Windows 10でのパブリックネットワークからプライベートネットワークへの変更

Windows 10でパブリックネットワークからプライベートネットワークに変更する:ワイヤレスネットワークに接続するときはいつでも、プライベートネットワークまたはパブリックネットワークに接続します。 プライベートネットワークとは、接続されている他のすべての利用可能なデバイスを信頼する家庭または職場のネットワークを指しますが、パブリックネットワークはコーヒーショップなど他の場所にあります。接続に応じて、Windowsがネットワークを決定します。 ネットワーク接続によって、PCが同じネットワーク上の他のユーザーとどのように対話するかが決まります。

ここで注意すべき重要な点は、初めて接続するときは常に、Windowsがボックスをポップアップして、パブリックまたはプライベートネットワークを選択するオプションを表示することです。 その場合、誤って誤ったラベルを選択して、デバイスのセキュリティ問題を引き起こすことがあります。 したがって、要件に応じてネットワークを構成する必要があります。 ですから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているガイドの助けを借りて、Windows 10でネットワークプロファイルを変更する方法を見てみましょう。

Windows 10でのパブリックネットワークからプライベートネットワークへの変更

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Windows 10でネットワークプロファイルを変更する

構成手順を開始するかなり前に、Windows 10で現在のネットワークの種類を特定する必要があります。システムのネットワーク接続の種類がわからない場合は、以下の手順に従う必要があります。

$config[ads_text6] not found

ステップ1 – Windows 10でネットワークタイプを確認する

ステップ2設定>ネットワークとインターネットに移動する必要があります

ステップ3 – [ネットワークとインターネット]オプションをクリックすると、画面のサイドバーにある[ ステータス ]オプションをクリックする必要がある別のウィンドウが表示されます。

上の画像では、 パブリックネットワークが表示されていることがわかります。 これはホームネットワークなので、プライベートネットワークに変更する必要があります。

Windows 10でのパブリックネットワークからプライベートネットワークへの変更

1.ネットワークタイプをパブリックからプライベート(またはVice Versa)に変更するには、同じ[ネットワークとインターネット]ウィンドウを開いたままにする必要があります。 ウィンドウのサイドバーで、 ネットワーク接続(イーサネット、Wi-Fi、ダイヤルアップ)を確認する必要があります

2.ここでは、現在の画像に従って、 現在のネットワーク接続を選択しました:Wi-Fi

3.MicrosoftはWindowsに新機能を追加し続けているため、これらのヒントとスクリーンショットはWindowsの最新バージョンを参照しています。

4.現在のネットワーク接続を選択すると、プライベートまたはパブリックネットワーク選択するオプションを含む新しいウィンドウが表示されます

5.これで、好みに応じてプライベートネットワークまたはパブリックネットワークを選択し、設定タブを閉じるか、接続タブで戻って変更のステータスを確認できます。

方法2:Windows 7でネットワークプロファイルを変更する

Windows 7の場合、以下の手順に従って、システムのネットワークプロファイルを識別および変更する必要があります。

ステップ1 –スタートメニューからコントロールパネルに移動し、[ ネットワークと共有センター ]をクリックします

ステップ2 – [ネットワークと共有]タブの[ アクティブネットワークの表示 ]タブにアクティブなネットワーク接続が表示されます。

ステップ3ネットワークプロファイルをクリックして 、適切なネットワークを選択するよう求められます。 Windows 7では、各ネットワークの機能が適切に説明されているため、注意深く読んでから、接続に適したネットワークタイプを選択できます。

方法3:ローカルセキュリティポリシーを使用してネットワークプロファイルを変更する

上記の2つの方法を使用できない場合は、 ローカルセキュリティポリシーを使用して、Windows 10でパブリックネットワークからプライベートネットワークに変更する別のオプションがあります この方法は通常、システムの管理者にとって最良の方法です。 この方法を使用すると、システムを特定のネットワークタイプに強制し、ユーザーの選択を無視できます。

ステップ1 –「Windows + R」を押して、実行ダイアログボックスを開きます。

ステップ2 –「 secpol.msc 」と入力し、 Enterキーを押してローカルセキュリティポリシーを開きます。

ステップ3 –ローカルセキュリティポリシーの下で、左側のサイドバーにある「 ネットワークリストマネージャーポリシー 」をタップする必要があります。 次に、画面の右側のパネルにある利用可能なネットワーク接続タイプをクリックします。

ステップ4 –次に、[場所の種類]タブで[ プライベート]または[パブリックネットワーク ]オプションを選択する必要があります。

さらに、「 ユーザーは場所を変更できない 」オプションを選択して、 ユーザーにネットワークタイプの変更を制限する権限があります。 このメソッドを使用して、ユーザーのネットワークタイプの選択をオーバーライドすることもできます。

ステップ5 –最後に「OK」をクリックして、行ったすべての変更を保存します。

うまくいけば、上記の方法があなたのデバイスに最も適切なネットワークタイプを選択するのに役立つでしょう。 システム接続のセキュリティを確保するために、適切なネットワークタイプを選択することは非常に重要です。 3番目の方法は、基本的にシステム管理者に役立ちます。 ただし、最初の2つの方法を使用してネットワークタイプを変更できない場合は、3番目の方法を使用してネットワークプロファイルを変更することもできます。

推奨:

  • ショートカットキーを使用してブラウザーのタブを切り替える方法
  • Windows 10で印刷キューを強制的にクリアする
  • モニター画面のちらつきの問題を修正する方法
  • Wordで1ページの風景を作成する方法

上記の手順がお役に立てば幸いです。Windows10でパブリックネットワークからプライベートネットワークに簡単に変更できるようになりましたが、このチュートリアルに関して不明な点がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事