Windows 10でインラインオートコンプリートを有効または無効にする

Windows 10でのインラインオートコンプリートの有効化または無効化:Windowsが提供するオートコンプリート機能には2種類あります。1つは単にオートコンプリートと呼ばれ、単純なドロップダウンリストに入力している内容に基づいて候補を表示します。 もう1つはインラインオートコンプリートと呼ばれ、最も近い一致でインラインで入力した内容を自動的に補完します。 ChromeやFirefoxなどの最新のブラウザでは、インラインオートコンプリート機能に気づいているはずです。特定のURLを入力すると、インラインオートコンプリートはアドレスバーに一致するURLを自動的に埋めます。

同じインラインオートコンプリート機能が、Windowsエクスプローラー、実行ダイアログボックス、アプリのダイアログボックスを開いて保存などにも存在します。唯一の問題は、インラインオートコンプリート機能がデフォルトで有効になっていないため、レジストリを使用して手動で有効にする必要があることです。 とにかく、時間を無駄にすることなく、Windows 10インラインオートコンプリート 有効または無効にする 方法を以下のチュートリアルの助けを借りて見てみましょう。

Windows 10でインラインオートコンプリートを有効または無効にする

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:インターネットオプションを使用してWindows 10でインラインオートコンプリートを有効または無効にする

1. Windowsキー+ Rを押してから「control」と入力し、Enterキーを押してコントロールパネルを開きます。

2.次に[ ネットワークとインターネット ]をクリックし、[ インターネットオプション ]をクリックします。

3. [インターネットのプロパティ]ウィンドウが開いたら、 [詳細設定]タブに切り替えます。

4. [参照]セクションまでスクロールし、[ファイルエクスプローラーでインラインオートコンプリートを使用してダイアログを実行]を見つけます。

5.「 ファイルエクスプローラーと実行ダイアログでインラインオートコンプリートを使用する 」にチェックマークを付けて、Windows 10でインラインオートコンプリートを有効にします。

注:ウィンドウ10でインラインオートコンプリートを無効にするには、上記のオプションをオフにします。

6. [適用]をクリックし、次に[OK]をクリックして変更を保存します。

方法2:レジストリエディターを使用してインラインオートコンプリートを有効または無効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、 レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer \ AutoComplete

3.オートコンプリートフォルダが見つからない場合は、 エクスプローラを右クリックして、[新規]> [キー ]を選択し、このキーにオートコンプリート eという名前を付けて、Enterキーを押します。

4.次に、[ オートコンプリート]を右クリックし 、[ 新規]> [文字列値 ]を選択します。 この新しい文字列にAppend Completionという名前を付け、Enterキーを押します。

5.Append Completion Stringをダブルクリックし、以下に従って値を変更します。

Windows 10でインラインオートコンプリートを有効にするには:はい

Windows 10でインラインオートコンプリートを無効にするには:いいえ

6.完了したら、[OK]をクリックしてレジストリエディターを閉じます。

7.PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • Windows 10でBluetoothがオンにならないのを修正
  • Windows 10でフォルダービュー設定をデフォルトにリセットする
  • Windowsの準備ができてPCが動かなくなる問題を解決し、コンピュータの電源を切らないでください
  • BluetoothをオンまたはオフにするオプションがWindows 10にない

これで、Windows 10でインラインオートコンプリートを有効または無効にする方法を学習しましたが、このチュートリアルに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事