新しいメールアカウントを作成するときのエラー0x80070002を修正する

新しいメールアカウントを作成する際のエラー0x80070002を修正:新しいメールアカウントを作成しようとすると、突然エラーコード0x80070002がポップアップし、アカウントを作成できなくなります。 この問題の原因と思われる主な問題は、ファイル構造が破損しているか、メールクライアントがPSTファイル(個人用ストレージテーブルファイル)を作成しようとしているディレクトリにアクセスできないことです。 Outlookを使用してメールを送信したり、新しいメールアカウントを作成したりすると、主にこの問題が発生します。このエラーは、Outlookのすべてのバージョンで発生するようです。 さて、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたトラブルシューティングの手順でこのエラーを実際に修正する方法を見てみましょう。

新しいメールアカウントを作成するときのエラー0x80070002を修正する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

新しいメールアカウントを作成するとき、メールクライアントが最初に行うのはPSTファイルの作成です。何らかの理由でpstファイルを作成できない場合、このエラーが発生します。 これがケースであることを確認するには、次のパスに移動します。

C:\ Users \ YOUR USERNAME \ AppData \ Local \ Microsoft \ Outlook

C:\ Users \ YOUR USERNAME \ Documents \ Outlook Files

注: AppDataフォルダーに移動するには、Windowsキー+ Rを押して、「 %localappdata%」と入力してEnterキーを押します。

上記のパスに移動できない場合は、Outlookがパスにアクセスできるように、パスを手動で作成し、レジストリエントリを編集する必要があります。

1.次のフォルダに移動します:

C:\ Users \ YOUR USERNAME \ Documents \

2. Outlook2という新しいフォルダ名を作成します。

3. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

4.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \

5.次に、使用しているOutlookのバージョンに対応するOfficeの下のフォルダーを開く必要があります。 たとえば、Outlook 2013を使用している場合、パスは次のようになります。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 15.0 \ Outlook

6.これらは、さまざまなOutlookバージョンに対応する番号です。

Outlook 2007 = \ 12.0 \

Outlook 2010 = \ 14.0 \

Outlook 2013 = \ 15.0 \

Outlook 2016 = \ 16.0 \

7.そこに移動したら、レジストリ内の空の領域を右クリックし、[ 新規作成]> [文字列値]を選択します。

8.新しいキーに「 ForcePSTPath 」という名前を付け (引用符は不要)、Enterキーを押します。

9.それをダブルクリックし、その値を最初のステップで作成したパスに変更します。

C:\ Users \ YOUR USERNAME \ Documents \ Outlook2

注:ユーザー名を自分のユーザー名に置き換えてください

10. [OK]をクリックして、レジストリエディタを閉じます。

もう一度新しいメールアカウントを作成してみてください。エラーなく簡単に作成できます。

あなたにおすすめ:

  • Windows 10の検索ボックスが常にポップアップする問題を修正
  • Windows 10でデスクトップからホームグループアイコンを削除する
  • ボリュームアイコンの赤いXを修正する4つの方法
  • Windows 10でNVIDIAドライバーが常にクラッシュする問題を修正する

この投稿に関するクエリがまだある場合は、新しいメールアカウントを作成するときにエラー0x80070002を正常に修正できたので、コメントのセクションでお気軽に質問してください。

関連記事