死のブルースクリーンにダンプファイルを作成するようにWindows 10を構成する

死のブルースクリーンにダンプファイルを作成するようにWindows 10を構成する:システムに障害が発生すると、ブルースクリーンの死(BSOD)エラーが発生し、PCが突然シャットダウンまたは再起動します。 BSOD画面はほんの数秒しか表示されないため、エラーコードをメモしたり、エラーの性質を理解したりすることはできません。 これがダンプファイルの出番です。BSODエラーが発生すると、Windows 10によってクラッシュダンプファイルが作成されます。このクラッシュダンプファイルには、クラッシュ時のコンピューターのメモリのコピーが含まれています。 つまり、クラッシュダンプファイルには、BSODエラーに関するデバッグ情報が含まれています。

クラッシュダンプファイルは特定の場所に保存されており、そのPCの管理者が簡単にアクセスしてトラブルシューティングを開始できます。 完全メモリダンプ、カーネルメモリダンプ、小メモリダンプ(256 kb)、自動メモリダンプ、アクティブメモリダンプなど、Windows 10でサポートされているさまざまな種類のダンプファイルがあります。 デフォルトでは、Windows 10は自動メモリダンプファイルを作成します。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルの助けを借りて、死のブルースクリーンにダンプファイルを作成するようにWindows 10を構成する方法を見てみましょう。

小さなメモリダンプ:小さなメモリダンプは、他の2種類のカーネルモードのクラッシュダンプファイルよりもはるかに小さくなります。 サイズは正確に64 KBで、ブートドライブに必要なページファイル領域は64 KBのみです。 この種類のダンプファイルは、スペースが大幅に制限されている場合に役立ちます。 ただし、含まれる情報の量が限られているため、クラッシュ時に実行中のスレッドによって直接引き起こされたのではないエラーは、このファイルの分析では発見されない可能性があります。

カーネルメモリダンプ:カーネルメモリダンプには、クラッシュ時にカーネルが使用していたすべてのメモリが含まれます。 この種類のダンプファイルは、完全メモリダンプよりも大幅に小さくなります。 通常、ダンプファイルは、システム上の物理メモリのサイズの約3分の1になります。 この量は、状況によってかなり異なります。 このダンプファイルには、未割り当てのメモリや、ユーザーモードアプリケーションに割り当てられたメモリは含まれません。 Windowsカーネルとハードウェアアブストラクションレベル(HAL)に割り当てられたメモリ、およびカーネルモードドライバーと他のカーネルモードプログラムに割り当てられたメモリのみが含まれます。

完全メモリダンプ:完全メモリダンプは、最大のカーネルモードダンプファイルです。 このファイルには、Windowsで使用されるすべての物理メモリが含まれています。 完全メモリダンプには、デフォルトで、プラットフォームファームウェアが使用する物理メモリは含まれません。 このダンプファイルには、ブートドライブに少なくともメインシステムメモリと同じサイズのページファイルが必要です。 RAM全体に1メガバイトを加えたサイズのファイルを保持できるはずです。

自動メモリダンプ:自動メモリダンプには、カーネルメモリダンプと同じ情報が含まれています。 2つの違いは、ダンプファイル自体ではなく、Windowsがシステムページングファイルのサイズを設定する方法にあります。 システムページングファイルのサイズがシステム管理サイズに設定され、カーネルモードクラッシュダンプが自動メモリダンプに設定されている場合、WindowsはページングファイルのサイズをRAMのサイズよりも小さく設定できます。 この場合、Windowsは、ページングファイルのサイズを十分に大きく設定して、カーネルメモリダンプをほとんどの時間キャプチャできるようにします。

