ChromeでERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDを修正する

Google Chromeでインターネットを閲覧しているときに、突然「 ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID 」というエラーメッセージが表示された場合は、 SSL(Secure Sockets Layer)の問題が原因でエラーが発生していることがわかります。 HTTPSを使用するWebサイトにアクセスしようとすると、ブラウザーはSSL証明書を使用してそのIDを検証します。 これで、証明書がWebサイトのURLと一致しない場合、「接続はプライベートではありません」エラーが発生します。

ユーザーがWebサイトのURLにアクセスしようとすると、ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDまたはサーバーの証明書が一致しないというエラーが発生しますが、SSL証明書のWebサイトのURLが異なります。 たとえば、ユーザーがwww.google.comにアクセスしようとしたが、SSL証明書がgoogle.com用である場合、 Chromeではサーバーの証明書がURLと一致しないか、ERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDエラーが表示されます。

日付と時刻が正しくない、ホストファイルがWebサイトをリダイレクトする、DNS構成が正しくない、ファイアウォールのAntivursの問題、マルウェアやウイルス、サードパーティの拡張機能など、この問題の原因となるさまざまな理由が考えられます。時間を無駄にせずに、 ChromeでERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID修正する方法

ChromeでERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDを修正する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:DNSをフラッシュしてTCP / IPをリセットする

1. Windowsボタンを右クリックし、「 コマンドプロンプト(管理者) 」を選択します

2.次に、次のコマンドを入力し、それぞれの後でEnterキーを押します。

 ipconfig / release ipconfig / flushdns ipconfig / renew 

3.もう一度、管理者コマンドプロンプトを開いて次のように入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 ipconfig / flushdns nbtstat –r netsh int ip reset netsh winsock reset 

4.再起動して変更を適用します。 DNSをフラッシュすると、ChromeのERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDが修正されるようです。

方法2:日付と時刻が正しいことを確認します

システムの日付と時刻の設定が原因でこの問題が発生する場合があります。 したがって、システムの日付と時刻は自動的に変更される場合があるため、修正する必要があります。

1.画面の右下にある時計アイコンを右クリックし、[ 日付と時刻の調整]を選択します

2.日付と時刻の設定が正しく構成されていない場合は、「 時刻を自動的に設定のトグルオフにしてから、変更」ボタンをクリックする必要があります。

3. [ 変更 日時 ]で必要な変更を行い、[ 変更 ]をクリックします

4.これが役立つかどうかを確認し、そうでない場合は、「 タイムゾーンを自動的に設定 」のトグルをオフにします

5. [タイムゾーン]ドロップダウンから、タイムゾーンを手動で設定します。

6.PCを再起動して変更を保存します。

または、必要に応じて、コントロールパネルを使用してPCの日付と時刻を変更することもできます。

方法3:ウイルス対策スキャンを実行する

ウイルス対策ソフトウェアでシステムをスキャンし、不要なマルウェアやウイルスをすぐに取り除く必要があります。 サードパーティのウイルス対策ソフトウェアをお持ちでない場合でも、Windows Defenderと呼ばれる組み込みのマルウェアスキャンツールであるWindows 10を使用できます。

1. Defenderファイアウォール設定を開き、 [Windows Defenderセキュリティセンターを開く ]をクリックします

2. [ ウイルスと脅威]セクションをクリックします。

3. 詳細セクションを選択し、Windows Defenderオフラインスキャンを強調表示します。

4.最後に、 今すぐスキャンをクリックします

5.スキャンが完了した後、マルウェアやウイルスが検出された場合、Windows Defenderはそれらを自動的に削除します。 」

6.最後に、PCを再起動し、Chromeで問題解決できるかどうかを確認します。 解決できない場合は続行します。

CCleanerとMalwarebytesを実行する

1. CCleaner&Malwarebytesをダウンロードしてインストールします。

2. Malwarebytes実行して 、システムに有害なファイルがないかスキャンさせます。

3.マルウェアが見つかった場合、自動的に削除されます。

4.次に、 CCleanerを実行し、[Cleaner]セクションの[Windows]タブで、以下の選択項目を確認してクリーニングすることをお勧めします。

5.適切なポイントがチェックされていることを確認したら [ クリーナーを実行 ]をクリックして、CCleanerにコースを実行させます。

6.さらにシステムをクリーニングするには、[レジストリ]タブを選択し、次の項目がオンになっていることを確認します。

7. [ 問題のスキャン] を選択し 、CCleanerにスキャンを許可してから、[ 選択した問題の修正 ]をクリックします

8. CCleanerが尋ねたとき「 レジストリの変更をバックアップしますか? 」を選択します。

9.バックアップが完了したら、[選択したすべての問題を修正]を選択します。

$config[ads_text6] not found

10.変更を保存するためにPCを再起動します。そうしないと、ChromeERR_CERT_COMMON_NAME_INVALID修正されます。そうでない場合は、次の方法に進みます。

方法4:GoogleパブリックDNSを使用する

場合によっては、WiFiネットワークが使用するデフォルトのDNSサーバーがChromeでエラーを発生させたり、デフォルトのDNSが信頼できない場合があります。そのような場合、Windows 10でDNSサーバーを簡単に変更できます。GoogleパブリックDNSを使用することをお勧めします信頼性が高く、コンピュータ上のDNSに関連する問題を修正できます。

