Windows 10でWiFiが自動的に接続しない問題を修正

Windows 10でWiFiが自動的に接続しない問題を修正: Windows 10 PCが保存されたWiFiネットワークに自動的に接続できない問題に直面している場合でも、ネットワークを自動的に接続するように正しく設定しているので心配しないでください。今日はこの問題を修正する方法を見ていきます。 問題は、PCを起動すると、WiFiがWindows 10で自動的に接続されないため、利用可能なネットワークを手動で探し、保存されているネットワーク接続を選択して[接続]を押す必要があることです。 ただし、[自動的に接続する]チェックボックスをオンにすると、WiFiが自動的に接続されます。

さて、この問題の特定の原因はありませんが、これは簡単なシステムアップグレードが原因である可能性があります。その後、電力を節約するためにWiFiアダプターがオフになり、問題を解決するために設定を通常に戻す必要があります。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下のトラブルシューティングガイドを利用して、Windows 10でWiFiが自動的に接続しない問題を修正する方法を見てみましょう。

Windows 10でWiFiが自動的に接続しない問題を修正

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:WiFiネットワークを忘れる

1.システムトレイのワイヤレスアイコンをクリックし、[ ネットワーク設定 ]をクリックします

2. [ 既知のネットワークの管理 ]をクリックして、保存されたネットワークのリストを取得します。

3.次に、Windows 10がパスワードを記憶しないパスワードを選択し、[削除]をクリックします。

4.システムトレイのワイヤレスアイコンをクリックして、ネットワークに接続すると、パスワードの入力を求められます。ワイヤレスパスワードをお持ちであることを確認してください。

5.パスワードを入力すると、ネットワークに接続し、Windowsがこのネットワークを保存します。

6. PCを再起動し、同じネットワークに接続してみます。 この方法は、Windows 10でWiFiが自動的に接続しない問題修正するようです。

方法2:WiFiアダプターの電源管理設定を調整する

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscと入力してEnterキーを押します。

2. [ ネットワークアダプタ ]を展開し、インストールされているネットワークアダプタを右クリックして、[ プロパティ ]を選択します。

3. [ 電源の管理]タブに切り替え、 [コンピュータでこのデバイスの電源をオフにして電力を節約できるようにする]オフに します。

4. [OK]をクリックして、デバイスマネージャを閉じます。

5.Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、 [システム ] > [電源とスリープ ]をクリックします。

6.下部にある[追加の電源設定]をクリックします。

7.次に、使用する電源プランの横にある「 プラン設定の変更 」をクリックします。

8.下部にある「 詳細な電源設定の変更 」をクリックします。

ワイヤレスアダプターの設定を展開してから、もう一度省電力モードを展開します。

10.次に、「オンバッテリー」と「プラグイン」の2つのモードが表示されます。 両方を最大パフォーマンスに変更します。

11. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。 PCを再起動して変更を保存します。

方法3:ネットワークアダプタードライバーをロールバックする

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscと入力してEnterキーを押し、デバイスマネージャーを開きます。

2. [ ネットワークアダプター ]を展開し、 ワイヤレスアダプターを右クリックして[ プロパティ ]を選択します。

3. [ ドライバー]タブに切り替え、[ ドライバーのロールバック ]をクリックします

4.はい/ OKを選択して、ドライバーのロールバックを続行します。

5.ロールバックが完了したら、PCを再起動します。

Windows 10WiFiが自動的に接続しない問題を解決できるかどうかを確認します。できない場合は、次の方法に進みます。

方法4:ネットワークトラブルシューティングツールを実行する

1.ネットワークアイコンを右クリックして、[ 問題のトラブルシューティング ]を選択します

2.画面の指示に従ってください。

3.次に、 Windowsキー+ Wを押し、 「Troubleshooting hit enter と入力します。

4.そこから「 ネットワークとインターネット 」を選択します

5.次の画面で、[ ネットワークアダプター ]をクリックします

6.画面の指示に従って、Windows 10でWiFiが自動的に接続されないように修正します。

方法5:ネットワークアダプタードライバーをアンインストールする

1. Windowsキー+ Rを押してからdevmgmt.msc 」と入力し、Enterキーを押してデバイスマネージャーを開きます。

2.ネットワークアダプターを展開し、ネットワークアダプター名を見つけます。

3.何かがうまくいかない場合に備えて、アダプタ名書き留めておきます。

4.ネットワークアダプターを右クリックしてアンインストールします。

5.確認を求められたら、 [はい]を選択します。

6.PCを再起動し、ネットワークへの再接続を試みます。

7.ネットワークに接続できない場合は、 ドライバーソフトウェアが自動的にインストールされていないことを意味します。

8.製造元のWebサイトにアクセスして、そこからドライバーダウンロードする必要があります。

9.ドライバーをインストールし、PCを再起動します。

$config[ads_text6] not found

ネットワークアダプターを再インストールすることで、Windows 10でWiFiが自動的に接続されないように修正できます

方法6:ネットワークアダプタードライバーを更新する

1. Windowsキー+ Rを押し、[ ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「 devmgmt.msc 」と入力して、 デバイスマネージャーを開きます。

2. [ ネットワークアダプター ]を展開し、 Wi-Fiコントローラー (BroadcomやIntelなど)を右クリックして、[ ドライバーの更新]を選択します。

