ダウンロードしたファイルがWindows 10でブロックされないように修正する

Windows 10でダウンロードされたファイルがブロックされないように修正する:インターネット経由でダウンロードしたファイルを開いたり実行しようとすると、「 発行元を確認できなかったため、ファイルがセキュリティ上の脅威である可能性がある 」というセキュリティ警告が表示される場合があります 。 これは、Windowsがファイルのデジタル署名を検証できないために発生し、エラーメッセージが表示されます。 Windows 10には、添付ファイルが安全か安全でないかを識別する添付ファイルマネージャーが付属しています。ファイルが安全でない場合、ファイルを開く前に警告が表示されます。

Windows Attachment Managerは、IAttachmentExecuteアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を使用して、ファイルの種類とファイルの関連付けを検索します。 インターネットからいくつかのファイルをダウンロードしてディスク(NTFS)に保存すると、Windowsはこれらのダウンロードされたファイルに特定のメタデータを追加します。 これらのメタデータは、代替データストリーム(ADS)として保存されます。 Windowsがダウンロードファイルにメタデータを添付ファイルとして追加する場合、それはゾーン情報と呼ばれます。 このゾーン情報は表示されず、代替データストリーム(ADS)としてダウンロードファイルに追加されます。

ダウンロードしたファイルを開こうとすると、Windowsエクスプローラーもゾーン情報をチェックし、ファイルが不明なソースからのものかどうかを確認します。 Windowsがファイルが認識されない、または不明なソースからのものであることを認識すると、Windowsスマートスクリーンの警告が表示され、「 Windowsスマートスクリーンにより、認識されないアプリを起動できませんでした。 このアプリを実行すると、PCが危険にさらされる可能性があります

ファイルのブロックを解除する場合は、ダウンロードしたファイルを右クリックして[プロパティ]を選択することにより、手動でブロックを解除できます。 プロパティウィンドウの下にある「ブロックを解除する」にチェックマークを付け、[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。 ただし、ユーザーがこの方法を好むのは、ファイルをダウンロードするたびに行うのが非常に煩わしいため、代わりに追加のゾーン情報を無効にできるため、スマートスクリーンのセキュリティ警告が表示されないためです。 だから、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でダウンロードされたファイルがブロックされないようにする方法を見てみましょう。

ダウンロードしたファイルがWindows 10でブロックされないように修正する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:レジストリエディターでダウンロードされたファイルがブロックされるのを有効または無効にする

1. Windowsキー+ Rを押してから、 regeditと入力してEnterキーを押します。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies \ Attachments

3.添付ファイルフォルダが見つからない場合は、[ ポリシー ]右クリックし、[ 新規]> [キー ]を選択します

4.このキーにAttachmentsという名前を付け 、Enterキーを押します。

5.次に、[添付ファイル]を右クリックし、[ 新規]> [DWORD(32ビット)値 ]を選択します

6.新しく作成したDWORDにSaveZoneInformationという名前を付けEnterキー押し ます。

$config[ads_text6] not found

7. SaveZoneInformationをダブルクリックし、 値を1に変更します。

8.今後ゾーン情報を有効にする必要がある場合は、SaveZoneInformation DWORDを右クリックして [ 削除]を選択します。

9.レジストリエディターを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

これは、 ダウンロードしたファイルがWindows 10でブロックされないようにする方法ですが、問題が解決しない場合は、次の方法に従ってください。

方法2:ダウンロードされたファイルがグループポリシーエディターでブロックされるのを有効または無効にする

注:この方法はWindows 10 Home Editionユーザーには機能しません。Windows10 Pro、Education、Enterprise Editionでのみ機能するためです。

1. Windowsキー+ Rを押し、次にgpedit.mscと入力してEnterキーを押します。

2.次のポリシーに移動します。

ユーザーの構成>管理用テンプレート> Windowsコンポーネント>添付ファイルマネージャー

3. 添付ファイルマネージャを選択し、右側のウィンドウで[ ゾーン情報を添付ファイルに保存しない ]ポリシーをダブルクリックします

4.ここで、ゾーン情報を有効または無効にする必要がある場合は、次の手順を実行します。

ダウンロードしたファイルのブロックを有効にするには: [未構成]または[無効]を選択します

ダウンロードしたファイルのブロックを無効にするには: 有効を選択します

5. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

6.PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • Windows 10 PCのバックアップを作成する方法
  • PCがUEFIまたはレガシーBIOSを使用しているかどうかを確認します
  • Windows 10でバックグラウンドアプリを無効にする方法
  • Windows 10でバッテリーセーバーを有効または無効にする方法

以上で、 ダウンロードしたファイルがWindows 10でブロックされないように修正することができましたが、このチュートリアルに関して不明な点がある場合は、コメントのセクションでお気軽に質問してください。

関連記事