エラー1962:オペレーティングシステムが見つかりません

エラー1962の修正:オペレーティングシステムが見つかりません:このエラーが発生した場合は、ブートシーケンスが壊れているか、ブート順序の優先順位が正しく構成されていない可能性があります。 いずれにしても、PCを起動しようとすると、オペレーティングシステムを起動できなくなり、代わりに、エラー1962 No Operating System Foundメッセージが表示され、PCを再起動するしかありません。同じエラーメッセージ画面が表示されます。

エラー1962:オペレーティングシステムが見つかりません。 起動シーケンスが自動的に繰り返されます。

エラー1962の奇妙な点は、ユーザーが数時間待ってもWindowsを正常に起動できる可能性があることですが、すべての場合がそうであるとは限りません。 したがって、数時間待ってからシステムにアクセスできるかどうかを確認できます。 一方、影響を受けた一部のユーザーは、コンピューターの起動直後にエラー1962オペレーティングシステムが見つかりませんというメッセージが表示されるため、BIOSセットアップに入ることができません。

さて、エラー1962について十分に理解したところで、実際にこのエラーを修正する方法を見てみましょう。 このエラーの良い点は、ハードディスクをマザーボードに接続しているSATAケーブルの不良が原因である可能性もあります。 したがって、起動時にエラー1962 No Operating System Foundメッセージの原因を特定するには、さまざまなチェックを実行する必要があります。 時間を無駄にせずに、以下にリストされているトラブルシューティング方法でこの問題を実際に修正する方法を見てみましょう。

エラー1962:オペレーティングシステムが見つかりません[解決済み]

高度な手順を実行する前に、ハードディスクまたはSATAケーブルに障害があるかどうかを確認する必要があります。 ハードディスクが機能しているかどうかを確認するには、それを別のコンピューターに接続し、アクセスできるかどうかを確認します。アクセスできる場合は、ハードディスクの不良ではありません。 しかし、それでも別のPCのハードディスクにアクセスできない場合は、ハードディスクを交換する必要があります。

次に、SATAケーブルに問題がないかどうかを確認し、別のPCケーブルを使用してケーブルに欠陥があるかどうかを確認します。 この場合は、別のSATAケーブルを購入するだけで問題が解決する可能性があります。 HDDまたはSATAケーブルの不良ではないことを確認したら、以下の手順に進むことができます。

注:以下の修正を試すには、Windowsのインストールまたはリカバリディスクを使用する必要があります。そのため、事前にそれらのいずれかを準備しておいてください。

方法1:自動/スタートアップ修復を実行する

1. Windows 10の起動可能なインストールDVDを挿入し、PCを再起動します。

2.任意のキーを押してCDまたはDVDから起動するように求められたら、任意のキーを押して続行します。

3.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。 左下の[コンピュータを修復する]をクリックします。

4.オプションの選択画面で、[ トラブルシューティング ]をクリックします。

5.トラブルシューティング画面で、 詳細オプションをクリックします

6. [詳細オプション]画面で、[ 自動修復 ] または [ スタートアップ修復 ]をクリックします。

7.Windowsの自動修復とスタートアップ修復が完了するまで待ちます

8.再起動すると、 エラー1962のオペレーティングシステムが見つかりませんでした。

また、 「自動修復でPCを修復できなかった問題を修正する方法」もご覧ください。

方法2:診断テストを実行する

上記の方法がまったく役に立たなかった場合は、ハードディスクが損傷または破損している可能性があります。 いずれの場合も、以前のHDDまたはSSDを新しいものと交換し、Windowsを再インストールする必要があります。 ただし、結論を出す前に、診断ツール実行して、 HDD / SSDを本当に交換する必要があるかどうかを確認する必要があります。

診断を実行するには、PCを再起動し、コンピューターが起動したら(ブート画面の前)、F12キーを押します。ブートメニューが表示されたら、[ユーティリティパーティションから起動]オプションまたは[診断]オプションを強調表示し、Enterキーを押して診断を開始します。 これにより、システムのすべてのハードウェアが自動的にチェックされ、問題が見つかった場合は報告されます。

