Windows 10でWiFiに対してDHCPが有効になっていないのを修正

Windows 10でWiFiのDHCPが有効になっていないのを修正します。インターネットに接続できない場合、またはインターネット接続に制限がある場合は、DHCP(動的ホスト構成プロトコル)クライアントが無効になっている可能性があります。 これを確認するには、ネットワーク診断を実行すると、トラブルシューティングが終了し、エラーメッセージDHCPが「WiFi」に対して有効になっていないか、DHCPが「ワイヤレスネットワーク接続」に対して有効になっていません。

動的ホスト構成プロトコル(DHCP)は、IPアドレスなどのネットワーク構成パラメーターをすべてのDHCP対応クライアントに動的に配布するDHCPサーバーによって制御されるネットワークプロトコルです。 DHCPサーバーは、ネットワーク管理者がこれらの設定を手動で構成する必要性を減らすのに役立ちます。

現在、Windows 10ではDHCPがデフォルトで有効になっていますが、サードパーティのアプリまたはウイルスによって無効にされている場合、ワイヤレスアクセスポイントはDHCPサーバーを実行せず、DHCPサーバーは自動的にIPアドレスを割り当てず、 tインターネットにアクセスできる。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされているトラブルシューティングガイドを使用して、Windows 10でWiFiに対してDHCPが有効になっていないことを修正する方法を見てみましょう。

Windows 10でWiFiに対してDHCPが有効になっていないのを修正

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

それぞれの方法の後、DHCPが有効になっているかどうかを確認してください。これを行うには、このガイドに従ってください。

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

ipconfig / all

3. ワイヤレスLANアダプターWi-Fiまで下にスクロールし、 DHCP有効の下で「 はい 」と表示されます。

4. [DHCP有効]の下に[ いいえ ]が表示されている場合、この方法は機能せず、他の解決策も試す必要があります。

方法1:ネットワークトラブルシューティングツールを実行する

1. Windowsキー+ Rを押してからncpa.cpl入力し 、Enterキーを押してネットワーク接続を開きます。

2. Wifi接続を右クリックし、[ 診断 ]を選択します

3.ネットワークトラブルシューティングツールを実行すると、次のエラーメッセージが表示されます。 「ワイヤレスネットワーク接続」でDHCPが有効になっていません。

4.次に、問題を修正するために「次へ」をクリックします。 また、「 管理者としてこの修復を試す 」をクリックします。

5.次のプロンプトで、[ この修正を適用 ]をクリックします

6.PCを再起動して変更を保存し、Windows 10でWiFiに対してDHCPが有効になっていないことを修正できるかどうかを確認します。

方法2:ネットワークアダプター設定を介してDHCPを有効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、 ncpa.cplと入力してEnterキーを押します。

2. Wifi接続を右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

3. Wi-Fiプロパティウィンドウから、 インターネットプロトコルバージョン4を選択し、 プロパティをクリックします。

4.ここで、「 IPアドレスを自動的に取得する 」と「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する 」にチェックマークを付けてください。

5. [OK]をクリックし、もう一度[OK]をクリックして[閉じる]をクリックします。

6.PCを再起動して変更を保存します。

方法3:DHCPクライアントサービスを有効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

2.このリストでDHCPクライアントを見つけ、それをダブルクリックしてプロパティを開きます。

3.サービスがまだ実行されていない場合は、 スタートアップの種類が [ 自動 ]に設定されていることを確認し、[ 開始 ]をクリックします。

4. [適用]、[OK]の順にクリックします。

PCを再起動して変更を保存し、Windows 10でWiFiに対してDHCPが有効になっていないことを修正できるかどうかを確認します。

方法4:ウイルス対策とファイアウォールを一時的に無効にする

1.システムトレイのアンチウイルスプログラムアイコンを右クリックし、[ 無効にする]を選択します

2.次に、 アンチウイルスを無効にする期間を選択します。

注: 15分や30分など、できるだけ短い時間を選択してください

3.完了したら、もう一度Wifiにアクセスして、エラーが解決するかどうかを確認します。

4.Windowsの検索に「control」と入力し、検索結果から[コントロールパネル]をクリックします。

5.次に、 システムとセキュリティをクリックします

6.次に、 Windowsファイアウォールをクリックします。

7.左側のウィンドウペインで、[Windowsファイアウォールの有効化または無効化]をクリックします。

8. [Windowsファイアウォールをオフにする]を選択し、PCを再起動します。 もう一度Steamを実行してみて、Windows 10でWiFiに対してDHCPが有効になっていないことを修正できるかどうかを確認してください

