Windows 10でのOneDrive同期の問題を修正する

OneDriveはWindows 10でファイルを同期しませんか? または、OneDrive同期エラー(赤いアイコン付き)に直面していますか? 今日は心配しないでください。問題を修正するための8つの方法について説明します。

OneDriveはMicrosoftのクラウドストレージデバイスであり、ファイルをオンラインでバックアップするのに役立ちます。 OneDriveにファイルを保存すると、いつでもどのデバイスからでもアクセスできます。 OneDriveは、仕事や個人の記録をクラウドやその他のデバイスに同期するのにも役立ちます。 OneDriveに保存されたファイルは、1つのリンクを介して非常に簡単に共有できます。 クラウドにデータを保存しているため、物理スペースやシステムスペースは使用されていません。 したがって、OneDriveは、人々が主にデータを扱うこの世代で非常に役立つことが証明されています。

このツールはユーザーに多くの利点をもたらすため、ユーザーにとって非常に重要になっています。 ユーザーがOneDriveにアクセスできない場合、代替手段を探す必要があり、それは非常に慌ただしくなります。 OneDriveでの作業中にユーザーが直面しなければならない多くの問題がありますが、同期が最も一般的な問題であることが判明しました。 作業に影響を与える可能性が最も高い同期の問題は、アカウントの問題、古いクライアント、不適切な構成、ソフトウェアの競合が原因です。

Windows 10でのOneDrive同期の問題を修正する

OneDriveでの同期の問題を修正するためのさまざまな方法を見つけました。 これらのメソッドは次のとおりです。

$config[ads_text6] not found

方法1:OneDriveアプリを再起動します

まず、高度なトラブルシューティングを行ってOneDriveの同期の問題を解決する前に、OneDriveを再起動してみてください。 OneDriveアプリを再起動するには、以下の手順に従ってください:

1.デスクトップまたはPCの画面の右下隅にあるOneDriveボタンをクリックします。

2.以下に示すように、画面の右下隅にある[ 詳細 ]ボタンをクリックします。

3.リストの[OneDrive閉じる ]オプションをクリックします。

4.OneDriveを閉じるかどうかを尋ねる前に、ポップアップボックスが表示されます。 [ OneDrive閉じる]をクリックして続行します。

5.次に、Windows検索を使用してOneDriveアプリを再度開きます。

6.OneDriveウィンドウが開いたら、アカウントにサインインできます。

すべての手順を実行すると、OneDriveがコンテンツの同期を再開します。ファイルの同期でまだ問題が発生している場合は、以下の方法を続行する必要があります。

方法2:ファイルサイズを確認する

OneDriveの無料アカウントを使用している場合、使用可能なストレージは限られています。 そのため、ファイルを同期する前に、アップロードするファイルのサイズとOneDriveの空き容量を確認する必要があります。 ファイルが十分に大きい場合、ファイルは同期されず、同期の問題が発生します。 そのようなファイルをアップロードするには、ファイルを圧縮してから、そのサイズが使用可能なスペース以下であることを確認してください。

方法3:OneDriveアカウントを再接続する

アカウント接続が原因でOneDriveの同期の問題が発生する場合があります。 したがって、OneDriveアカウントを再接続することで、問題が解決する可能性があります。

1.デスクトップまたはPCの画面の右下隅にあるOneDriveボタンをクリックします。

2.画面右下の[ 詳細 ]オプションをクリックします。

3.メニューがポップアップします。 開いたメニューから[設定]オプションをクリックします。

4. [設定]で、[ アカウント ]タブに切り替えます。

5. [ このPCのリンクを解除する ]オプションをクリックします。

6.確認ボックスが表示され、PCからアカウントのリンクを解除するように求められます。 Unlinkアカウントをクリックして続行します。

7.次に、検索バーを使用して検索して、 OneDriveアプリを再度開きます。

8.電子メールウィザードで電子メールをもう一度入力します。

9.メールアドレスを入力した後、 サインインオプションをクリックしてください。

10. アカウントのパスワードを入力し 、もう一度[ サインイン]ボタンクリックして続行します。 [ 次へ]をクリックして続行します。

11.画面の指示に従って続行します。

また読む: OneDriveの使用方法:Microsoft OneDriveの概要

すべての手順を完了すると、アカウントが再度リンクされ、すべてのファイルがコンピューター上で再び同期を開始する場合があります。

方法4:コマンドプロンプトを使用してOneDriveをリセットする

設定が破損していると、Windows 10でOneDriveの同期の問題が発生することがあります。そのため、OneDriveをリセットすると、問題が解決する場合があります。 コマンドプロンプトを使用してOneDriveを簡単にリセットできます。次の手順に従ってください。

