Windows 10でAlt + Tabが機能しない問題を修正

デバイスの異なるタブをどのように切り替えますか? 答えはAlt + Tabです。 このショートカットキーは、最もよく使用されるものです。 Windows 10では、システムで開いているタブを簡単に切り替えることができます。ただし、この機能が機能しなくなる場合があります。 デバイスでこの問題が発生している場合は、Windows 10でAlt + Tabが機能しない問題を解決する方法を見つける必要があります。 この問題の原因を見つけることになると、いくつかの理由があります。 ただし、この問題を解決する方法に焦点を当てます。

この記事では、次の問題について説明します。

  • Alt + Tabが機能しない:開いているプログラムウィンドウを切り替えるにはAlt + Tabショートカットキーが非常に重要ですが、ユーザーからは機能しないことがあると報告されています。
  • Alt-Tabが時々動作を停止する: Alt + Tabが時々動作しない別のケース、これはWindowsエクスプローラーを再起動することで解決できる一時的な問題を意味します。
  • Alt + Tabがトグルしない: Alt + Tabを押しても何も起こりません。つまり、他のプログラムウィンドウにトグルしません。
  • Alt-Tabがすぐに消える: Alt-Tabキーボードショートカットに関連する別の問題。 しかし、これは私たちのガイドを使用して解決することもできます。
  • Alt-Tabがウィンドウを切り替えない:ユーザーは、Alt + TabショートカットがPCのウィンドウを切り替えないことを報告しています。

Alt + Tabが機能しない問題を修正(プログラムウィンドウの切り替え)

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1 –レジストリ値を変更する

ステップ1 – Windows + Rを押して、実行コマンドを開きます。

ステップ2 –ボックスに「 regedit」と入力し、Enterキーを押します。

ステップ3 –次のパスに移動します。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Explorer

ステップ4 –次にAltTabSettings DWORDを探します。 見つからない場合は、新しいものを作成する必要があります。 Explorerキーを右クリックし、 [ 新規]> [Dword(32ビット)値 ]を選択するだけです。 次に、 AltTabSettingsという名前を入力し、Enterキーを押します。

ステップ5 –次に、AltTabSettingsをダブルクリックし、 その値を1に設定して 、[OK]をクリックします。

これらのすべての手順を完了すると、 Alt + TabがWindows 10で機能しない問題修正できる場合があります。 ただし、同じ問題が引き続き発生する場合は、他の方法を実装できます。

方法2 – Windowsエクスプローラーを再起動する

Alt + Tab関数を機能させる別の方法がここにあります。 問題を解決できる可能性があるWindowsエクスプローラを再起動するだけです。

ステップ1 – Ctrl + Shift + Escキーを同時に押して、 タスクマネージャーを開きます

ステップ2 –ここで、Windowsエクスプローラーを見つける必要があります。

ステップ3 – Windowsエクスプローラを右クリックし、[ 再起動]を選択します

この後、Windowsエクスプローラーが再起動し、うまくいけば問題は解決されます。 ただし、これは一時的な解決策であり、何度も繰り返す必要があることを覚えておく必要があります。

方法3 –ホットキーを有効または無効にする

ホットキーが無効になっているだけでこのエラーが発生する場合があります。 マルウェアや感染したファイルがシステムのホットキーを無効にすることがあります。 以下の手順を使用して、ホットキーを無効または有効にできます。

$config[ads_text6] not found

ステップ1 – Windows + Rを押し、 gpedit.mscと入力してEnterキーを押します。

ステップ2 –画面にグループポリシーエディターが表示されます。 ここで、次のポリシーに移動する必要があります。

ユーザーの構成>管理用テンプレート> Windowsコンポーネント>ファイルエクスプローラー

手順3-右側のペインで[ファイルエクスプローラー]を選択し、[ Windowsキーのホットキーをオフにする ]をダブルクリックします

ステップ4 – [Windowsキーのホットキー設定をオフにする]ウィンドウで、[ 有効]オプションを選択します。

ステップ5 – [適用]をクリックし、次に[OK]をクリックして変更を保存します。

ここで、 Alt + TabがWindows 10で機能しない問題修正できるかどうかを確認します。 それでも問題が解決しない場合は、同じ方法を使用できますが、今回は[ 無効 ]オプションを選択する必要があります。

方法4 –キーボードドライバーを再インストールする

ステップ1 – Windows + Rを同時に押して実行ボックスを開きます。

ステップ2 – devmgmt.mscと入力し、 Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。

ステップ3 –ここでキーボードを見つけて、このオプションを展開する必要があります。 キーボードを右クリックして、[ アンインストール ]を選択します。

ステップ4 –システムを再起動して変更を適用します。

再起動すると、Windowsは自動的に最新のキーボードドライバーをダウンロードしてインストールします。 ドライバが自動的にインストールされない場合は、キーボードの製造元の公式Webサイトからドライバをダウンロードできます。

方法5 –キーボードを確認する

キーボードが正常に機能しているかどうかも確認できます。 キーボードを取り外して、他のキーボードをPCに接続できます。

Alt + Tabを試してみてください。機能している場合は、キーボードが破損していることを意味します。 つまり、キーボードを新しいものと交換する必要があります。 ただし、問題が解決しない場合は、他の方法を選択する必要があります。

方法6 –ピークオプションを有効にする

多くのユーザーは、高度なシステム設定でピークオプションを有効にするだけで、Alt + Tabが機能しない問題を解決します。

ステップ1 – Windowsキー+ Rを押してからsysdm.cplと入力し、Enterキーを押してシステムのプロパティを開きます。

ステップ2 – 詳細 設定 タブに切り替え、パフォーマンスの下の設定ボタンをクリックします。

ステップ3 –ここで、 [ピーク有効にする]オプションがオンになっていることを確認する必要があります 。 そうでない場合は、チェックする必要があります。

このステップが完了したら、問題が解決され、 Alt + Tab機能が機能し始めたかどうかを確認する必要があります

推奨:

  • Windowsのキーボードを使用して右クリック
  • Googleカレンダーを他の人と共有する
  • ディスク管理とは何ですか?
  • 修正でWindows Defenderをオンにできない

うまくいけば、上記のすべての方法がWindows 10でAlt + Tabが機能しない問題を解決するのに役立ちます。 ただし、接続してさらにソリューションを取得したい場合は、以下にコメントしてください。 PCでの問題を回避するために体系的に手順を実行するのは素晴らしいことです。

関連記事