Active Memory Dump: Active Memory DumpはComplete Memory Dumpに似ていますが、ホストマシンの問題のトラブルシューティングに関連する可能性が低いページを除外します。 このフィルタリングのため、通常、完全なメモリダンプよりも大幅に小さくなります。 このダンプファイルには、ユーザーモードアプリケーションに割り当てられたメモリが含まれています。 また、Windowsカーネルお​​よびハードウェアアブストラクションレベル(HAL)に割り当てられたメモリ、およびカーネルモードドライバーやその他のカーネルモードプログラムに割り当てられたメモリも含まれます。 ダンプには、デバッグに役立つカーネルまたはユーザースペースにマップされたアクティブなページと、VirtualAllocで割り当てられたメモリやページファイルでサポートされたセクションなど、選択されたページファイルでサポートされた遷移、スタンバイ、および変更されたページが含まれます。 アクティブダンプには、空きリストとゼロリストのページ、ファイルキャッシュ、ゲストVMページ、およびデバッグ中に役立つ可能性が低いその他のさまざまな種類のメモリは含まれません。

ソース:カーネルモードのダンプファイルの種類

死のブルースクリーンにダンプファイルを作成するようにWindows 10を構成する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:起動と回復でダンプファイル設定を構成する

1. Windows Searchに「 control」と入力し、検索結果から[ コントロールパネル ]をクリックします。

2. [ システムとセキュリティ ]をクリックし、[ システム ]をクリックします。

3.左側のメニューから「 システムの詳細設定 」をクリックします

4. [システムのプロパティ]ウィンドウの[ 起動と回復 ]の下にある[設定]をクリックします。

5. [ システムエラー]の下で、[ デバッグ情報の書き込み]ドロップダウンから次を選択します。

 なし(Windowsによって作成されるダンプファイルはありません)小さなメモリダンプ(WindowsはBSODにミニダンプファイルを作成します)カーネルメモリダンプ(WindowsはBSODにカーネルメモリダンプファイルを作成します)完全メモリダンプ(Windowsは完全メモリダンプファイルを作成します) BSOD)自動メモリダンプ(WindowsはBSODに自動メモリダンプファイルを作成します)アクティブメモリダンプ(WindowsはBSODにアクティブメモリダンプファイルを作成します) 

注:完全なメモリダンプでは、少なくともインストールされている物理メモリに1MB(ヘッダー用)を加えたサイズに設定されたページファイルが必要です。

6. [OK]、[適用]、[OK]の順にクリックします。

これが、 Windows 10を構成して死のブルースクリーンでダンプファイルを作成する方法ですが、問題が解決しない場合は、次の方法に進みます。

方法2:コマンドプロンプトを使用してダンプファイルの設定を構成する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

$config[ads_text6] not found

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

 ダンプファイルなし:wmic RECOVEROSセットDebugInfoType = 0最小メモリダンプ:wmic RECOVEROSセットDebugInfoType = 3カーネルメモリダンプ:wmic RECOVEROSセットDebugInfoType = 2完全メモリダンプ:wmic RECOVEROSセットDebugInfoType = 1自動メモリダンプ:wmic RECOVEROSセットDebugInfoType = 7アクティブメモリダンプ:wmic RECOVEROSがDebugInfoType = 1を設定 

注:完全なメモリダンプでは、少なくともインストールされている物理メモリに1MB(ヘッダー用)を加えたサイズに設定されたページファイルが必要です。

3.終了したらコマンドプロンプトを閉じ、PCを再起動します。

4.現在のメモリダンプ設定を表示するには、cmdに次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

wmic RECOVEROS get DebugInfoType

5.終了したら、コマンドプロンプトを閉じます。

推奨:

  • Windows 10で画面の明るさを調整する5つの方法
  • Windows 10でデフォルトのオペレーティングシステムを変更する方法
  • Windows 10のシステム障害時の自動再起動を無効にする
  • Windows 10で高度なスタートアップオプションにアクセスする方法

以上で、 Windows 10を構成して死のブルースクリーンにダンプファイルを作成する方法を学習しましたが、このチュートリアルに関するクエリがまだある場合は、コメントセクションでお気軽に質問してください。

関連記事