Windows 10のシステム障害時の自動再起動を無効にする

Windows 10のシステム障害時に自動再起動を無効にする:システムが起動に失敗し、PCが予期せず再起動したりクラッシュしたりすると、ブルースクリーン(BSOD)エラーが発生します。 つまり、システム障害が発生した後、Windows 10は自動的にPCを再起動してクラッシュから回復します。 ほとんどの場合、単純な再起動でシステムを回復できますが、場合によっては、PCが再起動ループに陥ることがあります。 そのため、再起動ループから回復するには、Windows 10のシステム障害時に自動再起動を無効にする必要があります。

また、別の問題は、BSODエラーが数分の数秒間しか表示されず、エラーコードを書き留めたり、エラーの性質を理解したりできないことです。 自動再起動を無効にすると、BSOD画面でより多くの時間を確保できます。 とにかく、時間を無駄にせずに、以下にリストされたチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でシステム障害時の自動再起動を無効にする方法を見てみましょう。

Windows 10のシステム障害時の自動再起動を無効にする

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:起動と回復の設定を使用してシステム障害時の自動再起動を無効にする

1. Windowsキー+ Rを押してからsysdm.cplと入力し、Enterキーを押してシステムのプロパティを開きます。

2.次に、[詳細設定 ]タブに切り替えて、[ 起動と回復 ]の[設定 ]をクリックします。

3. システム障害の下の「 自動再起動 」のチェックを外してください

4. [OK]をクリックし、[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

5.変更を保存するには、PCを再起動します。

方法2:レジストリエディターを使用してWindows 10のシステム障害時の自動再起動を無効にする

1. Windowsキー+ Rを押してから、 regeditと入力してEnterキーを押します。

$config[ads_text6] not found

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ CrashControl

3. CrashControlを選択してから、右側のウィンドウペインでAutoRebootをダブルクリックします。

4. AutoReboot Valueデータフィールドの下に 0(ゼロ)を入力し 、OKをクリックします。

5.すべてを閉じて、PCを再起動します。

方法3:コマンドプロンプトを使用してシステム障害時の自動再起動を無効にする

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

システム障害時の自動再起動を無効にする:wmic recoveros set AutoReboot = False

システム障害時の自動再起動を有効にする:wmic Recoveros set AutoReboot = True

3.すべてを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

方法4:詳細なスタートアップオプションを使用してWindows 10のシステム障害時の自動再起動を無効にする

1.ここにリストされている方法のいずれかを使用して、 高度な起動オプション起動します

2.Choose a option screenをクリックしてTroubleshootをクリックします

3.トラブルシューティング画面で、「 詳細オプション 」をクリックします

4.次に、[詳細オプション]画面の[起動設定]アイコンをクリックします。

5. 再起動ボタンをクリックして、PCが再起動するのを待ちます

再起動後、システムは起動設定で起動します。F9または9キーを押して、障害発生後に自動再起動を無効にするを選択します。

7.PCが再起動し、上記の変更が保存されます。

推奨:

  • Windows 10で画面の明るさを調整する5つの方法

    Windows 10でデフォルトのオペレーティングシステムを変更する方法

  • Windows 10の起動時にオペレーティングシステムのリストを表示する時間を変更する
  • Windows 10で高度なスタートアップオプションにアクセスする方法

以上で、Windows 10のシステム障害時の自動再起動を無効にする方法を学習しましたが、このチュートリアルに関して質問がある場合は、コメント欄で遠慮なく質問してください。

関連記事