コンピュータのメモリ不足警告を修正する

コンピュータのメモリ不足警告を修正する

お使いのコンピュータのメモリが不足しています」という警告は、さまざまなアプリケーションを実行しているときに、Windowsが格納する必要のあるデータを配置するための領域が不足すると発生します。 これは、コンピュータのRAMモジュールにあるか、空きRAMがいっぱいになったときのハードディスクにもあります。

コンピュータのメモリが不足しています

プログラムが正しく機能するのに十分なメモリを復元するには、ファイルを保存してから閉じ、開いているすべてのプログラムを再起動します。

コンピューターが実行しようとしているすべてのアクションを実行するための十分なメモリがない場合、Windowsとプログラムは動作を停止する可能性があります。 情報の損失を防ぐため、コンピューターのメモリが不足するとWindowsから通知されます。

コンピュータには、 ランダムアクセスメモリ (RAM)と仮想メモリの 2種類のメモリがあります 。 すべてのプログラムはRAMを使用しますが、実行しようとしているプログラムに十分なRAMがない場合、Windowsは通常RAMに格納される情報をページングファイルと呼ばれるハードディスク上のファイルに一時的に移動します。 ページングファイルに一時的に格納される情報の量は、仮想メモリとも呼ばれます。 仮想メモリを使用すると、つまり、ページングファイルとの間で情報を移動すると、プログラムを正しく実行するために十分なRAMが解放されます。

コンピュータのメモリが不足している問題は、コンピュータのRAMが不足し、仮想メモリが不足したときに発生します。 これは、コンピューターにインストールされているRAMがサポートするように設計されているRAMよりも多くのプログラムを実行すると発生する可能性があります。 メモリ不足の問題は、プログラムが不要になったメモリを解放しない場合にも発生する可能性があります。 この問題は、 メモリの過剰使用またはメモリリークと呼ばれます

コンピュータのメモリ不足警告を修正する

このような警告を防ぐために、次の手順に従ってページングファイルの最小サイズと最大サイズを変更できます。

方法1:仮想メモリを増やす

1. Windowsキー+ Rを押し、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「sysdm.cpl」と入力し、[OK]をクリックして[ システムのプロパティ ]を開きます

2. [ システムのプロパティ]ウィンドウで、 [詳細設定]タブに切り替え、[ パフォーマンス ]で[設定]オプションをクリックします。

3.次に、[ パフォーマンスオプション]ウィンドウで、[ 詳細設定]タブに切り替え、[仮想メモリ]の[ 変更 ]をクリックします。

4.最後に、以下に示す仮想メモリウィンドウで、「 すべてのドライブのページングファイルサイズを自動的に管理する 」オプションをオフにします。 次に、各種類の見出しの[ページングファイルサイズ]でシステムドライブを強調表示し、[カスタムサイズ]オプションで、フィールドに適切な値を設定します。初期サイズ(MB)および最大サイズ(MB)。 ここで[ ページングファイルなし ]オプションを選択しないことを強くお勧めします

5.サイズを増やした場合、再起動は必須ではありません。 ただし、ページングファイルのサイズを小さくした場合は、変更を有効にするために再起動する必要があります。

方法2:レジストリの問題を修正するためにCCleanerを実行する

上記の方法がうまくいかない場合は、CCleanerを実行すると役立つ場合があります。

1. CCleanerをダウンロードしてインストールします。

2. [ クリーナー ]セクションの[ Windows ]タブで、クリーニングする次の選択項目を確認することをお勧めします。

3.適切なポイントがチェックされていることを確認したら、[ クリーナーを実行 ]をクリックして、CCleanerにコースを実行させます。

4.さらにシステムをクリーンアップするには、[ レジストリ ]タブを選択し、次の項目がオンになっていることを確認します。

5. [ 問題のスキャン] を選択し 、CCleanerにスキャンを許可してから、[ 選択した問題の修正 ]をクリックします

6. CCleanerが「レジストリの変更をバックアップしますか?」 はいを選択します。

7.バックアップが完了したら、[選択したすべての問題を修正]を選択します。

8.PCを再起動して変更を保存します。 この方法は、マルウェアやウイルスが原因でシステムが影響を受ける場合に、 コンピューターのメモリ不足警告修正するようです。

方法3:システムメンテナンスを実行する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コントロールパネル]を選択します

2.検索ボックスに「トラブルシューティング」と入力し、[ トラブルシューティング]を選択します

3.左側のウィンドウペインで[すべて表示]をクリックします

4.次に、 システムメンテナンスのトラブルシューティングツールをクリックし、プロンプトに従います。

方法4:Windowsメモリ警告を無効にする

注:この方法は、4G以上のRAMを搭載しているユーザー専用ですこれよりもメモリが少ない場合は、この方法を試さないでください。

これを行う方法は、Diagnosticsサービスが2つのDLLファイル、radradt.dllおよびradars.dllで構成されるRADARをロードしないようにすることです。

1. Windowsキー+ Rを押してから「 Regedit 」と入力し、Enterキーを押してレジストリエディターを開きます。

2.次のレジストリキーに移動して、それぞれを完全に削除します。

 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Contro l \ WDI \ DiagnosticModules \ {5EE64AFB-398D-4edb-AF71-3B830219ABF7}] [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Contro l \ WDI \ DiagnosticModules \ {45DE1EA9-10BC-4f96-9B21F4B6B83B83B83 }] [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Control \ WDI \ DiagnosticModules \ {C0F51D84-11B9-4e74-B083-99F11BA2DB0A}] 

3.完了したら、PCを再起動して変更を保存します。 これで、「 お使いのコンピューターのメモリが不足しています」などのメモリ警告が表示されなくなります

あなたも好きかも:

  • GeForce Experienceからドライバーの更新をインストールできない問題を修正
  • Chromeで接続がプライベートエラーではないことを修正する
  • COMサロゲートの修正方法が機能しなくなった
  • 0xc000007bアプリケーションエラーを修正する方法

これは、コンピュータのメモリ不足に関する警告が正常に修正されたということですが、この投稿に関する質問がまだある場合は、遠慮なくコメントしてお知らせください。

関連記事