Office 365アクティベーションエラーを修正するサーバーに接続できませんでした

Office 365のアクティベーションエラーを修正するサーバーに接続できませんでした 。Office365はWindows 10にプリインストールされている優れたツールですが、さらに使いたい場合は購入する必要があります。これは簡単な手順です。 しかし、Office 365のライセンス認証はどれほど難しいのでしょうか。 もしあなたがここにいるのなら、私を信じてください、それは非常に難しいですが、私たちがあなたの問題の解決策を持っていることを心配しないでください。 Office 365をアクティブ化すると、次のメッセージを伴うエラー0x80072EFDまたは0x80072EE2が表示される場合があります。

サーバーに接続できませんでした。 数分後にもう一度お試しください。

上記のエラーは、Office 365を購入したが、上記のエラーのためにアクティベーションできなかった多くのユーザーから報告されています。 この問題のトラブルシューティングに役立つ解決策がいくつかあります。

Office 365アクティベーションエラーを修正するサーバーに接続できませんでした

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:Windowsの日付と時刻を必ず更新してください。

1. Windowsキー+ Iを押して、[ 時間と言語]を選択します

2. [ 時刻を自動的に設定 する ]をオフにして 、正しい日付、時刻、タイムゾーンを設定します。

3.PCを再起動して変更を保存します。

方法2:プロキシを無効にする

1. Windowsキー+ Iを押して、[ ネットワークとインターネット ]をクリックします

2.左側のメニューから、[プロキシ]を選択します。

3. [プロキシサーバーを使用]でプロキシをオフにします。

4.Office 365アクティベーションエラーを修正できるかどうか再度確認しますサーバーに接続できませんでした。続行できない場合は続行してください。

5. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

6.コマンド ' netsh winhttp reset proxy '(引用符なし)を入力し、 Enterキーを押します。

7.上記のプロセスを完了させ、PCを再起動して変更を保存します。

方法3:ウイルス対策ソフトウェアを一時的にオフにする

ウイルス対策プログラムを無効にすると、Microsoft Office 365のアクティブ化にも役立ちます。これは、プログラムがインターネットにアクセスできない場合があるためです。

方法4:Windowsファイアウォールを一時的にオフにする

ファイアウォールを一時的に無効にして、インターネットへのMicrosoft Office 365のアクセスをブロックしている可能性があります。そのため、サーバーに接続できません。 Office 365のアクティブ化エラーを修正するには、サーバーに接続できませんでした 。Windowsファイアウォールを無効にしてから、Officeサブスクリプションをアクティブ化する必要があります

方法5:Microsoft Office 365を修復する

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コントロールパネル]を選択します

2. [プログラムのアンインストール]をクリックして office 365を探します

3. [ Microsoft Office 365 ]を選択し、ウィンドウの上部にある[ 変更 ]をクリックします。

4.次に、 クイック修復をクリックして、プロセスが完了するまで待ちます。

5.これで問題が解決しない場合は、Office 365をアンインストールして、もう一度インストールします。

6.プロダクトキーを入力して、 Office 365のライセンス認証エラーを修正できるかどうかを確認しますサーバーに接続できませんでした。

方法6:新しいDNSサーバーアドレスを追加する

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コントロールパネル]を選択します

2. [ネットワークとインターネット]の[ネットワークのステータスとタスクを表示する]を選択します

3.次に、Wi-Fiをクリックし、[ プロパティ ]をクリックします。

4. [ インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4) ]を選択し、[プロパティ]をクリックします。

5.次のDNSサーバーアドレスを使用することを選択し、これを書き込んでください。

優先DNSサーバー:8.8.8.8

代替DNSサーバー:8.8.4.4

6. [OK]をクリックし、もう一度[OK]をクリックして、開いているウィンドウを閉じます。

7. Windowsキー+ Xを押して、[コマンドプロンプト(管理者)]を選択します。

8.次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

 ipconfig / flushdns 

9.Office 365のライセンス認証を再度試みます。

方法7:Office 365をアンインストールして再インストールする

1.Officeをアンインストールするには、この簡単な修正ボタンをクリックします。

2.上記のツールを実行して、Office 365をコンピューターから正常にアンインストールします。

3.Officeを再インストールするには、PCまたはMacにOfficeをダウンロードしてインストールまたは再インストールするの手順に従ってください。

4.Office 365を再度アクティブ化してみます。今回は機能します。

これで、 Office 365アクティベーションエラーは正常に修正されました。サーバーに接続できませんでしたが、このガイドに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

$config[ads_text6] not found

関連記事