Windows 10でBluetoothを有効または無効にする

Windows 10でBluetoothを有効または無効にする:Windows 10の Bluetoothを使用すると、デバイスをワイヤレスでPCに接続できるため、ケーブルを使用せずにファイルを転送できます。 たとえば、プリンター、ヘッドフォン、マウスなどのBluetoothデバイスをBluetooth経由でWindows 10に接続できます。 PCのバッテリーを節約するために、Windows 10でBluetooth通信を無効にすることができます。

Windows 10では、設定を使用してBluetoothを無効にできるようになりましたが、Bluetooth設定をグレー表示できる場合があります。その場合、Bluetoothを有効または無効にする別の方法を探す必要があります。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルを使用して、Windows 10でBluetoothを有効または無効にする方法を見てみましょう。

Windows 10でBluetoothを有効または無効にする

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:アクションセンターでBluetoothを有効または無効にする

1. Windowsキー+ Aを押して、 アクションセンターを開きます。

2.次に、[展開]をクリックして、アクションセンターのその他の設定を表示します。

3.次に、 Windows 10BluetoothクイックアクションボタンをクリックしてBluetooth有効または無効にします。

方法2:Windows 10の設定でBluetoothを有効または無効にする

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ デバイス ]をクリックします

2.左側のメニューからBluetooth&その他のデバイスをクリックします。

3.右側のウィンドウペインで、 Bluetoothのスイッチをオンまたはオフ切り替えて、Bluetooth有効または無効にします。

4.終了したら、設定ウィンドウを閉じます。

方法3:機内モード設定でBluetoothを有効または無効にする

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ ネットワークとインターネット ]をクリックします。

$config[ads_text6] not found

2.左側のメニューから機内モードをクリックします。

3.右側のウィンドウペインのBluetoothので、Windows 10でBluetoothオンまたはオフ切り替えて、Bluetooth有効または無効にします。

4.設定ウィンドウを閉じ、PCを再起動します。

これはWindows 10でBluetoothを有効または無効にする方法ですが、それでも解決しない場合は、次の方法に従ってください。

方法4:デバイスマネージャーでBluetoothハードウェアを有効または無効にする

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscと入力してEnterキーを押します。

2. Bluetoothを展開し、 Bluetoothデバイスを右クリックして、デバイスが既に無効になっている場合は[ 有効 ]を選択します。

3. Bluetoothを無効にする場合は、Bluetoothデバイスを右クリックして[無効にする]を選択します。

4.終了したら、 デバイスマネージャを閉じます。

推奨:

  • Windows 10で夜間照明を有効または無効にする
  • ダウンロードしたファイルがWindows 10でブロックされないように修正する
  • Windows 10で圧縮ファイルとフォルダーの青い矢印アイコンを削除する
  • PCがUEFIまたはレガシーBIOSを使用しているかどうかを確認する方法

以上で、Windows 10でBluetoothを有効または無効にする方法を学習しましたが、このチュートリアルに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事