このWindowsのコピーが本物のエラーではないことを修正

特定の更新後、コンピューターの画面が突然、小さなエラーメッセージ「 このWindowsのコピーは本物ではありません 」で黒くなる場合、この問題を解決するには、Windowsをアクティブにするか、プロダクトキーを入力する必要があります。 Windowsをアクティブ化するまで、PCの背景を変更することはできません。それまでは、黒い背景で管理する必要があります。

ここで、サードパーティのストアからMicrosoft Windows OSを購入しないようにしてください。問題が発生した場合は、サポートについてベンダーに問い合わせる必要があるためです。 ただし、Windowsを認定販売者から購入した場合は、Microsoftサポートが上記の問題を含め、直面している問題を解決します。

「このWindowsのコピーは本物ではありません」というエラーが表示されるのはなぜですか?

Windowsが本物のエラーメッセージではない主な理由は、30日間の試用期間後、Windows OSが適切なライセンスでアクティブ化されるためです。 同様に、ライセンスキーが無効、ブロック、または期限切れの場合にも、上記のエラーメッセージが表示されることがあります。 同じキーを使用して複数のWindowsをアクティブ化しようとすると、Microsoftがライセンスをブロックする可能性があるため、Windowsのアクティブ化に使用されるプロダクトキーを家族や友人と共有しないでください。

注:以下の方法は、ユーザーがマイクロソフトまたはサードパーティの認定リセラーから直接購入したWindowsでの「このコピーはWindowsは本物ではありません」というエラーメッセージを修正するためにのみ使用できます。 この方法では、Windowsの海賊版を正規のものに変換することはなく、以下の方法を使用して海賊版Windowsコピーをアクティブ化することもできません。

このWindowsのコピーが本物のエラーではないことを修正

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:システムのライセンスステータスをリセットする

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

SLMGR_REARM

3.上記のコマンドが機能しない場合は、次のコマンドを試してください。

SLMGR -REARMまたはSLMGR / REARM

4.ポップアップウィンドウが表示され、「 コマンドが正常に完了しました 」と表示されます。変更を保存するには、システムを再起動する必要があります。

5.上記のポップアップが表示されない場合は、代わりに「 この最大リアーム数を超えています」というエラーメッセージが表示されます。

a)Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

b)次のレジストリキーに移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ SoftwareProtectionPlatform 

c) SoftwareProtectionPlatformを選択し、右側のウィンドウペインでSkipRearmキーをダブルクリックします。

d) 値を0から1に変更し、 [OK]をクリックします。

e)PCを再起動して変更を保存します。

再起動後、 slmgr -rearmコマンドをさらに8回使用できるようになります。これにより、Windowsをアクティブ化するのにさらに240日かかります。 したがって、Windowsをアクティブ化する必要があるまで、合計で1年間Windowsを使用できます。

方法2:KB971033アップデートをアンインストールする

Windows 7 KB971033 」アップデートが自動的にインストールされるまで、問題なくWindowsが実行されている可能性があります。 この更新の内容は、Windows OSの検出に役立つ「 Windows Activation Technologies 」をインストールすることです。 使用しているWindows OSのコピーが本物ではないことがわかると、デスクトップの右下に「 Windows 7ビルド7601このウィンドウのコピーは本物ではない 」というメッセージが表示されます。 そのアップデートをアンインストールして、問題を取り除くことを決定できます。

1.「スタート」に移動して「 コントロール 」と入力し、結果をクリックしてコントロールパネルを開きます。

2. [ システムとセキュリティ ]を選択し、[ Windows Update ]をクリックします。

3.次に、「 インストールされたアップデートを表示する 」オプションをクリックします。

4.または、「 更新履歴の表示 」を選択して、上から「 更新のインストール 」リンククリックすることもできます。

5.アップデート(KB971033)を見つけて右クリックし、「 アンインストール 」を選択します。

6. PCを再起動し、 このWindowsのコピーが正規のエラーではないことを修正できるかどうかを確認します

方法3:Windows自動更新をオフにする

1.「スタート」に移動して「コントロール」と入力し、結果をクリックしてコントロールパネルを開きます。

2.Nowコントロールパネルから、[ システムとセキュリティ]> [Windows Update]> [自動更新をオンまたはオフにする]に移動します。

3.そのドロップダウンリストから、「重要な」更新セグメントから「 更新を確認しない(非推奨) 」オプションを選択します。

4. [OK]をクリックして、新しい設定を変更します。

5.変更を保存するには、PCを再起動します。

Windows 10の導入により、以前のバージョンのWindowsのように、コントロールパネルを使用してWindowsの更新を有効または無効にすることができなくなります。 これは、ユーザーがWindows自動更新を好きなだけでダウンロードしてインストールすることを強いられるため、ユーザーには機能しませんが、Windows 10でWindows Updateを無効またはオフにする回避策があるため心配する必要はありません。

方法4:Windowsの正規のコピーを登録する

1.「スタート」メニューから、「 Windowsのライセンス認証」と入力します。

2. キーをお持ちの場合は、[ プロダクトキーを再入力してください]をクリックします。

3.上記のボックスにライセンスキー入力し、 [OK]をクリックします。

4.数分後、Windowsがアクティブ化され、「 Windowsは正規のメッセージではありません」 というメッセージがデスクトップに表示されなくなります。

または

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ Windowsが起動していません ]をクリックします 下部にある「 今すぐWindowsをライセンス認証する 」。

2.次に、「 Windowsのアクティブ化」の下の「 アクティブ化 」をクリックします。

3.現在インストールされているプロダクトキーでWindowsをライセンス認証できるかどうかを確認します。

4.それができない場合は、「 Windowsをアクティブにできません 」というエラーが表示されます。 あとでもう一度試してみてください。

5. [ プロダクトキーの変更]をクリックし、25桁のプロダクトキーを入力します。

Windowsのライセンス認証を行うには、[Windowsのライセンス認証]画面で[ 次へ]をクリックします。

7.Windowsがアクティブ化されたら、[ 閉じる ]をクリックします。

これでWindows 10が正常にアクティベートされますが、それでも問題が解決しない場合は、次の方法を試してください。

推奨:

  • ワイヤレスアダプターまたはアクセスポイントの問題を修正する
  • Windows 10で重要な構造の破損エラーを修正する
  • Windows 10にDirectXをダウンロードしてインストールする
  • Outlookをセーフモードで起動する方法

上記の手順がこのWindowsのコピー修正するのに役立つことを願っていますが、このチュートリアルに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事