方法3:正しい起動順序を設定する

起動順序が正しく設定されていないため、「 エラー1962オペレーティングシステムが見つかりません 」というメッセージが表示される場合があります。これは、オペレーティングシステムを持たない別のソースからコンピューターが起動しようとしているために失敗したことを意味します。 この問題を修正するには、起動順序でハードディスクを最優先に設定する必要があります。 適切なブート順序を設定する方法を見てみましょう:

1.コンピューターが起動したら(ブート画面またはエラー画面の前)、DeleteキーまたはF1またはF2キー(コンピューターの製造元による)を繰り返し押して、 BIOSセットアップ入ります

2. BIOSセットアップで、オプションのリストから[Boot]タブを選択します。

3.次に、コンピュータのハードディスクまたはSSDが起動順序の最優先として設定されていることを確認します。 そうでない場合は、上矢印キーまたは下矢印キーを使用してハードディスクを上部に設定します。これは、コンピュータが他のソースではなく最初にハードディスクから起動することを意味します。

4.上記の変更が完了したら、[スタートアップ]タブに移動して、次の変更を行います。

プライマリブートシーケンス

CSM:[有効]起動モード:[自動]起動優先度:[UEFI最初]クイックブート:[有効] Num-lockステータスを起動:[オン]

5. F10を押して、BIOSセットアップの変更を保存して終了します。

方法4:UEFIブートを有効にする

ほとんどのUEFIファームウェア(Unified Extensible Firmware Interface)には、バグが含まれているか、誤解を招くおそれがあります。 これは、UEFIが非常に複雑になっているファームウェアの頻繁な進化が原因です。 エラー1962 No Operating System FoundはUEFIファームウェアが原因であると思われ、UEFIのデフォルト値をリセットまたは設定すると、問題が解決するようです。

レガシーオペレーティングシステム(OS)から起動する場合は、CSM(互換性サポートモジュール)を構成して有効にする必要があります。 Windowsインストールを最近アップグレードした場合、この設定はデフォルトで無効になっています。これにより、古いオペレーティングシステムのサポートが無効になり、OSを起動できなくなります。 UEFIを最初の、または唯一のブート方法として設定するように注意してください(これは既にデフォルト値です)。

1. PCを再起動し、PCに応じてF2またはDELタップして、Boot Setupを開きます。

2. [スタートアップ]タブに移動し、次の変更を行います。

 ブートリストオプションをUEFIに変更するロードレガシーオプションを無効にするROMセキュアブートを有効にする 

3.次に、F10をタップして保存し、起動設定を終了します。

方法5:リカバリディスクを使用してPCを復元する

1. Windowsインストールメディアまたはリカバリドライブ/システム修復ディスクを挿入し言語設定を選択して、[次へ]をクリックします。

2.下部にある「コンピューターを修復する」をクリックします。

3.次に、[ トラブルシューティング] 、[ 詳細オプション]の順に選択します

4.最後に、「 システムの復元 」をクリックし、画面の指示に従って復元を完了します。

5. PCを再起動します。このステップで、 エラー1962が発生する場合があります。オペレーティングシステムが見つかりません。

方法6:Windows 10の修復インストール

上記の解決策のいずれもうまくいかない場合は、HDDに問題がないことを確認できますが、HDDのオペレーティングシステムまたはBCD情報が何らかの理由で消去されたため、エラー「 エラー1962オペレーティングシステムが見つかりません 」が表示される場合があります。 さて、この場合、Windowsの修復インストールを試すことができますが、これも失敗した場合、残っている唯一の解決策は、Windowsの新しいコピーをインストールする(クリーンインストール)ことです。

あなたにおすすめ:

  • Windows 10でSmartScreenフィルターを無効にする
  • コンピュータの電源を入れたときに画面がスリープ状態になるのを修正
  • Windows 10でピンチズーム機能を無効にする
  • Windowsタスクバーに表示されないシステムアイコンを修正する

以上で、 エラー1962の修正は正常に終了しました。 オペレーティングシステムが見つかりませんでしたが、このガイドに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事