Windows 10で暗号化されたファイルのインデックス作成を有効または無効にする

Windows 10での暗号化ファイルのインデックス作成を有効または無効にする: Windowsまたはファイルエクスプローラーで何かを検索すると、オペレーティングシステムはインデックス作成を利用して、より高速で優れた結果を提供します。 インデックス作成の唯一の欠点は、システムリソースの大きなチャンクを利用することです。そのため、i5やi7などの非常に高速なCPUを使用している場合は、確実にインデックス作成を有効にできますが、遅いCPUまたはSSDドライブを使用している場合は、 Windows 10のインデックス作成は必ず無効にしてください。

インデックス作成を無効にすると、PCのパフォーマンスが向上しますが、唯一の問題は、検索クエリで結果が生成されるまでに時間がかかることです。 これで、Windowsユーザーは、暗号化されたファイルをWindows Searchに含めるか、この機能を完全に無効にするように手動で構成できます。 Windows Searchは、適切なアクセス許可を持つユーザーのみが暗号化されたファイルのコンテンツを検索できることを保証します。

暗号化されたファイルは、セキュリティ上の理由からデフォルトではインデックスに登録されませんが、ユーザーまたは管理者は手動で暗号化されたファイルをWindows Searchに含めることができます。 とにかく、時間を無駄にすることなく、以下のチュートリアルの助けを借りて、Windows 10で暗号化ファイルのインデックス作成を有効または無効にする方法を見てみましょう。

Windows 10で暗号化されたファイルのインデックス作成を有効または無効にする

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

1. Windowsキー+ Qを押して検索を起動し、インデックスを入力して、検索結果から[ インデックスオプション ]をクリックします。

2.下部にある「 詳細」ボタンをクリックします。

3.次に、[ファイル設定]の[ 暗号化されたファイルの インデックスを作成する ]チェックボックスをオンにして、暗号化ファイルのインデックス作成有効にします。

4.インデックスの場所が暗号化されていない場合は、[ 続行 ]をクリックします

5. 暗号化されたファイルのインデックス作成を無効にするには 、[ファイル設定]の[[ 暗号化されたファイルの インデックスを作成] チェックボックスをオフにし ます

6. [OK]をクリックして続行します。

7. 検索インデックスが再構築され、変更が更新されます。

8. [閉じる]をクリックしてPCを再起動し、変更を保存します。

レジストリエディターで暗号化されたファイルのインデックス作成を有効または無効にする

1. Windowsキー+ Rを押してregeditと入力し、Enterキーを押してレジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ Software \ Policies \ Microsoft \ Windows \ Windows Search \

3. Windows Searchが見つからない場合は、Windowsを右クリックして、[ 新規]> [キー ]を選択します

4.このキーにWindows Searchという名前を付け、Enterキーを押します。

5.ここで、もう一度Windows Searchを右クリックして、[ 新規]> [DWORD(32ビット)値 ]を選択します

6.新しく作成したDWORDにAllowIndexingEncryptedStoresOrItemsと名前を付け、Enterキーを押します。

$config[ads_text6] not found

7.AllowIndexingEncryptedStoresOrItemsをダブルクリックして、以下に従って値を変更します。

暗号化ファイルのインデックス作成を有効にする= 1

暗号化されたファイルのインデックス作成を無効にする= 0

8.値のデータフィールドに目的の値を入力したら、[OK]をクリックします。

9.PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • Windows 10で絵文字パネルを有効または無効にする
  • Windows 10で昇格したWindows PowerShellを開く7つの方法
  • Windows 10でダイナミックロックを使用する方法
  • お使いのWindows 10のエディションを確認してください

これで、 Windows 10で暗号化ファイルのインデックス作成を有効または無効にする方法を学習しましたが、この投稿に関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事