WordPressで子テーマを作成する

少数のWordPressユーザーだけが子テーマを使用しています。これは、ユーザーの多くが子テーマまたはWordPressでの子テーマの作成を知らないためです。 まあ、WordPressを使用しているほとんどの人はテーマを編集またはカスタマイズする傾向がありますが、テーマを更新するとすべてのカスタマイズが失われ、そこで子テーマが使用されます。 子テーマを使用すると、すべてのカスタマイズが保存され、親テーマを簡単に更新できます。

WordPressで子テーマを作成する

変更されていない親テーマから子テーマを作成する

WordPressで子テーマを作成するには、cPanelにログインしてpublic_htmlに移動し、次にwp-content / themesに移動して、子テーマ用の新しいフォルダーを作成する必要があります(例/ Twentysixteen-child /)。 エラーが発生する可能性がある子テーマディレクトリの名前にスペースが含まれていないことを確認してください。

推奨:ワンクリックの子テーマプラグインを使用して、子テーマを作成することもできます(変更されていない親テーマからのみ)。

次に、子テーマ用の(作成した子テーマディレクトリ内に)style.cssファイルを作成する必要があります。 ファイルを作成したら、次のコードをコピーして貼り付けます(テーマの仕様に応じて、以下の詳細を変更してください)。

 / *テーマ名:Twenty Sixteen子テーマURI://example.com/twenty-sixteen-child/説明:Twenty Sixteen子テーマ作成者:WordPressチーム作成者URI://example.comテンプレート:twentysixteenバージョン:1.3.0ライセンス:GNU General Public License v3以降ライセンスURI://www.gnu.org/licenses/gpl-3.0.html * / 

注:テンプレート行(テンプレート:20から16)は、テーマディレクトリ(作成する子の親テーマ)の現在の名前に従って変更されます。 この例の親テーマはTwenty Sixteenテーマなので、テンプレートは26になります。

$config[ads_text6] not found

以前の@importは、親から子テーマにスタイルシートをロードするために使用されていましたが、スタイルシートをロードする時間が長くなるため、現在は適切な方法ではありません。 @importを使用する代わりに、子テーマのfunctions.phpファイルでPHP関数を使用してスタイルシートをロードするのが最善です。

functions.phpファイルを使用するには、子テーマディレクトリにファイルを作成する必要があります。 functions.phpファイルで次のコードを使用します。

上記のコードは、親テーマが.cssファイルを1つだけ使用してすべてのCSSコードを保持している場合にのみ機能します。

子テーマstyle.cssに実際にCSSコードが含まれている場合(通常はそうです)、同様にエンキューする必要があります。

 get( 'バージョン')); } add_action( 'wp_enqueue_scripts'、 'my_theme_enqueue_styles'); ?> 

子テーマをアクティブにし、管理パネルにログインして、[外観]> [テーマ]に移動し、利用可能なテーマのリストから子テーマをアクティブにします。

注:子テーマをアクティブにした後で、メニュー([外観]> [メニュー])およびテーマオプション(背景やヘッダー画像を含む)を再保存する必要がある場合があります。

これで、style.cssまたはfunctions.phpを変更したいときはいつでも、親テーマフォルダーに影響を与えることなく、子テーマで簡単に変更できます。

WordPressで親テーマから子テーマを作成しますが、ほとんどの人がすでにテーマをカスタマイズしているので、上記の方法はまったく役に立ちません。 その場合は、カスタマイズを失わずにWordPressテーマを更新する方法を確認してください。

この記事がお役に立てば幸いですが、このガイドに関してご不明な点がある場合は、コメントでお気軽にお問い合わせください。

関連記事