デスクトップから消えたタスクバーを修正

システムにアクセスして、 タスクバーが見つからない、またはデスクトップからタスクバーが消えた場合はどうなりますか? では、プログラムをどのように選択しますか? 失踪の理由として何が考えられますか? タスクバーを元に戻すには? この記事では、ウィンドウのさまざまなバージョンでこの問題を解決します。

タスクバーがデスクトップから消えたのはなぜですか?

まず、タスクバーが表示されない理由を理解しましょう。 これには複数の理由が考えられますが、主な理由は次のとおりです。

  1. タスクバーが自動非表示に設定されており、表示されなくなった場合。
  2. 「explorer.exe」プロセスがクラッシュする場合があります。
  3. 画面の表示の変化により、タスクバーが表示領域から外れる場合があります。

デスクトップから消えたタスクバーを修正

注:何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

現在、これらがタスクバーの欠落の原因である可能性があることがわかっています。 基本的な解決策は、これらすべての条件を解決する方法でなければなりません(理由のセクションで説明しました)。 一つ一つ私たちはそれぞれのケースを解決しようとします:

方法1:タスクバーを再表示します。

タスクバーが非表示になっていて欠落していない場合は、マウスを画面の下部に移動すると、下部に表示されるか、マウスカーソルをタスクバーの場所(以前に配置されていた場所)に移動すると、目に見える。 カーソルを置いてタスクバーが表示されている場合は、タスクバーが非表示モードになっていることを意味します。

1.タスクバーを再表示するには、 コントロールパネルに移動し、[ タスクバーとナビゲーション ]をクリックします

注:タスクバーを右クリックして(表示できる場合)タスクバー設定を開き、タスクバー設定を選択することもできます。

2.タスクバーのプロパティウィンドウで、「 タスクバーを自動的に隠す 」のトグルをオフにします。

方法2:エクスプローラーを再起動します。

最初の方法が機能しない場合は、「Explorer.exe」を再起動する必要があります。 タスクバーが表示されない最も強力な理由の1つです。 Explorer.exeは、ウィンドウ内のデスクトップとタスクバーを制御するプロセスです。

1. Ctrl + Shift + Escキーを同時に押してタスクマネージャーを起動します。

リストからexplorer.exeを見つけて右クリックし、 [タスクの終了 ]を選択します。

3.これで、エクスプローラーが閉じ、再度実行するには、 [ファイル]> [新しいタスクを実行]をクリックします。

4. explorer.exeと入力し、[OK]をクリックしてエクスプローラーを再起動します。

5.タスクマネージャーを終了します。これにより、デスクトップの問題から消えたタスクバー修正されます。

方法3:システムの画面表示

最後の2つのメソッドがタスクバーに戻らない場合。 次に、システムの表示を確認します。

メインウィンドウ画面で、 ウィンドウキー+ Pを押すと、 ディスプレイ設定が開きます。

Window 8またはWindows 10を使用している場合は、画面の右側にポップオーバーが表示されます。 オプションがまだ選択されていない場合は、必ず「 PC画面のみ 」オプションを選択し、 Windows 10でデスクトップの問題からタスクバーが消える問題修正できるかどうかを確認してください

注: Windows 7では、「 コンピューターのみ 」オプションが表示されるので、そのオプションを選択します。

方法4:タブレットモードを無効にする

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ システム ]をクリックします。

2.左側のメニューから、必ずタブレットモードを選択してください。

3. Windowsでタブレットモード無効にするには、次のオプションを選択してください。

4.PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • Windows 10でHDMIサウンドが機能しない問題を修正
  • Windows 10でRealtek HDオーディオドライバーを更新する方法
  • サービスホストの修正:ローカルシステムのCPUおよびディスク使用率が高い
  • Windows Updateエラー80244019を修正する方法

上記の手順がデスクトップから消えたタスクバー修正するのに役立つことを願っていますが、このガイドに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく尋ねてください。

関連記事