Windows 10でEFS証明書とキーをバックアップする

Windows 10でのEFS証明書とキーのバックアップ:以前の投稿の1つで、機密データを保護するためにWindows 10で暗号化ファイルシステム(EFS)を使用してファイルまたはフォルダーを暗号化する方法を説明しました。この記事では、 Windows 10で暗号化ファイルシステムまたはEFS証明書とキーをバックアップする方法を確認します。暗号化証明書とキーのバックアップを作成することで、暗号化されたファイルとフォルダーへのアクセスが失われるのを防ぐことができます。ユーザーアカウントにアクセスできなくなります。

暗号化証明書とキーはローカルユーザーアカウントに関連付けられているため、このアカウントにアクセスできなくなると、これらのファイルまたはフォルダーにアクセスできなくなります。 これは、EFS証明書とキーのバックアップが便利な場所です。このバックアップを使用すると、PC上の暗号化されたファイルまたはフォルダーにアクセスできます。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でEFS証明書とキーをバックアップする方法を見てみましょう。

Windows 10でEFS証明書とキーをバックアップする

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:証明書マネージャーでEFS証明書とキーをバックアップする

1. Windowsキー+ Rを押してから「 certmgr.msc」と入力し、Enterキーを押して証明書マネージャーを開きます。

2.左側のウィンドウペインで、[ 個人 ]をクリックして展開し、[ 証明書]フォルダーを選択します。

3.右側のウィンドウペインで、 [目的]の下に[暗号化ファイルシステム]がリストされている証明書を見つけます

4.この証明書を右クリックし、[ すべてのタスク ]をクリックして、[ エクスポート ]を選択します

$config[ads_text6] not found

5. [ 証明書のエクスポートウィザードへようこそ ]画面で、[ 次へ ]をクリックして続行します。

6.「 はい、秘密鍵をエクスポートします 」ボックスを選択して、「 次へ 」をクリックします

7.次の画面で、「 可能であれば、証明書パスにすべての証明書を含める 」にチェックマークを付け、「 次へ 」をクリックします

8.次に、EFSキーのこのバックアップをパスワードで保護する場合は、[パスワード]ボックスをオンにしてパスワードを設定し、[ 次へ ]をクリックします

参照ボタンをクリックして、EFS証明書とキーのバックアップ保存する場所に移動し、 バックアップの ファイル名 (任意の名前にすることができます)を入力して、[保存]をクリックし、[ 次へ ]をクリックして続行します。

10.最後に、すべての変更を確認し、[ 完了 ]をクリックします

11.エクスポートが正常に完了したら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

方法2:コマンドプロンプトを使用してWindows 10でEFS証明書とキーをバックアップする

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

暗号/ x「%UserProfile%\ Desktop \ Backup_EFSCertificates」

3. Enterキーを押すとすぐに、EFS証明書とキーのバックアップを確認するプロンプトが表示されます。 [ OK ]をクリックして、バックアップを続行します。

4.EFS証明書のバックアップを保護するために(コマンドプロンプトに) パスワードを入力し、Enterキーを押す必要があります。

5. 上記のパスワードを再入力して確認し、Enterキーを押します

6. EFS証明書のバックアップが正常に作成されると、デスクトップにBackup_EFSCertificates.pfxファイルが表示されます。

推奨:

  • Windows 10で絵文字パネルを有効または無効にする
  • Windows 10で昇格したWindows PowerShellを開く7つの方法
  • Windows 10で暗号化されたファイルのインデックス作成を有効または無効にする
  • お使いのWindows 10のエディションを確認してください

これで、Windows 10でEFS証明書とキーをバックアップする方法を習得しましたが、この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事