1.検索バーを使用してコマンドプロンプトを検索して開きます。

2.検索リストの上部に表示される結果を右クリックして、 [ 管理者として実行]を選択します。

3.確認を求められたら、[ はい]をクリックします。 管理者のコマンドプロンプトが開きます。

4.コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

%localappdata%\ Microsoft \ OneDrive \ onedrive.exe / reset

5.OneDriveアイコンが通知トレイから消え、しばらくすると再び表示されます。

注: OneDriveの標識が再び表示されるまでには時間がかかる場合があります。

上記のすべての手順を完了した後、OneDriveアイコンが再び表示されると、すべてのOneDrive設定がデフォルトに復元され、すべてのファイルが問題なく適切に同期されます。

方法5:同期フォルダーの設定を変更する

同期フォルダーの設定にいくつかの変更を加えたか、一部のフォルダーの同期を制限したため、一部のファイルまたはフォルダーが同期しない場合があります。 これらの設定を変更すると、問題が解決する場合があります。 同期フォルダーの設定を変更するには、次の手順に従います。

1.デスクトップまたはPCの画面の右下隅にあるOneDriveボタンをクリックします。

2.画面右下の[ 詳細 ]オプションをクリックします。

3.開いたメニューから設定オプションをクリックします。

4. [設定]で、トップメニューから[ アカウント ]タブに切り替えます。

5.「アカウント」の下で、 「フォルダ選択」ボタンをクリックします。

チェックされていない場合は、[ すべてのファイルを使用可能にする]の横にあるチェックボックスをオンにします。

ダイアログボックスの下部にある[ OK ]ボタンをクリックします。

上記の手順を完了すると、エクスプローラーを使用してすべてのファイルとフォルダーを同期できるようになります。

方法6: 利用可能なストレージを確認する

OneDriveに十分な空き容量がないために、ファイルがOneDriveと同期できないもう1つの理由。 OneDriveで利用可能なストレージまたはスペースを確認するには、次の手順に従います。

1.デスクトップまたはPCの画面の右下隅にあるOneDriveボタンをクリックします。

2.画面の右下隅にある[ 詳細 ]オプションをクリックします。

3.開いたメニューから設定オプションをクリックします。

4. [設定]で、トップメニューから[ アカウント ]タブに切り替えます。

5. [アカウント] で、OneDriveアカウントで利用可能なスペースを探します。

上記の手順を完了した後、OneDriveアカウントのスペースがストレージの制限に近づいていることがわかった場合は、スペースを空にするか、アカウントをアップグレードして、より多くのファイルを同期するためのストレージを増やす必要があります。

一部のスペースをクリーンアップまたは解放するには、次の手順に従います。

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ システム ]をクリックします。

2.左側のパネルにあるメニューから[ ストレージ ]オプションをクリックします。

3.右側のWindows(C)で、[ 一時ファイル ]オプションをクリックします。

4. [一時ファイル]で、 削除するコンテンツの横にあるすべてのチェックボックスをオンにして、OneDriveのスペースを空けます。

5.ファイルを選択した後、ファイルの削除オプションをクリックします。

すべての手順を完了すると、選択したファイルが削除され、OneDriveに空き領域ができます。

OneDriveのストレージを増やすには、以下の手順に従ってください:

