Windows 10の起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する

Windows 10の起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更します。PCに複数のオペレーティングシステムをインストールした場合、起動メニューで30秒(デフォルト)から起動するオペレーティングシステムを選択できます。デフォルトのオペレーティングシステムが自動的に選択される前のPC。 30秒はお好みのOSを選択するのに十分な時間ですが、それでも十分ではないと感じる場合は、この時間を簡単に増やすことができます。

一方、一部の人々は、この30秒の期間は十分すぎると感じており、この時間を短縮したい場合は、以下のガイドに従って簡単に行うこともできるので心配しないでください。 したがって、時間を無駄にせずに、以下のリストのチュートリアルを利用して、Windows 10で起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する方法を見てみましょう。

Windows 10の起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:起動時と回復時に起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する

1. [ このPC ]または[マイコンピュータ]を右クリックして、[ プロパティ ]を選択します。

2.左側のメニューから「 システムの詳細設定 」をクリックします

3. 起動と回復」の下の「設定」ボタンをクリックます。

4.「 オペレーティングシステムのリストを表示するまでの時間 」ボックスにチェックマークを付けてから、起動時にOS選択画面を表示する秒数(0〜999)を入力します。

注:デフォルト値は30秒​​です。 待機せずにデフォルトのOSを実行する場合は、0秒を入力します。

5. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

方法2:システム構成の起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する

1. Windowsキー+ Rを押しmsconfigと入力してEnterキーを押します。

2.次に、[システム構成]ウィンドウで[ブート]タブに切り替えます。

3. [ タイムアウト]に、起動時にOS選択画面を表示する秒数(3〜999)を入力します

4.次に、 「すべてのブート設定を永続的にする」ボックスにチェックマークを付けて、 適用をクリックしてから OK をクリックします。

5. [ はい ]をクリックしてポップアップメッセージを確認し、[ 再起動]ボタンクリックして変更を保存します。

方法3:コマンドプロンプトで起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

bcdedit / timeout X_seconds

注: X_secondsは、必要な秒数( 0〜999)に置き換えます。 0秒を使用すると、タイムアウト期間はなくなり、デフォルトのOSが自動的に起動します。

3.すべてを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

方法4:詳細な起動オプションで起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する

1.起動メニューで、または起動して詳細な起動オプションを起動した後、下部にある「 デフォルトを変更するか、他のオプションを選択する 」をクリックします

2.次の画面で、[ タイマーの変更 ]をクリックします

3. ここで、起動時にOS選択画面を表示する秒数を新しいタイムアウト値(5分、30秒、または5秒)に設定します。

4.「 続行」ボタンをクリック して、起動するOSを選択します。

推奨:

  • Windows 10のブートメニューにセーフモードを追加する方法
  • Windows 10の設定から欠落しているBluetoothを修正する
  • Windows 10でブートログを有効または無効にする
  • Windows 10でBluetoothを有効または無効にする

以上で、Windows 10の起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する方法を学習しましたが、このチュートリアルに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事