のウイルス対策ソフトウェアを必ずインストールしてください。 アンチウイルス保護なしでシステムを終了した場合、コンピューターはウイルス、コンピューターワーム、トロイの木馬などのマルウェアに対して脆弱になる可能性があります。

1. Windowsキー+ Rを押してから「 regedit 」と入力し、Enterキーを押してレジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows Defender 

3.右側のウィンドウペインで、 DisableAntiSpywareをダブルクリックし、 その値を1に変更します。

4.キーがない場合は、キーを作成する必要があります。 右側のウィンドウペインの空の領域を右クリックし、[ 新規 ] > [DWORD(32ビット)値]をクリックし、 DisableAntiSpywareという名前を付けてダブルクリックし、値を1に変更します。

5. PCを再起動すると、Windows 10でマルウェア対策サービスの実行可能ファイルの高いCPU使用率を修正できる場合があります

方法4:CCleanerとMalwarebytesを実行する

1. CCleaner&Malwarebytesをダウンロードしてインストールします。

2. Malwarebytesを実行し、システムをスキャンして有害なファイルを探します。

3.マルウェアが見つかった場合、自動的に削除されます。

4. [ クリーナー ]セクションの[ウィンドウ]タブで、クリーニングする次の選択項目を確認することをお勧めします。

5.適切なポイントがチェックされていることを確認したら、[ クリーナーを実行 ]をクリックして、CCleanerにコースを実行させます。

6.さらにシステムをクリーンアップするには、 [レジストリ]タブを選択し、次の項目がオンになっていることを確認します。

7. [ 問題のスキャン] を選択し 、CCleanerにスキャンを許可してから、[ 選択した問題の修正 ]をクリックします

8.CCleanerが「レジストリの変更をバックアップしますか?」 はいを選択します。

9.バックアップが完了したら、[選択したすべての問題を修正]を選択します。

あなたにおすすめ:

  • 充電されていないノートパソコンのバッテリーを接続するための7つの方法
  • 再起動して適切な起動デバイスの問題を選択する
  • Office 365アクティベーションエラーを修正するサーバーに接続できませんでした
  • Adobe Flash Playerをアップグレードする必要があります

これで、Windows 10でマルウェア対策サービスの実行可能ファイルの高いCPU使用率を正常に修正できました。ただし、この投稿に関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事