1.デスクトップまたはPCの画面の右下隅にあるOneDriveボタンをクリックします。

2. [ その他 ]オプションをクリックし、開いたメニューから[設定]オプションをクリックします。

3. [設定]で、[ アカウント ]タブに切り替えます。

4. [アカウント]で、[ ストレージを追加取得 ]リンクをクリックします。

5.次の画面で、さまざまなオプションが表示されます。 ニーズと予算に応じて、プランを選択すると、OneDriveストレージがアップグレードされます。

$config[ads_text6] not found

方法7:設定を変更してアップロードとダウンロードの帯域幅を制限する

多くの場合、OneDriveでファイルをダウンロードおよびアップロードするために設定した制限のために、ファイルが同期されないことがあります。 その制限を削除することで、問題が解決する場合があります。

1.デスクトップまたはPCの画面の右下隅にあるOneDriveボタンをクリックします。

2. [ その他 ]オプションをクリックし、開いたメニューから[設定]オプションをクリックします。

3. [設定]で、[ ネットワーク ]タブに切り替えます。

4. [ アップロード速度]セクションで、[ 制限しない ]オプションを選択ます。

5. [ ダウンロードレート]セクションで、[ 制限しない ]オプションを選択ます。

6. [ OK ]ボタンをクリックして変更を保存します。

これらの手順を完了すると、すべての制限が削除され、すべてのファイルが正しく同期されます。

方法8:コンピューターのセキュリティを無効にする

Windows Defenderアンチウイルス、ファイアウォール、プロキシなどのコンピューターセキュリティソフトウェアが原因で、OneDriveがファイルを同期できない場合があります。 通常は発生しない可能性がありますが、このエラーが原因でファイルが同期していないと思われる場合は、セキュリティ機能を一時的に無効にすることで問題を解決できます。

Windows Defenderアンチウイルスを無効にする

Windows Defenderアンチウイルスを無効にするには、次の手順に従います。

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ 更新とセキュリティ ]をクリックします。

2.左側のパネルから[ Windowsセキュリティ ]オプションをクリックし、 [Windowsセキュリティを開く ]または[Windows Defenderセキュリティセンターを開く ]ボタンをクリックします。

3.新しいウィンドウでウイルスと脅威の保護設定をクリックします。

4. 次に 、リアルタイム保護の下のトグルをオフにします

5.コンピュータを再起動して変更を保存します。

上記の手順を完了したら、Windows 10でOneDriveの同期の問題を修正できるかどうかを確認します。問題が見つかったら、 リアルタイム保護のトグルを再度オンにすることを忘れないでください

Windows Defenderファイアウォールを無効にする

Windows Defenderファイアウォールを無効にするには、次の手順に従います。

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ 更新とセキュリティ ]をクリックします。

2.左側のパネルから[ Windowsセキュリティ ]オプションをクリックし、 [Windowsセキュリティを開く ]または[Windows Defenderセキュリティセンターを開く ]ボタンをクリックします。

3. ファイアウォールとネットワーク保護をクリックします。

4. [ファイアウォールとネットワーク保護]の[ プライベートネットワーク ]オプションをクリックします。

5. Windows Defender Firewallトグルスイッチを オフにます。

5.確認を求められたら、[ はい]をクリックします。

上記の手順を完了したら、 Windows 10でOneDriveの同期の問題を修正するかどうかを確認します。 問題を見つけたら、Windows Defenderファイアウォールを有効にするトグルを再度オンにすることを忘れないでください。

プロキシ設定を無効にする

プロキシ設定を無効にするには、次の手順に従います。

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ ネットワークとインターネット ]をクリックします。

2.左側のメニューから[ プロキシ ]を選択し、[自動プロキシ設定]で、[ 設定自動的に検出する]の横のスイッチをオンにます

3. [ セットアップスクリプト使用]の横のトグルスイッチをオフにします

4. [手動プロキシ設定]で、[プロキシサーバー使用する]の横のトグルスイッチをオフにます。

すべての手順を完了したら、OneDriveがファイルの同期を開始するかどうかを確認します。

推奨:

  • Windows 10にDirectXをインストールできない問題を修正
  • コンピュータの速度を上げるための15のヒント

うまくいけば、上記の方法を使用して、Windows 10でのOneDriveの同期の問題を解決できるようになります。

関連記事