Windows 10でロック画面のタイムアウト設定を変更する

Windows 10でのロック画面タイムアウト設定の変更: PCがアイドル状態のときにWindowsが画面をロックするには時間が短すぎるか長すぎるため、ロック画面タイムアウト設定を変更したい場合があります。 これは、PCを使用していないときにPCを保護する場合に適した機能です。 したがって、Windowsが行うことは、PCが一定時間アイドル状態になった後に自動的に画面をロックし、スクリーンセーバーを表示するか、ディスプレイをオフにすることです。

以前のスクリーンセーバーは、CRTモニターの焼損を防ぐために使用されていましたが、現在はより多くのセキュリティ機能になっています。 たとえば、数時間コンピュータから離れている場合、PCがロックされていないか、電源がオフになっていないと、誰かがファイルやパスワードなどにアクセスする可能性があります。 ただし、ロック画面のタイムアウト設定を正しく設定すると、PCが数分間アイドル状態になった後にディスプレイが自動的にオフになり、誰かがアクセスしようとすると、Windowsはログインパスワードを要求します。

このセキュリティ機能の唯一の問題は、ロック画面のタイムアウトが5分に設定される場合があることです。これは、PCが5分間アイドル状態になった後、コンピューターが画面をロックすることを意味します。 PCが頻繁にロックされる可能性があり、毎回パスワードを入力する必要があるため、この設定は多くのユーザーを困らせます。 これが発生しないようにするには、Windows 10 iでロック画面のタイムアウト設定を増やして、ディスプレイが頻繁にオフになるのを防ぐ必要があります。

Windows 10でロック画面のタイムアウト設定を変更する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Windows設定から画面タイムアウト設定を増やす

1.Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、 [カスタマイズ]をクリックします

2.左側のメニューから「 画面ロック」を選択します

3. 画面のタイムアウト設定が見つかるまで下にスクロールし、見つけたらクリックします。

4. 画面を常にオフにしたくない場合は、[画面 ]の時間設定を少し高く設定します。

5.設定を完全に無効にする場合は、ドロップダウンから[しない ]を選択します。

6.また、スリープ時間が画面のオフ時間よりも長く設定されていることを確認してください。そうしないと、PCがスリープ状態になり、画面がロックされません。

7.スリープが無効になっている場合、または少なくとも30分以上に設定されている場合は推奨されます。この場合、PCに戻るのに時間がかかります。そうでない場合は、スリープモードになります。

8.PCを再起動して変更を保存します。

方法2:コントロールパネルからロック画面のタイムアウト設定を変更する

注:これは上記の方法の代替にすぎません。従った場合は、この手順をスキップしてください。

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コントロールパネル]を選択します

2. [ システムとセキュリティ ]をクリックし、[ 電源オプション ]をクリックします

3.次に、現在アクティブな電源プランの横にある[ プラン設定の変更 ]をクリックします。

4.前の方法のアドバイスと同じ設定を再度行います。

5.バッテリーとプラグインオプションの両方の設定を必ず行ってください。

方法3:レジストリを使用する

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

2.レジストリの次のパスに移動します。

HKEYLOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ Power \ PowerSettings \ 7516b95f-f776-4464-8c53-06167f40cc99 \ 8EC4B3A5-6868-48c2-BE75-4F3044BE88A7

3.右側のウィンドウで、 属性 DWORDをダブルクリックします。

4.見つからない場合は、DWORDを作成し、右側のウィンドウの空の領域を右クリックして、[ 新規]> [DWORD(32ビット)値]を選択する必要があります。

$config[ads_text6] not found

5. 属性として名前を付け、ダブルクリックします。

6. 値を1から2に変更し、[OK]をクリックします。

7.PCを再起動して変更を保存します。

8.システムトレイの電源アイコンを右クリックし、[ 電源オプション]を選択します

9.現在アクティブなプランの横にある[ プラン設定の変更]をクリックします。

10.次に、[ 詳細な電源設定の変更 ]をクリックします。

11. 表示が表示されるまで下にスクロールし、クリックして設定を展開します。

12. コンソールロックディスプレイオフタイムアウトをダブルクリックし、その値を1分から必要な時間に変更します。

13. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

14.PCを再起動して変更を保存します。

方法4:コマンドプロンプトを使用してロック画面のタイムアウト設定を変更する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.次のコマンドを入力して、Enterキーを押します。

powercfg.exe / SETACVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_VIDEO VIDEOCONLOCK 60

powercfg.exe / SETDCVALUEINDEX SCHEME_CURRENT SUB_VIDEO VIDEOCONLOCK 60

注:上記のコマンドの「60」を、必要な画面タイムアウト設定(秒単位)に置き換える必要があります。たとえば、5分必要な場合は、300秒に設定します。

3.再度次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

powercfg.exe / SETACTIVE SCHEME_CURRENT

4.PCを再起動して変更を保存します。

あなたにおすすめ:

  • DPC_WATCHDOG_VIOLATIONエラー0x00000133を修正
  • Windowsがこのネットワークのプロキシ設定を自動的に検出できなかったのを修正
  • Windows 10のフリーズがランダムに発生する問題を解決する
  • 修正PCエラーのリセット中に問題が発生しました

これで、Windows 10でロック画面のタイムアウト設定変更する方法を学習しましたが、この投稿に関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事