デフォルトのメールフォルダを開けない問題を修正しました。 インフォメーションストアを開けませんでした

デフォルトのメールフォルダを開けない問題を修正しました。 インフォメーションストアを開くことができませんでした: Microsoft OutlookにアクセスしたりMicrosoft Outlookを開こうとしたりするときに上記のエラーが発生した場合は、心配する必要はありません。このエラーの修正方法について説明します。 エラーの主な原因は、ナビゲーションウィンドウの設定ファイルの破損にあるようですが、このエラーの原因となる他の原因があります。 Windowsサポートフォーラムでは、Outlookが互換モードで実行されている場合、上記のエラーが発生する可能性があることも指摘されています。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティング手順を使用して、Outlookでデフォルトのメールフォルダーを開けないというエラーを実際に修正する方法を見てみましょう。

デフォルトのメールフォルダを開けない問題を修正しました。 インフォメーションストアを開けませんでした

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Outlookが互換モードで実行されていないことを確認します

1. Windowsキー+ Rを押し、次のように入力してEnterキーを押します。

64ビットの場合:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \

32ビットの場合:C:\ Program Files \ Microsoft Office \

2.OfficeXXフォルダ(ここで、XXは使用しているバージョンです)をダブルクリックしますここではOffice12を例にしています

3.上記のフォルダーの下でOUTLOOK.EXEファイルを見つけて右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

4. [ 互換性 ]タブに切り替え、[ このプログラムを互換モードで実行する ]チェックボックスをオフにします。

$config[ads_text6] not found

5.次に、[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

6. Outlookを再度実行し、エラーメッセージを修正できるかどうかを確認します。

方法2:現在のプロファイルのナビゲーションウィンドウをクリアして再生成する

注:これにより、すべてのショートカットとお気に入りフォルダが削除されます。

Windowsキー+ Rを押し、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

Outlook.exe / resetnavpane

これがデフォルトのメールフォルダを開けないの修正できるかどうかを確認してください インフォメーションストアを開けませんでした。

方法3:破損したプロファイルを削除する

1. コントロールパネルを開き、検索ボックスに「 メール」と入力します

2.上記の検索結果のメール(32ビット)をクリックします。

3.次に、[ プロファイル ]の下の[ プロファイルの表示 ]をクリックします。

4.次に、すべての古いプロファイルを選択し、 [削除]をクリックします。

5. [OK]をクリックし、PCを再起動して変更を保存します。

方法4:Outlookデータファイル(.ost)を修復する

1.次のディレクトリに移動します。

64ビットの場合:C:\ Program Files(x86)\ Microsoft Office \ OfficeXX

32ビットの場合:C:\ Program Files \ Microsoft Office \ OfficeXX

注: XXは、PCにインストールされているMicrosoft Officeのバージョンです。

2. Scanost.exeを見つけてダブルクリックし、アプリケーションを起動します。

3.次のプロンプトで[OK]をクリックし、必要なオプションを選択して、[ スキャンの開始 ]をクリックします

注:「修復エラー」を確認してください。

4.これは、OSTファイルとそれに関連するエラーを正常に修復します。

あなたにおすすめ:

  • Windows 10でWindowsストアエラー0x803F7000を修正
  • GWXUXが機能しなくなったのを修正する方法
  • Windowsが発行元を確認できないため、このソフトウェアがブロックされていることを修正します
  • Windows 10で音の問題を修正する8つの方法

それはあなたが正常に修正できませんそれはあなたのデフォルトのメールフォルダを開くことができませんです。 インフォメーションストアを開くことができませんでしたが、このガイドに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事