方法5:Hostsファイルを編集する

「ホスト」ファイルは、ホスト名をIPアドレスにマップするプレーンテキストファイルです。 ホストファイルは、コンピュータネットワークのネットワークノードのアドレス指定に役立ちます。 アクセスしようとしているがChromeERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDが原因でアクセスできない Webサイトがホストファイルに追加されている場合は、特定のWebサイトを削除し、ホストファイルを保存して問題を修正します。 hostsファイルの編集は簡単ではないため、このガイドを一読することをお勧めします。

1.次の場所に移動します: C:\ Windows \ System32 \ drivers \ etc

2. hostsファイルをメモ帳で開きます。

3.アクセスできないWebサイトに関連するエントリ削除します。

4.hostsファイルを保存すると、ChromeでWebサイトにアクセスできる場合があります。

方法6:不要なChrome拡張機能を削除する

拡張機能は機能を拡張するためのChromeの非常に便利な機能ですが、これらの拡張機能がバックグラウンドで実行されている間、システムリソースを消費することを知っておく必要があります。 不要な拡張機能や不要な拡張機能が多すぎると、ブラウザのパフォーマンスが低下し、ChromeでERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDなどの問題が発生します。

1. 削除する 拡張機能のアイコンを右クリックします

2.表示されるメニューから[ Chromeから削除 ]オプションをクリックします。

上記の手順を実行すると、選択した拡張機能がChromeから削除されます。

削除する拡張機能のアイコンがChromeのアドレスバーに表示されない場合は、インストールされている拡張機能のリストから拡張機能を探す必要があります。

1. Chromeの右上にある3つのドットのアイコンをクリックします。

2.表示されたメニューから[ その他のツール ]オプションをクリックします。

3. [その他のツール]で、[ 拡張機能 ]をクリックします

4.Nowは、現在インストールされているすべての拡張機能表示するページを開きます。

5.各拡張機能に関連付けられたトグルをオフにして 、不要な拡張機能をすべて無効にします

6.次に、[ 削除]ボタンをクリックして、使用していない拡張機能を削除します。

9.削除または無効にするすべての拡張機能に対して同じ手順を実行します。

特定の拡張機能を無効にすることで問題が解決するかどうかを確認してください。この拡張機能が原因であり、Chromeの拡張機能のリストから削除する必要があります。 多くの場合、これらはChromeでERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDを引き起こす主な原因であるため、使用しているツールバーや広告ブロックツールを無効にするようにしてください

方法7:ウイルス対策ソフトウェアでSSLまたはHTTPSスキャンをオフにする

ウイルス対策には、HTTPS保護またはスキャンと呼ばれる機能があり、Google Chromeがデフォルトのセキュリティを提供できないため、このエラーが発生することがあります。

問題を解決するには、ウイルス対策ソフトウェアをオフにしててください 。 ソフトウェアをオフにした後でWebページが機能する場合は、安全なサイトを使用するときにこのソフトウェアをオフにしてください。 完了したら、必ずウイルス対策プログラムをオンに戻してください。 永続的な修正が必要な場合は、 HTTPSスキャン無効にしてみてください

1. Bit defenderウイルス対策ソフトウェアで、設定を開きます。

2.そこから、[プライバシーコントロール]をクリックし、[フィッシング対策]タブに移動します。

3. [フィッシング対策]タブで、[ SSLスキャン ] をオフにします

4.コンピュータを再起動すると、ChromeでERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDを正常に修正できる場合があります

方法8:ファイアウォールと ウイルス対策を 一時的に無効にする

サードパーティがインストールしたウイルス対策またはファイアウォールがERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDを引き起こす場合があります。 それが問題を引き起こしていないことを確認するには、インストールされているアンチウイルスを一時的に無効にし、ファイアウォールをオフにする必要があります。 問題が解決したかどうかを確認します。 多くのユーザーが、システムでファイアウォールを無効にすることでこの問題が解決したと報告しました。解決しない場合は、システムでアンチウイルスプログラムを無効にしてみてください。

1.システムトレイのアンチウイルスプログラムアイコンを右クリックし、[ 無効にする]を選択します

2.次に、 アンチウイルスを無効にする期間を選択します。

注:15分や30分など、できるだけ短い時間を選択してください。

3.完了したら、エラーが解決するかどうかを再度確認します。

方法9:エラーを無視してWebサイトに進む

最後の手段はWebサイトに進むことですが、これは、アクセスしようとしているWebサイトが保護されていることが確実な場合にのみ行ってください。

1. Chromeで、エラーが発生しているウェブサイトにアクセスします。

2.続行するには、まず[ 詳細 ]リンクをクリックします。

3.その後、「 www.google.com(安全でない)に進む 」を選択します。

このようにして、Webサイトにアクセスできますが、この接続は安全ではないため、この方法はお勧めできません。

推奨:

  • ハードウェアの問題によるWindowsのフリーズまたは再起動を修正する
  • PCが1分のループで自動的に再起動するのを修正
  • 評価付きのAndroid向けベストバッテリーセーバーアプリ7つ
  • XLSXファイルとは何ですか&XLSXファイルの開き方

上記の手順がChromeでのERR_CERT_COMMON_NAME_INVALIDの修正に役立つことを願っていますが、このガイドに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事