Windows 10でEFS暗号化ファイルとフォルダーを復号化する

Windows 10のEFS暗号化ファイルとフォルダーの復号化:暗号化ファイルシステム(EFS)は、Windows 10の組み込みの暗号化技術で、Windows 10のファイルやフォルダーなどの機密データを暗号化できます。ファイルまたはフォルダーの暗号化は順番に行われます不正使用を避けるため。 ファイルまたはフォルダを暗号化すると、他のユーザーはこれらのファイルまたはフォルダを編集したり開いたりできなくなります。 EFSはWindows 10に存在する最も強力な暗号化であり、重要なファイルとフォルダーを安全に保つのに役立ちます。

すべてのユーザーがこれらのファイルまたはフォルダーにアクセスできるようにこれらのファイルとフォルダーを復号化する必要がある場合は、このチュートリアルをステップバイステップで実行する必要があります。 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でEFS暗号化ファイルとフォルダーを復号化する方法を見てみましょう。

Windows 10のEFSで暗号化されたファイルとフォルダーを暗号化する方法

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

1. 暗号化するファイルまたはフォルダを右クリックして 、[ プロパティ ]を選択します。

2. [ 全般]タブに切り替えてから、下部にある[ 詳細]ボタンをクリックします

3. [ 属性の圧縮または暗号化]セクションで、[ コンテンツを暗号化してデータを保護する ] チェックボックスをオンにして 、[OK]をクリックします。

4.もう一度[OK]をクリックすると、[ 属性の変更の確認]ウィンドウが表示されます。

$config[ads_text6] not found

5.「 このフォルダーに変更を適用する 」または「 このフォルダー、サブフォルダー、およびファイルに変更を適用する 」を選択し、「OK」をクリックします。

6.これにより、ファイルまたはフォルダーが正常に暗号化され、ファイルまたはフォルダーに二重矢印のオーバーレイアイコンが表示されます。

Windows 10でEFS暗号化ファイルとフォルダーを復号化する

方法1:詳細属性を使用してファイルまたはフォルダーを復号化する

1.復号化するファイルまたはフォルダを右クリックして、[ プロパティ ]を選択します。

2. [ 全般]タブに切り替えてから、下部にある[ 詳細]ボタンをクリックします

3. [圧縮または暗号化属性]セクションで、[ コンテンツを暗号化してデータを保護する ] チェックボックスをオフにし 、[OK]をクリックします。

4.もう一度[OK]をクリックすると、[ 属性の変更の確認]ウィンドウが表示されます。

5. [変更をこのフォルダのみに適用する]または[このフォルダ、サブフォルダ、およびファイルに変更を適用する ]を選択して、[OK]をクリックします。

方法2:コマンドプロンプトを使用してファイルまたはフォルダーを復号化する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

 ファイルを復号化するには:cipher / d "拡張子付きのファイルの完全パス" 

注: 「拡張子付きのファイルの完全パス」を、拡張子が付いたファイルの実際の場所に置き換えます。次に例を示します。

暗号/ d「C:\ Users \ Adity \ Desktop \ File.txt」

フォルダを復号化するには:

 cipher / d "フォルダーの完全パス"(このフォルダーへの変更のみを適用)cipher / d / s: "フォルダーの完全パス"(このフォルダー、サブフォルダー、およびファイルへの変更を適用) 

注: 「フォルダーの完全パス」を、フォルダーの実際の場所に置き換えます。次に例を示します。

暗号/ d「C:\ Users \ Adity \ Desktop \ New Folder」

3.終了したらcmdを閉じてPCを再起動します。

推奨:

  • Windows 10でCPUプロセスの優先度を変更する方法
  • Windows 10でユーザーが日付と時刻を変更することを許可または禁止する
  • Windows 10で安全なログインを有効または無効にする
  • Windows 10でカーソルの太さを変更する3つの方法

これで、Windows 10でEFS暗号化ファイルとフォルダーを復号化する方法を学習しましたが、このチュートリアルに関して質問がある場合は、コメントセクションでお気軽に質問してください。

関連記事