コマンドプロンプト画面のバッファサイズと透過性レベルを変更する

コマンドプロンプトの画面バッファサイズと透過性レベルの変更:コマンドプロンプトの画面バッファサイズは、文字セルに基づく座標グリッドで表されます。 言い換えると、コマンドプロンプトを開くと、テキストエントリの下に数ページ分の空行があり、これらの「空行」がまだ出力で満たされていない画面バッファーの行であることがわかります。 画面バッファのデフォルトサイズはMicrosoftによって300行に設定されていますが、簡単に好きなように変更できます。

同様に、不透明度を調整することで、コマンドプロンプトウィンドウの透明度レベルを調整することもできます。 これらの設定はすべて、サードパーティのツールを使用せずにコマンドプロンプトのプロパティウィンドウ内で調整できます。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のガイドを利用して、コマンドプロンプト画面のバッファサイズと透明度レベルを変更する方法を見てみましょう。

コマンドプロンプト画面のバッファサイズと透過性レベルを変更する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Windows 10でコマンドプロンプト画面のバッファーサイズを変更する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.コマンドプロンプトのタイトルバー右クリックし、[ プロパティ]を選択します。

3. [レイアウト]タブに切り替えて、 [ 画面バッファーサイズ ]の下で、幅と高さの属性に必要な調整を加えます。

4.完了したら、[OK]をクリックしてすべてを閉じます。

方法2:Windows 10でコマンドプロンプトの透明度レベルを変更する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

$config[ads_text6] not found

2.コマンドプロンプトのタイトルバー右クリックし、[ プロパティ]を選択します。

3. [色]タブに切り替えてから、 [ 不透明度 ]ののスライダーを左に動かして不透明度を下げ、右に動かして不透明度を上げます。

4.完了したら、[OK]をクリックしてPCを再起動します。

方法3:Windows 10で「モード」コマンドを使用してコマンドプロンプト画面のバッファーサイズを変更する

注:このオプションを使用して設定された画面バッファーサイズは一時的なものであり、コマンドプロンプトを閉じるとすぐに変更は失われます。

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

モードコン

注: Enterキーを押すとすぐに、デバイスCONのステータスが表示されますここで、行は高さのサイズ、列は幅のサイズを意味します。

3. コマンドプロンプトの現在の画面バッファーサイズ変更するには、次のコマンドを入力してEnterキーを押します

モードcon:cols = Width_Size lines = Height_Size

注: 「Width_Size」を画面バッファーの幅サイズに必要な値に置き換え、「Height_Size」を画面バッファーの高さサイズに必要な値に置き換えます。

例:モードcon:cols = 90 lines = 30

4.終了したら、コマンドプロンプトを閉じます。

方法4:キーボードショートカットを使用してWindows 10でコマンドプロンプトの透明度レベルを変更する

Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します 次に、Ctrl + Shiftキーを同時に押したままに、マウスホイールを上にスクロールして透明度を 下げ 、マウス ホイールを下に スクロールし て透明度を上げます。

透明度を下げる:Ctrl + Shift +プラス(+)またはCtrl + Shift +マウスを上にスクロール

透明度を上げる:Ctrl + Shift +マイナス(-)またはCtrl + Shift +マウスを下にスクロール

推奨:

  • Windows 10でマウスのクリックロックを有効または無効にする
  • Windows 10で色と外観に簡単にアクセス
  • Windows 10でカラーフィルターを有効または無効にする
  • Windows 10でコマンドプロンプトとPowerShellのレガシーコンソールを有効または無効にする

これで、Windows 10でコマンドプロンプト画面のバッファーサイズと透過性レベルを変更する方法を学習しましたが、この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事