Windowsライセンスがまもなく期限切れになるエラーを修正する

Windowsライセンスはまもなく期限切れになります」というエラーメッセージが表示された場合でも、この記事のようにこのアクティベーションエラーを修正する方法がいくつかあるので心配しないでください。 問題はWindowsを正常にアクティブ化したユーザーでランダムに発生しているようですが、数か月使用した後、このエラーメッセージが表示されます。 [設定]でエラーメッセージを確認し、Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ 更新とセキュリティ ]アイコンをクリックすると、[ Windowsのライセンス認証 ]で次のエラーメッセージが表示されます

Windowsライセンスは2018年11月月曜日に期限切れになります。プロダクトキーを取得するには、システム管理者に連絡してください。 エラーコード:0xC004F074

上記のエラーメッセージの下に[ アクティブ化]ボタンが表示されますが、クリックしても何も起こりません。 Windowsをアクティブ化する従来の方法は機能していないようです。そのため、 別の方法を使用してWindowsをアクティブ化できることを心配しないでください

「Windowsライセンスがまもなく期限切れになります」エラーの原因

上記のエラーメッセージが表示される原因は多数ありますが、Windowsシステムファイルの破損、古いドライバー、互換性のないソフトウェアまたはハードウェア、レジストリまたはグループポリシーエディターの不適切な構成などが原因として考えられます。

Windowsライセンスがまもなく期限切れになるエラーを修正する

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

続行する前に、後で必要になるため、Windowsプロダクトキーが安全な場所に書かれていることを確認してください。 そうでない場合は、このガイドに従ってプロダクトキーを取得するか、cmdを開いて次のコマンドを使用してください。wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

Enterキーを押すとすぐに、 OA3xOriginalProductKeyの下にライセンスキーが表示されます このライセンスキーをコピーしてメモ帳ファイルに貼り付けてから、このファイルをUSBドライブに移動し、安全な場所に書き留めて、後で簡単にアクセスできるようにします。

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

slmgr –rearm

3. Enterキーを押すと、Windowsのライセンスステータスリセットされます。

4.PCを再起動して変更を保存します。

あなたのWindowsライセンスがWindows 10でまもなく期限切れのエラーに直面する場合、心配しないで、次の方法に進んでください。

方法1:Windows Explorerプロセスを再起動します

1. Ctrl + Shift + Escキーを同時に押してタスクマネージャーを起動します。

リストからexplorer.exeを見つけて右クリックし、 [タスクの終了 ]を選択します。

3.これで、エクスプローラーが閉じ、再度実行するには、 [ファイル]> [新しいタスクを実行]をクリックします。

4. explorer.exeと入力し、[OK]をクリックしてエクスプローラーを再起動します。

5.Windows Explorerが再起動したら、Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

6.次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

slmgr / upk

7.PCを再起動して変更を保存し、Windows 10でWindowsライセンスが期限切れになるエラー修正できるかどうかを確認します。

方法2:Windowsライセンスマネージャーサービスを無効にする

1. Windowsキー+ Rを押し、 services.mscと入力してEnterキーを押します。

2.Windows License Manager Serviceを検索し、ダブルクリックしてプロパティを開きます。

$config[ads_text6] not found

3. [ 停止]をクリックし、[スタートアップの種類]ドロップダウンから[ 無効]を選択します。

4.PCを再起動して変更を保存します。

5.Windows ライセンス修正できるかどうかを確認します。期限切れのエラーがすぐに表示されない場合は、Windowsライセンスマネージャーの[サービスのプロパティ]ウィンドウの[スタートアップの種類]ドロップダウンから[ 自動]を選択してください。

方法3:プロダクトキーを変更する

1. Windowsキー+ Iを押して[設定]を開き、[ 更新とセキュリティ]アイコンをクリックします

2.左側のメニューから[ アクティベーション ]を選択し、[ プロダクトキーの変更 ]をクリックします。

3.次のコマンドを使用して保存したプロダクトキーを入力します: wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

4.プロダクトキーを入力したら、[ へ]をクリックして続行します。

5.これは、Windowsのライセンス認証に役立つはずです。そうでない場合は、次の方法に進みます。

方法4:Windows 10でTokens.datファイルを再構築する

Windows 10のアクティベーショントークンファイルは通常、次の場所にあります。

C:\ Windows \ System32 \ SPP \ Store \ 2.0

Windows 7の場合: C:\ Windows \ ServiceProfiles \ LocalService \ AppData \ Local \ Microsoft \ WSLicense

このアクティベーショントークンファイルは、上記のエラーメッセージが表示されているために破損することがあります。 Windowsライセンスが期限切れになるエラー修正 するには、このトークンファイル再構築する必要があります。

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2. cmdに次のコマンドを入力し、それぞれの後にEnterキーを押します。

 net stop sppsvc cd%windir%\ ServiceProfiles \ LocalService \ AppData \ Local \ Microsoft \ WSLicense ren tokens.dat tokens.bar net start sppsvc cscript.exe%windir%\ system32 \ slmgr.vbs / rilc 

3.終了したら、PCを再起動して変更を保存します。

4. PCの再起動後、プロダクトキーを再入力し、Windowsのコピーを再度アクティブ化する必要があります。

方法5:ソフトウェアなしでWindows 10をライセンス認証する

上記の方法のいずれかを使用してもWindows 10をアクティブ化できない場合は、コマンドプロンプトまたは電話を使用してWindows 10をアクティブ化する必要があります。

推奨:

  • Windows 10でSDカードが検出されないのを修正
  • ワコムタブレットエラー:デバイスがコンピューターに接続されていません
  • MSVCR120.dllがWindows 10で見つからない[解決しよう]
  • Windows 10で見つからないWacomタブレットドライバーを修正する

Windows 10で Windowsライセンスの有効期限が近づくとエラー 期限切れ になりますが、このチュートリアルに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事