生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーを有効または無効にする

生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーの有効化または無効化: Windows 10は、PIN、パスワード、または画像パスワードを使用してWindowsにサインインするオプションを提供するのでかなり安全ですが、有効化することでいつでもセキュリティの層を追加できます内蔵指紋リーダー。 ただし、この追加のセキュリティ層を利用するには、PCに指紋リーダーが付属している必要があります。 バイオメトリクスを使用する利点は、指紋が一意であるため、総当たり攻撃の可能性がなく、パスワードを覚えておくよりも簡単です。

顔、虹彩、指紋などの生体認証を使用して、デバイス、アプリ、オンラインサービスなどにサインインできます。ただし、デバイスにこれらの機能がデバイスのメーカーによって組み込まれている場合に限ります。 とにかく、時間を無駄にすることなく、生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーを有効または無効にする方法を見てみましょう。

生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーを有効または無効にする

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:ローカルグループポリシーで生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーを有効または無効にする

注:この方法は、Windows 10 Home Editionユーザーには機能しません。この方法は、Windows 10 Pro、Education、およびEnterprise Editionユーザーにのみ使用できます。

1. Windowsキー+ Rを押し、次にgpedit.mscと入力してEnterキーを押し、 ローカルグループポリシーを開きます。

2.左側のペインから次のパスに移動します。

コンピューターの構成>管理用テンプレート> Windowsコンポーネント>生体認証

3.必ず[ バイオメトリクス]を選択してから、右ウィンドウペインで[ドメインユーザーがバイオメトリクスを使用してログオンすることを許可する]ポリシーダブルクリックします。

4.ここで、選択に応じて上記のポリシー設定を変更します。

ドメインユーザーが生体認証を使用してWindows 10にサインインできるようにする:未構成または有効

生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーを無効にする:無効

注:デフォルト設定は[未構成]です。

5. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

6.終了したら、すべてを閉じてから、PCを再起動して変更を保存します。

方法2:レジストリエディターで生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーを有効または無効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、 レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Biometrics \ Credential Provider

3.資格情報プロバイダーを右クリックし、[ 新規]> [DWORD(32ビット)値 ]を選択します

4.この新しく作成したDWORDにドメインアカウントとして名前を付け、Enterキーを押します

5.ドメインアカウントDWORDをダブルクリックし、その値を次のように変更します。

0 =生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーを無効にする

1 =ドメインユーザーが生体認証を使用してWindows 10にサインインできるようにする

6.完了したら、[OK]をクリックして上記のダイアログボックスを閉じ、PCを再起動します。

推奨:

  • Windows 10でディスクの書き込み保護を有効または無効にする
  • Windows 10でモニターのリフレッシュレートを変更する方法
  • Windows 10でディスク書き込みキャッシュを有効または無効にする
  • Windows 10でハードディスクがスリープ状態にならないようにする

これで、生体認証を使用してWindows 10にサインインするドメインユーザーを有効または無効にする方法を学習しましたが、このチュートリアルに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事