上記の方法が機能しない場合は、まったく同じ手順に従ってファイアウォールを再度オンにしてください。

方法5:プロキシのチェックを外します

1. Windowsキー+ Rを押し 、次に「 inetcpl.cpl 」と入力してEnterキーを押し、 インターネットのプロパティを開きます。

2.次に、 [接続]タブに移動し、[LANの設定]を選択します。

3. [LANにプロキシサーバーを使用する]チェックボックスをオフにし、[ 設定を自動的に検出する ]がオンになっていることを確認します。

4. [OK]をクリックして[適用]をクリックし、PCを再起動します。

方法6:Winsock とTCP / IPを リセットする

1. Windowsボタンを右クリックし、「 コマンドプロンプト(管理者) 」を選択します

2.再度、管理者コマンドプロンプトを開いて次のように入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

  • ipconfig / flushdns
  • nbtstat -r
  • netsh int ip reset
  • netsh winsockリセット

3.再起動して変更を適用します。 Netsh Winsock Resetコマンドは、Windows 10のWiFiでDHCPが有効になっていないこと修正するようです。

方法7:ネットワークドライバーを再インストールする

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscと入力してEnterキーを押します。

2. [ネットワークアダプター]を展開し、WiFiアダプターを右クリックして[ アンインストール ]を選択します

3.もう一度、[ アンインストール ]をクリックして確認します。

4.次に、[ ネットワークアダプター ]を右クリックし、[ ハードウェア変更のスキャン ]を選択します

5.PCを再起動すると、Windowsがデフォルトのドライバーを自動的にインストールします。

方法8:ワイヤレスアダプタードライバーを更新する

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscと入力してEnterキーを押します。

2. [ ネットワークアダプター ]のワイヤレスアダプターを右クリックし、[ ドライバーの更新]を選択します。

3.「 コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します 」を選択します。

4.もう一度クリックします。「コンピュータで使用可能なドライバのリストから選択させてください。

5.リストから利用可能な最新のドライバーを選択し、[次へ]をクリックします。

6.PCを再起動して変更を保存し、Windows 10でWiFiに対してDHCPが有効になっていないことを修正できるかどうかを確認します。

方法9:CCleanerおよびMalwarebytesを実行する

1. CCleaner&Malwarebytesをダウンロードしてインストールします。

2. Malwarebytes実行して 、システムに有害なファイルがないかスキャンさせます。

3.マルウェアが見つかった場合、自動的に削除されます。

4.次に、 CCleanerを実行し、[Cleaner]セクションの[Windows]タブで、以下の選択項目を確認してクリーニングすることをお勧めします。

5.適切なポイントがチェックされていることを確認したら [ クリーナーを実行 ]をクリックして、CCleanerにコースを実行させます。

6.さらにシステムをクリーンアップするには、[レジストリ]タブを選択し、次の項目がオンになっていることを確認します。

7. [ 問題のスキャン] を選択し 、CCleanerにスキャンを許可して、[ 選択した問題の修正 ]をクリックします

8. CCleanerが尋ねたとき「 レジストリの変更をバックアップしますか? 」を選択します。

9.バックアップが完了したら、[選択したすべての問題を修正]を選択します。

10.PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • Steamui.dllの読み込みに失敗したSteamエラーの修正
  • Windows 10でドライブ、フォルダー、またはライブラリのテンプレートを変更する
  • 修正でSteamネットワークエラーに接続できなかった
  • Windows 10の誤ったクロック時間の問題を修正する

Windows 10でWiFiに対してDHCPが有効になっていないので問題はありませんが、このガイドに関する質問がある場合は、コメント欄で遠慮なく質問してください。

関連記事