Windows 10で診断と使用状況データの設定を変更する

Windows 10での診断と使用状況データの設定の変更:診断と使用状況データの設定を知っておく必要があります。これにより、Microsoftがパフォーマンスと使用状況の情報を収集し、MicrosoftがWindowsの問題のトラブルシューティングを行い、製品とサービスを改善し、すぐにバグを解決することができます。可能。 ただし、この機能の最も優れた点は、システムからマイクロソフトに送信される診断データと使用状況データの量を実際に制御できることです。

デバイス、その設定、機能に関する情報を含む基本的な診断情報のみを送信するように選択するか、システムに関するすべての情報を含む完全な診断情報を選択することができます。 Microsoftがデバイスから収集したWindows診断データを削除することもできます。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のリストのチュートリアルを利用して、Windows 10で診断データと使用状況データの設定を変更する方法を見てみましょう。

Windows 10で診断と使用状況データの設定を変更する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

初期設定は、Windowsセットアップ中にデバイスのプライバシー設定を選択するときに構成できます。診断のトグルを有効にして「完全」を選択し、診断および使用状況データ収集ポリシーを「基本」に設定する場合は無効のままにします。 。

方法1:設定アプリで診断と使用状況データの設定を変更する

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ プライバシー]アイコンをクリックします。

2.左側のメニューから、[ 診断とフィードバック ]を選択します。

3.次に、 診断データと使用状況データに対して[ 基本]または [ 完全]を選択します

注:デフォルトでは、設定は「完全」に設定されています。

4.終了したら、設定を閉じてPCを再起動します。

方法2:レジストリエディターで診断と使用状況データの設定を変更する

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、 レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies \ DataCollection 

3.DataCollectionを選択し、右側のウィンドウペインでAllowTelemetry DWORDをダブルクリックします

4.ここで、AllowTelemetry DWORDの値を次のように変更してください。

0 =セキュリティ(EnterpriseおよびEducationエディションのみ)

1 =基本

2 =拡張

3 =フル(推奨)

5.完了したら、[OK]をクリックしてレジストリエディターを閉じます。

方法3:グループポリシーエディターで診断と使用状況データの設定を変更する

1. Windowsキー+ Rを押し、次にgpedit.mscと入力してEnterキーを押し、 グループポリシーエディターを開きます。

2.次のパスに移動します。

 コンピューターの構成\管理用テンプレート\ Windowsコンポーネント\データの収集とビルドのプレビュー 

3. [データ収集とビルドのプレビュー]を選択し、右側のウィンドウペインで[テレメトリポリシーの許可]をダブルクリックします

4.ここで、デフォルトの診断および使用状況データ収集設定を復元するに 、[テレメトリを許可する]ポリシーで[ 未構成 ] または [ 無効 ]を選択し、[OK]をクリックします。

5.診断と使用状況データの収集設定を強制する場合は、[テレメトリを許可するポリシー]で[有効 ]を選択し 、[オプション]で[セキュリティ(エンタープライズのみ)]、[基本]、[拡張]、または[完全]を選択します。

6. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

7.終了したら、PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • Windows 10でCredential Guardを有効または無効にする
  • Windows 10でデバイスによるコンピューターのスリープ解除を許可または禁止する
  • Windows 10で詳細または非常に詳細なステータスメッセージを有効にする
  • Windows 10で開発者モードを有効または無効にする

これで、Windows 10で診断データと使用状況データの設定を変更する方法を学習しましたが、このチュートリアルに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事