エラーコード2755のWindowsインストーラを修正

エラーコード2755の修正Windowsインストーラー:新しいプログラムまたはソフトウェアアプリケーションをインストールしようとしたときにこのエラーが発生した場合、主な原因はウイルス/マルウェア、レジストリエラー、設定の誤設定などです。Windowsインストーラーのエラーコード2755では、プログラムをインストールすると、この問題を修正するまでポップアップし続けます。 このエラーは、Windowsインストーラーフォルダーの欠落と、さまざまな理由で競合しているように見える特定のアクセス許可の問題に関連していますが、このエラーコードを修正するためのトラブルシューティングの手順を示したので心配する必要はありません。

エラーコード2755のWindowsインストーラを修正

何か問題が発生した場合に備えて、復元ポイントを作成することをお勧めします。

方法1:C:\ Windowsの下にインストーラーフォルダーを作成する

1. PCのWindowsフォルダーに移動します。

 C:\ Windows 

2.次に空の場所で右クリックし、[ 新規]> [フォルダ ]をクリックします

3. 新しいフォルダーにインストーラーとして名前を付け、Enterキーを押します

4.PCを再起動して変更を保存します。

方法2:CCleanerとMalwarebytesを実行する

1. CCleaner&Malwarebytesをダウンロードしてインストールします。

2. Malwarebytesを実行し、システムをスキャンして有害なファイルを探します。

3.マルウェアが見つかった場合、自動的に削除されます。

4. [ クリーナー ]セクションの[ウィンドウ]タブで、クリーニングする次の選択項目を確認することをお勧めします。

5.適切なポイントがチェックされていることを確認したら、[ クリーナーを実行 ]をクリックして、CCleanerにコースを実行させます。

$config[ads_text6] not found

6.さらにシステムをクリーンアップするには、 [レジストリ]タブを選択し、次の項目がオンになっていることを確認します。

7. [ 問題のスキャン] を選択し 、CCleanerにスキャンを許可してから、[ 選択した問題の修正 ]をクリックします

8.CCleanerが「レジストリの変更をバックアップしますか?」 はいを選択します。

9.バックアップが完了したら、[選択したすべての問題を修正]を選択します。

方法3:Windowsインストーラーが実行されていることを確認する

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

2. Windowsインストーラーまでスクロールし、右クリックして[ プロパティ ]を選択します。

3.スタートアップの種類が[自動]に設定されていることを確認し、[開始]をクリックします。

4.次に、[適用]、[OK]の順にクリックして、PCを再起動します。

方法4:セットアップファイルを復号化する

1.セットアップファイルを右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

2.次に、 [全般]タブの[ 属性]で[詳細]をクリックします。

3. [コンテンツを暗号化してデータを保護する] チェックボックスオフにします。

4. [OK ]をクリックして、 [属性]ダイアログボックスを閉じます。

5.最後に、[適用]、[OK]の順にクリックして、PCを再起動します。

方法5:セットアップファイルにユーザーを追加する

1.もう一度、セットアップファイルを右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

2.次に[ セキュリティ]タブに切り替え、[編集]をクリックします。

3. [ グループ名またはユーザー名 ]で[追加]をクリックします。

4.必ずSYSTEMと入力して(Caps Lockで)、 「名前の確認」をクリックします

5.次に、[OK]をクリックし、ユーザーが追加されたら[フルコントロール]をオンにします。

6.最後に、[適用]、[OK]の順にクリックして、PCを再起動します。

これでエラーコード2755のWindowsインストーラーは正常に修正されましたが、このガイドに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事