3. [ドライバーソフトウェアの更新]ウィンドウで、[ コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]を選択します

4.次に、「 コンピュータ上のデバイスドライバのリストから選択させてください 」を選択します

5. リストされているバージョンからドライバー更新してみます。

6.上記の方法で問題が解決しない場合は、製造元のWebサイトにアクセスしてドライバーを更新します://downloadcenter.intel.com/

7.再起動して変更を適用します。

方法7:Wlansvcファイルを削除する

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

2. WWAN AutoConfigが見つかるまで下にスクロールし、右クリックして[停止]を選択します。

3.もう一度Windowsキー+ Rを押してから、「 C:\ ProgramData \ Microsoft \ Wlansvc \ 」と入力し(引用符は不要)、Enterキーを押します。

4. プロファイルを除くWlansvcフォルダー内のすべて(おそらくMigrationDataフォルダー)を削除します。

5.Profilesフォルダーを開き、 インターフェイス以外のすべてを削除します

6.同様に、 Interfacesフォルダーを開き、その中のすべてを削除します。

ファイルエクスプローラーを閉じ、サービスウィンドウでWLAN AutoConfigを右クリックして、[ 開始]を選択します

方法8:Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterを無効にする

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscと入力してEnterキーを押し、デバイスマネージャーを開きます。

2.ネットワークアダプターを展開し、[ 表示 ]をクリックして、[ 非表示のデバイスの 表示]を選択します。

3. Microsoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterを右クリックし、[ 無効にする]を選択します

4.PCを再起動して変更を保存します。

方法9:インテルPROSet / Wirelessソフトウェアをインストールする

インテルPROSetソフトウェアが古くなっていることが原因で問題が発生する場合があるため、更新すると、Windows 10でネットワークアダプターが見つからない問題が修正されるようです。 したがって、ここにアクセスして、PROSet / Wirelessソフトウェアの最新バージョンをダウンロードし、インストールしてください。 これは、Windowsの代わりにWiFi接続を管理するサードパーティのソフトウェアであり、PROset / Wirelessソフトウェアが古い場合、 ワイヤレスネットワークアダプターでドライバーの問題が発生する可能性があります。

方法10:レジストリの修正

注:何か問題が発生した場合に備えて、レジストリをバックアップしてください。

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Policies \ Microsoft \ Windows \ WcmSvc

3.左側のペインでWcmSvcを展開し、 GroupPolicyキーがあるかどうかを確認します 。ない場合は、WcmSvcを右クリックして、[ 新規]> [キー ]を選択します

4.この新しいキーにGroupPolicyという名前を付け 、Enterキーを押します。

5.次に、GroupPolicyを右クリックし、[ 新規]> [DWORD(32ビット)値 ]を選択します。

6.次に、この新しいキーにfMinimizeConnectionsという名前を付け 、Enterキーを押します。

7.PCを再起動して変更を保存します。

方法11:高速スタートアップを無効にする

1. Windowsキー+ Rを押してから「control」と入力し、Enterキーを押してコントロールパネルを開きます。

2. [ ハードウェアとサウンド ]をクリックし、[ 電源オプション ]をクリックします。

3.次に、左側のウィンドウペインで[ 電源ボタンの機能を選択します。

4.次に、「 現在使用できない設定の変更 」をクリックします。

5. [ 高速起動をオンにする]をオフにして、[変更を保存]をクリックします。

6.PCを再起動して変更を保存し、Windows 10でWiFiが自動的に接続しない問題修正できるかどうかを確認します。

方法12:SFCとDISMを実行する

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者) ]をクリックします

2.次に、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。

 Sfc / scannow sfc / scannow / offbootdir = c:\ / offwindir = c:\ windows(上記が失敗した場合は、これを試してください) 

3.上記のプロセスが完了するのを待ち、完了したらPCを再起動します。

4.もう一度cmdを開いて次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 a)Dism / Online / Cleanup-Image / CheckHealth b)Dism / Online / Cleanup-Image / ScanHealth c)Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth 

5. DISMコマンドを実行させ、終了するまで待ちます。

6.上記のコマンドが機能しない場合は、以下を試してください。

 Dism / Image:C:\ offline / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:\ test \ mount \ windows Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:\ test \ mount \ windows / LimitAccess 

注: C:\ RepairSource \ Windowsを修復ソースの場所(Windowsインストールまたはリカバリディスク)に置き換えます。

7.PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • デフォルトのプリンターエラー0x00000709を設定できない問題を修正
  • Windows 10でマイクが機能しない問題を修正
  • Windows 10からCandy Crush Soda Sagaを削除します
  • Windows 10でネットワークドライブを割り当てる方法

これで、Windows 10でWiFiが自動的に接続されない問題が解決されましたが、この記事に関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事