Windows 10でパスワードの有効期限を有効または無効にする

Windows 10でのパスワードの有効期限の有効化または無効化:Windows 10でローカルアカウントのパスワードの有効期限が有効になっている場合、有効期限の期限が切れると、Windowsは非常に煩わしいパスワードの変更を警告します。 デフォルトでは、パスワードの有効期限機能は無効になっていますが、サードパーティのプログラムまたはアプリケーションによってはこの機能が有効になっている場合があり、残念ながら、コントロールパネルに無効にするためのインターフェイスがありません。 主な問題は、常にパスワードを変更することであり、場合によってはパスワードを忘れてしまうことがあります。

マイクロソフトでは、Windowsユーザーがローカルアカウントのパスワードの有効期限の設定を変更できないようにしていますが、ほとんどのユーザーで機能する回避策がまだあります。 Windows Proユーザーの場合、グループポリシーエディターを使用してこの設定を簡単に変更できますが、ホームユーザーの場合、コマンドプロンプトを使用してパスワードの有効期限設定をカスタマイズできます。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のガイドを参考にして、Windows 10でパスワードの有効期限を有効または無効にする方法を見てみましょう。

Windows 10でパスワードの有効期限を有効または無効にする

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:コマンドプロンプトを使用してローカルアカウントのパスワードの有効期限を有効または無効にする

Windows 10でパスワードの有効期限を有効にする

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

wmic UserAccount(Name =” Username”はPasswordExpires = Trueに設定)

注:ユーザー名をアカウントの実際のユーザー名に置き換えます。

3.ローカルアカウントのパスワードの最大有効期間と最小有効期間を変更するには、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。

ネット口座

注:現在のパスワードの最大有効期間と最小有効期間をメモしてください。

4.次のコマンドを入力してEnterキーを押します。ただし、パスワードの最小有効期間は、パスワードの最大有効期間よりも短くする必要があることに注意してください。

ネットアカウント/ maxpwage:日

注:日数は、パスワードの有効期限が切れる日数を表す1から999までの数字に置き換えてください

ネットアカウント/ minpwage:日

注:日は、パスワードを変更できるようになった後の日数として、1から999までの数字に置き換えてください

5. cmdを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

Windows 10でパスワード保護を無効にする

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

wmic UserAccountの場合、Name =” Username”はPasswordExpires = Falseを設定

注:ユーザー名をアカウントの実際のユーザー名に置き換えます。

3.すべてのユーザーアカウントのパスワードの有効期限を無効にする場合は、次のコマンドを使用します。

wmic UserAccount set PasswordExpires = False

4.PCを再起動して変更を保存します。

これは、 コマンドプロンプトを使用してWindows 10でパスワードの有効期限有効または無効にする方法です

方法2:グループポリシーエディターを使用してローカルアカウントのパスワードの有効期限を有効または無効にする

ローカルアカウントのパスワードの有効期限を有効にする

$config[ads_text6] not found

注:この方法は、Windows 10 Pro、Enterprise、およびEducationエディションでのみ使用できます。

1. Windowsキー+ Rを押し、次にgpedit.mscと入力してEnterキーを押します。

2.左側のウィンドウペインで、[ ローカルユーザーとグループ(ローカル)]を展開し 、[ ユーザー]を選択します。

3.右側のウィンドウペインで、パスワードの有効期限を有効にするユーザーアカウント右クリックし、 [ プロパティ]を選択します。

4. [全般]タブが 表示されていることを確認し、 [ パスワードを無期限にする ] チェックボックスをオフにして 、[OK]をクリックします。

5.Windowsキー+ Rを押してから、 secpol.mscと入力してEnterキーを押します。

6.「ローカルセキュリティポリシー」で、 「セキュリティ設定」>「アカウントポリシー」>「パスワードポリシー」を展開します。

7. [パスワードポリシー]を選択し、右側のウィンドウペインで[ パスワードの最大保存期間]をダブルクリックします。

8.これで、パスワードの有効期間を設定できます。0から998までの数値を入力して、[OK]をクリックします。

5.変更を保存するには、PCを再起動します。

ローカルアカウントのパスワードの有効期限を無効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、次にgpedit.mscと入力してEnterキーを押します。

2.左側のウィンドウペインで、[ ローカルユーザーとグループ(ローカル)]を展開し 、[ ユーザー]を選択します。

3.右側のウィンドウペインで、パスワードの有効期限を有効にするユーザーアカウントを右クリックします。

プロパティを選択します。

4. [全般]タブが表示されていることを確認し、[ パスワードを無期限にする ] チェックボックスをオンにして[OK]をクリックします。

5.変更を保存するには、PCを再起動します。

推奨:

  • セキュリティオプションの準備でWindows 10が動かなくなる問題を修正
  • Windowsタイムサービスが機能していないのを修正
  • Windows 10の自動シャットダウンをスケジュールする方法
  • Windows 10でCDまたはDVDドライブがディスクを読み取らないのを修正

これで、Windows 10でパスワードの有効期限を有効または無効にする方法を学習しましたが、このガイドに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事