Windowsがカメラを検出または起動できない問題を修正する

Windowsがカメラを検出または起動できないのを修正:エラーコード0xA00F4244(0xC00D36D5)のエラー「カメラが見つかりません」に直面している場合、原因はウイルス対策がウェブカメラ/カメラをブロックしている、またはウェブカメラの古いドライバーである可能性があります。 上記のエラーコードを含むカメラが見つからないか、起動できないというエラーメッセージが表示され、ウェブカメラまたはカメラアプリが開かない可能性があります。 したがって、時間を無駄にすることなく、実際にWindowsがカメラを検出または起動できないように修正する方法を以下のトラブルシューティングガイドを使用して確認してみましょう。

Windowsがカメラを検出または起動できない問題を修正する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:ウイルス対策とファイアウォールを一時的に無効にする

1.システムトレイのアンチウイルスプログラムアイコンを右クリックし、[ 無効にする]を選択します

2.次に、 アンチウイルスを無効にする期間を選択します。

注:15分や30分など、できるだけ短い時間を選択してください。

3.完了したら、もう一度ウェブカメラを開いて、エラーが解決するかどうかを確認します。

4. Windowsキー+ Xを押して、[ コントロールパネル]を選択します

5.次に、 システムとセキュリティをクリックします

6.次に、 Windowsファイアウォールをクリックします。

7.左側のウィンドウペインで、[Windowsファイアウォールの有効化または無効化]をクリックします。

8. [Windowsファイアウォールをオフにする]を選択し、PCを再起動します。 もう一度、Windowsの更新を開いてみて、 Windowsがカメラのエラーを検出または開始できないの修正できるかどうかを確認してください

上記の方法が機能しない場合は、まったく同じ手順に従ってファイアウォールを再度オンにしてください。

方法2:カメラがオンになっていることを確認します

1. Windowsキー+ Iを押してWindows設定を開き、[ プライバシー ]をクリックします

2.左側のメニューからカメラを選択します

3.「 アプリでカメラのハードウェアを使用できるようにするというカメラの下のトグルがオンになっていることを確認します。

4.設定を閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

方法3:システムの復元を試す

1. Windowsキー+ Rを押してsysdm.cpl 」と入力し、Enterキーを押します。

2. [ システム保護 ]タブを選択し、[ システムの復元 ]を選択します

3. [次へ]をクリックして、目的のシステムの復元ポイントを選択します。

4.画面の指示に従って、システムの復元を完了します。

5.再起動後、 Windowsがカメラのエラーを検出または開始できないの修正できる場合があります。

方法4:ロールバックWebcamドライバー

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscと入力してEnterキーを押し、デバイスマネージャーを開きます。

2. イメージングデバイスまたはサウンド、ビデオ、ゲームコントローラ、またはカメラを展開し 、その下にリストされているWeb カメラを見つけます。

3. Webカメラを右クリックし、[ プロパティ ]を選択します。

4. [ドライバー]タブに切り替え、 [ドライバーの ロールバック ]オプションが利用可能な場合は、それをクリックします。

5. [ はい]を選択してロールバックを続行し、プロセスが完了したらPCを再起動します。

6. Windowsがカメラのエラーを検出または開始できないの修正できるかどうか再度確認します。

方法5:Webcamドライバーをアンインストールする

1. Windowsキー+ Rを押し 、次にdevmgmt.mscを押してEnterキーを押します。

$config[ads_text6] not found

2. カメラを展開し、ウェブカメラを右クリックして、 デバイスのアンインストールを選択します

3.次に[アクション]から[ ハードウェアの変更をスキャンする]を選択します

4.PCを再起動して変更を保存します。

方法6:Webカメラをリセットする

1. Windowsキー+ Iを押してWindows設定を開きます。

2. [ アプリ ]をクリックし、左側のメニューから[ アプリと機能 ]を選択します。

3.リストでカメラアプリを見つけてクリックし、[ 詳細オプション ]を選択します。

4.カメラアプリをリセットするには、[ リセット ]をクリックします。

5.PCを再起動して変更を保存し、 Windowsがカメラのエラーを検出または開始できないの修正できるかどうかを確認します。

方法7:レジストリの修正

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows Media Foundation \ Platform

3. [ プラットフォーム ]を右クリックし、[ 新規]> [DWORD(32ビット)値 ]を選択します。

4.この新しいDWORDにEnableFrameServerModeという名前を付けます。

5. EnableFrameServerModeをダブルクリックして、 値を0に変更します。

6. [OK]をクリックして、レジストリエディタを閉じます。

あなたにおすすめ:

  • Microsoft Edgeから偽ウイルス警告を削除する
  • Windows 10でWHEA_UNCORRECTABLE_ERRORを修正
  • Windowsレジストリキーのフルコントロールまたは所有権を取得する方法
  • サービスを開始できない問題を修正するWindows Defenderエラー0x80070422

これで問題は解決しました。Windowsはカメラエラーを検出または開始できませんが、このガイドに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事