レジストリに書き込むキーエラーを作成できない修正

レジストリに書き込むキーを作成できないエラーを修正:新しいキーを作成するために必要な権限がありません

オペレーティングシステムでは、システムの重要なレジストリキーを変更することはできません。 それでも、そのようなレジストリキーでも変更を行う場合は、Windowsで変更を行ったり保存したりする前に、これらのキーを完全に制御する必要があります。

通常、このエラーはシステムで保護されたキーが原因で発生します。キーにアクセスしようとすると、確実にこのエラーが発生します。

レジストリエディターを管理者として開く前に、 最初にWindowsレジストリバックアップし、 システムの復元ポイントを作成します(非常に重要) 。 次に、変更を加えるレジストリキーに移動します。

レジストリに書き込むキーエラーを作成できない修正

1.このエラーダイアログボックスを閉じ、変更を加えるレジストリキーを右クリックして、[ アクセス許可 ]をクリックします

2. [アクセス許可]ボックスの唯一のセキュリティタブで、自分の管理者アカウントまたはユーザーアカウントを強調表示し、 [ フルコントロール ]の下のチェックボックスをオンにします。 オンになっている場合は、拒否ボックスをオフにします。

3. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。 それでも機能せず、次のセキュリティ警告が表示される場合– 権限の変更を保存できません。次の操作を行います。

4. [権限]ウィンドウを再度開き、代わりに[ 詳細設定]ボタンをクリックします

5.そして所有者の隣の変更をクリックします。

5. アディティアなど、アカウント以外の所有者を見かけますか? その場合は、所有者をあなたの名前に変更します。 そうでない場合は、アカウントのユーザー名を入力して[名前の確認]をクリックし、名前を選択します。 [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

6.次に、「 サブコンテナとオブジェクトの所有者を置き換える 」と「 すべての子オブジェクトのアクセス許可エントリをこのオブジェクトから継承可能なアクセス許可エントリで置き換える 」のチェックをオンにし ます 。 [適用]をクリックし、[OK]をクリックします。

7 .. [今すぐ許可]ボックスの[唯一のセキュリティ]タブで、自分の管理者アカウントを強調表示し、 [フルコントロール]-[許可]の下のボックスをオンにします。 [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

あなたにおすすめ:

  • Windows 10へのアップグレード後にWiFiが機能しない問題を修正
  • グループポリシーエディター(gpedit.msc)のインストール方法
  • Google Chromeの修正方法が機能しなくなったエラー
  • ソフトウェアを使用せずにWindows 10プロダクトキーを見つける

それはうまくいくはずです。 レジストリへの書き込みで主要なエラーを作成できませんでしたが、この投稿に関する質問がある場合はコメントセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事