ローカルディスク(C :)を開けないのを修正

ローカルディスク(C :)を開けないのを修正:ローカルディスク(C :)または(D :)上のファイルにアクセスしようとするたびに、「アクセスが拒否されました。 C:\にアクセスできません」またはポップアップ「開く」ダイアログボックスでファイルにアクセスできなくなります。 いずれにしても、コンピューターのローカルディスクにアクセスできなくなり、この問題をできるだけ早く修正する必要があります。 エクスプローラを使用するか、右クリックして[開く]を選択しても、少しは役に立ちません。

さて、この問題の主な問題または原因は、お使いのPCに感染して問題を引き起こしているウイルスのようです。 したがって、時間を無駄にせずに、以下のトラブルシューティングガイドを利用して、ローカルディスク(C :)を開くことができない問題を実際に修正する方法を見てみましょう。

ローカルディスク(C :)を開けないのを修正

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:CCleanerとMalwarebytesを実行する

1. CCleaner&Malwarebytesをダウンロードしてインストールします。

2. Malwarebytes実行して 、システムに有害なファイルがないかスキャンさせます。

3.マルウェアが見つかった場合、自動的に削除されます。

4.次に、 CCleanerを実行し、[Cleaner]セクションの[Windows]タブで、以下の選択項目を確認してクリーニングすることをお勧めします。

5.適切なポイントがチェックされていることを確認したら [ クリーナーを実行 ]をクリックして、CCleanerにコースを実行させます。

6.さらにシステムをクリーンアップするには、[レジストリ]タブを選択し、次の項目がオンになっていることを確認します。

7. [ 問題のスキャン] を選択し 、CCleanerにスキャンを許可して、[ 選択した問題の修正 ]をクリックします

8. CCleanerが尋ねたとき「 レジストリの変更をバックアップしますか? 」を選択します。

9.バックアップが完了したら、[選択したすべての問題を修正]を選択します。

10.PCを再起動して変更を保存し、 ローカルディスクを開けない(C :)問題修正できるかどうかを確認します

方法2:MountPoints2レジストリエントリを削除する

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

2.Ctrl + Fキーを押して検索を開き、 MountPoints2入力して 、[次を検索]をクリックします。

3.MousePoints2を右クリックし、[ 削除]を選択します

4.もう一度、他のMousePoints2エントリを検索し、1つずつすべて削除します。

5.PCを再起動して変更を保存し、 ローカルディスク(C :)を開けない問題を修正できるかどうかを確認します

方法3:Autorun Exterminatorを実行する

Autorun Exterminatorをダウンロードして実行し、問題を引き起こしている可能性があるPCから自動実行ウイルスを削除します。

方法4:所有権を手動で取得する

1. [マイコンピュータ]または[このPC]を開き、[ 表示 ]をクリックして[ オプション ]を選択します

2. [表示]タブに切り替え、 [ 共有ウィザードを使用する(推奨) ]オフにし ます

3. [適用]、[OK]の順にクリックします。

4.ローカルドライブを右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

5. [ セキュリティ]タブに切り替え、[ 詳細設定 ]をクリックします

6. [ 権限の変更 ]をクリックし、リストから[ 管理者 ]を選択して、[ 編集 ]をクリックします

7.「 フルコントロール 」にチェックマークを付け、「OK」をクリックします。

8.もう一度、[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

9.次に、[ 編集 ]をクリックし、[ 管理者のフルコントロール]チェックボックスをオンにします

10. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックし、次のウィンドウでこの手順を繰り返します。

11.PCを再起動して変更を保存すると、ローカルディスク(C :)を開けないという問題が修正されます。

このMicrosoftガイドに従って、フォルダーまたはファイルのアクセス許可を取得することもできます。

方法5:ウイルスを手動で削除する

1.もう一度[ フォルダオプション ]に移動し、[隠しファイル、隠しフォルダ、および隠しドライブを表示します

2.次のチェックを外します:

空のドライブを隠す

既知のファイルタイプの拡張子を隠す

保護されたオペレーティングシステムファイルを非表示にする(推奨)

3. [適用]、[OK]の順にクリックします。

4. Ctrl + Shift + Escキーを押してタスクマネージャーを開き、プロセスタブでwscript.exeを見つけます

5. wscript.exeを右クリックし、[ プロセスの終了 ]を選択します。 wscript.exeのすべてのインスタンスを1つずつ終了します。

タスクマネージャーを閉じて、エクスプローラーを開きます。

7.「 autorun.inf 」を検索し、コンピューター上のautorun.infのすべてのインスタンスを削除します。

注: C:ルートのAutorun.infを削除します。

8.MS32DLL.dll.vbsというテキストを含むファイルも削除します

9.Shift + Delete キーを押して、ファイルC:\ WINDOWS \ MS32DLL.dll.vbsを完全に削除します。

10.Windowsキー+ Rを押してから、 regeditと入力してEnterキーを押します。

11.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Run \

12.右側のウィンドウでMS32DLLエントリを見つけて削除します。

13.次に、次のキーを参照します。

HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Internet Explorer \ Main

14.右側のウィンドウから、ウィンドウタイトル「 Hacked by Godzilla 」を見つけて、このレジストリエントリを削除します。

15.レジストリエディターを閉じ、Windowsキー+ Rを押してから、 msconfigと入力してEnterキーを押します。

16. [サービス]タブに切り替えてMS32DLLを見つけ、 [ すべて有効する]を選択します

17. 次に 、MS32DLLのチェックを外し 、[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

18. ごみ箱を空にしてPCを再起動し、変更を保存します。

方法6:新しいユーザーアカウントを作成する

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ アカウント ]をクリックします。

2.左側のメニューの[家族と他の人]タブをクリックし、 [他の人]の下の[ このPCに他の人を追加 ]をクリックします。

3.下部にあるこのユーザーのサインイン情報持っていないをクリックします。

4.下部にあるMicrosoftアカウントなしでユーザーを追加を選択します

5.新しいアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、[次へ]をクリックします。

$config[ads_text6] not found

推奨:

  • Windows 10がランダムにクラッシュする問題を修正
  • MTP USBデバイスドライバーのインストールの失敗を修正
  • 選択タスク「{0}」が存在しないエラーの修正方法
  • 起動時にWindows 10がフリーズするのを修正

ローカルディスク(C :)を開くことができない問題を正常に解決できましたが、この投稿に関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事