Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかったのを修正する

Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかった問題を修正する:管理者以外のアカウントにログインしようとしたときに上記のエラーが発生した場合は、この問題を修正する方法について本日説明します。 このエラーは、管理者以外のユーザーをWindowsにログインしようとしたときに、グループポリシークライアントサービスが失敗したことを明確に示しています。 管理者アカウントを使用しても、そのようなエラーは発生せず、ユーザーはWindows 10に簡単にログインできます。

標準ユーザーがWindowsにログインしようとするとすぐに、エラーメッセージが表示されます」Windowsはグループポリシークライアントサービスに接続できませんでした。 システム管理者にご相談ください。」 管理者はシステムにログインし、イベントログを表示してエラーをよりよく理解できるため、システム管理者に相談してください。

主な問題は、標準ユーザーがログインしようとしたときにグループポリシークライアントサービスが実行されていないため、エラーメッセージが表示されるようです。 管理者はシステムにログインできますが、通知に「Windowsサービスに接続できませんでした」というエラーメッセージが表示されます。 Windowsはgpsvcサービスに接続できませんでした。 この問題により、標準ユーザーはサインインできなくなります。だから、時間を無駄にせずに、以下のトラブルシューティングガイドを使用して、Windowsがグループポリシークライアントサービスのエラーに実際に接続できなかった問題を修正する方法を見てみましょう。

Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかったのを修正する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:グループポリシークライアントサービスを自動に設定する

次の変更を行うには、 管理者アカウントでログインしていることを確認してください。

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

2. グループポリシークライアントサービスを見つけて右クリックし、[ 停止 ]を選択します

3.それをダブルクリックし、 スタートアップの種類自動に設定されていることを確認します

4.次に、サービスを再び開始するために「開始 」をクリックします。

5. [適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

6.PCを再起動すると、 Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかったエラー修正されます。

方法2:システムの復元を試す

1. Windowsキー+ Rを押してsysdm.cpl 」と入力し、Enterキーを押します。

2. [ システム保護 ]タブを選択し、[ システムの復元 ]を選択します

3. [次へ]をクリックして、目的のシステムの復元ポイントを選択します。

画面の指示に従って、システムの復元を完了します。

5.再起動後、 Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかったエラー修正できる場合があります。

方法3:SFCとDISMを実行する

1.Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者) ]をクリックします

2.次に、cmdに次のように入力してEnterキーを押します。

 Sfc / scannow sfc / scannow / offbootdir = c:\ / offwindir = c:\ windows(上記が失敗した場合は、これを試してください) 

3.上記のプロセスが完了するのを待ち、完了したらPCを再起動します。

4.もう一度cmdを開いて次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 a)Dism / Online / Cleanup-Image / CheckHealth b)Dism / Online / Cleanup-Image / ScanHealth c)Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth 

5. DISMコマンドを実行させ、終了するまで待ちます。

6.上記のコマンドが機能しない場合は、以下を試してください。

 Dism / Image:C:\ offline / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:\ test \ mount \ windows Dism / Online / Cleanup-Image / RestoreHealth / Source:c:\ test \ mount \ windows / LimitAccess 

注: C:\ RepairSource \ Windowsを修復ソースの場所(Windowsインストールまたはリカバリディスク)に置き換えます。

7.PCを再起動して変更を保存し、Windowsがグループポリシークライアントサービスのエラーに接続できなかったの修正できるかどうかを確認します。

方法4:Windows Update設定を開けない場合

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

 netsh winsockリセットnetsh winsock修復 

3.PCを再起動して変更を保存すると、エラーが解決します。

方法5:高速起動をオフにする

1. Windowsキー+ Rを押してから「 powercfg.cpl 」と入力し、Enterキーを押して電源オプションを開きます。

2.左上の列の電源ボタンの機能を選択をクリックします。

3.次に、現在使用できない設定の変更をクリックします。

4. [シャットダウン設定]の[ 高速起動をオンにする]をオフにします。

5. [変更を保存]をクリックしてPCを再起動します。

この解決策は役立つようで、 Windowsがグループポリシークライアントサービスのエラーに接続できなかった場合に修正する必要があります。

方法6:レジストリの修正

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

2.レジストリエディタで次のキーに移動します。

 コンピューター\ HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ gpsvc 

3.次に、 imagepathキーの値を見つけ、そのデータを確認します。 私たちの場合、そのデータはsvchost.exe -k netsvcsです。

4.これは、上記のデータがgpsvcサービスを担当していることを意味します。

5.レジストリエディタで次のパスに移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ SvcHost 

6.右側のウィンドウペインでnetsvcs探し 、それをダブルクリックします。

7. [ 値のデータ]フィールドをチェックして、gpsvcが欠落していないことを確認します。 そこにない場合は、gpsvc値追加します。他のものは削除したくないので、慎重に追加してください。 [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

8.次に、次のフォルダに移動します。

 HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ SvcHost \ netsvcs 

(これは、SvcHostの下にあるキーとは異なります。左側のウィンドウペインのSvcHostフォルダーの下にあります)

9. netsvcsフォルダーがSvcHostフォルダーの下にない場合は、手動で作成する必要があります。 そのためには、 SvcHostフォルダーを右クリックし、[ 新規]> [キー ]を選択します。 次に、新しいキーの名前としてnetsvcsと入力します。

10.SvcHostの下に作成したnetsvcsフォルダーを選択し、左側のウィンドウペインで右クリックして、[ 新規 ] > [DWORD(32ビット)値 ]を選択します

11.新しいDWORDの名前をCoInitializeSecurityParamとして入力し 、ダブルクリックします。

12. [値のデータ]を1に設定し、[OK]をクリックして変更を保存します。

13.Nowsvcs フォルダーの下に次の3つのDWORD(32ビット) 値を同様に作成し、値のデータを以下のように入力します。

 DWORD値の名前データCoInitializeSecurityAllowLowBox:1 CoInitializeSecurityAllowInteractiveUsers:1 AuthenticationCapabilities:3020 

14.それぞれの値を設定した後、[OK]をクリックし、レジストリエディタを閉じます。

方法7:レジストリの修正2

1. Windowsキー+ Rを押し、次にregeditと入力してEnterキーを押し、レジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ gpsvc

3.上記のキーがその場所にあることを確認してから続行してください。

4.次のキーに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Svchost

5. Svchostを右クリックし、[ 新規]> [マルチストリング値 ]を選択します

この新しい文字列にGPSvcGroupという名前を付け、ダブルクリックして値をGPSvcに変更し、[OK]をクリックします。

7.もう一度Svchostを右クリックし、[ 新規]> [キー ]を選択します

8.このキーにGPSvcGroupという名前を付けて 、Enterキーを押します。

9.ここで、GPSvcGroupを右クリックし、[新規]> [DWORD(32ビット)値]を選択します。

10.このDWORDAuthenticationCapabilitiesと名前を付け、ダブルクリックして値を12320に変更します(10進数ベースを使用していることを確認してください)。

11.同様に、ColnitializeSecurityParamという新しいDWORDを作成し、その値を1に変更します。

12.レジストリエディターを閉じ、PCを再起動します。

あなたにおすすめ:

  • Windows 10で写真アプリがクラッシュし続ける問題を修正
  • Microsoft Edgeをデフォルト設定にリセットする方法
  • Windows 10でアカウントを作成中にエラーが発生しましたを修正しました
  • Windows 10で開くとメールとカレンダーアプリがクラッシュする

以上で、 Windowsがグループポリシークライアントサービスに接続できなかったエラーを修正できましたが、このガイドに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事