Windows 10のコントロールパネルでアイテムを非表示にする

Windows 10のコントロールパネルからアイテムを非表示にする:コントロールパネルはWindowsの最も重要なコンポーネントの1つで、ユーザーがシステム設定を変更できるようにします。 ただし、Windows 10の導入により、Windowsの従来のコントロールパネルに代わる設定アプリが作成されます。 コントロールパネルはまだシステムに存在しますが、設定アプリではまだ利用できない多くのオプションがありますが、PCを友達と共有したり、PCを公共で使用したりする場合は、特定の機能を非表示にすることができますコントロールパネルのアプレット。

クラシックコントロールパネルは依然として設定アプリを介して多くのユーザーによって使用されており、設定アプリには存在しない管理ツール、システムバックアップ、システムセキュリティ、メンテナンスなどのオプションがあります。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたチュートリアルを利用して、Windows 10のコントロールパネルから項目を非表示にする方法を見てみましょう。

Windows 10のコントロールパネルでアイテムを非表示にする

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:レジストリエディターを使用してWindows 10のコントロールパネルからアイテムを非表示にする

レジストリエディターは強力なツールであり、誤ってクリックすると、システムに損傷を与えたり、システムが動作しなくなったりする可能性があります。 以下の手順を慎重に実行する限り、問題は発生しません。 しかし、それを行う前に、万が一に備えてレジストリのバックアップを作成してください。

注: Windows ProまたはEnterprise Editionを使用している場合は、この方法スキップして次の方法実行できます

1. Windowsキー+ Rを押してから、 regeditと入力してEnterキーを押します。

2.次のレジストリキーに移動します。

HKEY_CURRENT_USER \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies \ Explorer

3.Explorerが表示された場合は問題ありませんが、表示されない場合は作成する必要があります。 [ポリシー]を右クリックし 、[ 新規 ] > [キー ]をクリックしてこのキーにエクスプローラーという名前を付けます

4.もう一度エクスプローラを右クリックし、[ 新規]> [DWORD(32ビット)値 ]を選択します。 この新しく作成したDWORDにDisallowCPLという名前を付けます。

5. DisallowCPL DWORDをダブルクリックし、 その値を1に変更して 、[OK]をクリックします。

注:コントロールパネルの項目の非表示をオフにするには、DisallowCPL DWORDの値を再度0に変更するだけです。

6.同様に、エクスプローラーを右クリックし、[ 新規]> [キー ]を選択します。 この新しいキーにDisallowCPLという名前を付けます。

7.次に、あなたが次の場所にいることを確認してください:

KEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Windows \ CurrentVersion \ Policies \ Explorer \ DisallowCPL

8.DisallowCPL キーを選択して右クリックし、[ 新規]> [文字列値 ]を選択します

9 この文字列に1名前を付け 、Enterキーを押します。 この文字列をダブルクリックし、[値のデータフィールド]で、その値をコントロールパネルで非表示にする特定のアイテムの名前に変更します。

例:値のデータフィールドでは、NVIDIAコントロールパネル、Syn Center、アクションセンター、管理ツールのいずれかを使用できます。 コントロールパネル(アイコンビュー)のアイコンと同じ名前を入力してください。

10.非表示にするその他のコントロールパネル項目について、上記の手順8と9を繰り返します。 手順9で新しい文字列を追加するたびに、値の名前として使用する番号を増やしてください(例:1, 2, 3, 4など)。

11.レジストリエディターを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

12.再起動後、Windows 10のコントロールパネルでアイテムを非表示にすることができます。

注:管理ツールと色の管理はコントロールパネルで非表示になっています。

方法2:グループポリシーエディターを使用してWindows 10のコントロールパネルからアイテムを非表示にする

注:この方法はWindows 10 ProおよびEnterprise Editionのユーザーにのみ機能しますが、gpedit.mscは非常に強力なツールなので注意してください。

1. Windowsキー+ Rを押し、次にgpedit.mscと入力してEnterキーを押します。

2.次の場所に移動します。

ユーザーの構成>管理用テンプレート>コントロールパネル

3. [コントロールパネル]を選択し、右側のウィンドウペインで[ 指定したコントロールパネルアイテムを表示しない]ポリシーをダブルクリックします。

4. [ 有効 ]を選択し、[オプション]の[ 表示]ボタンをクリックします

注:コントロールパネルの項目の非表示をオフにする場合は、上記の設定を[未構成]または[無効]に設定し、[OK]をクリックします。

5. 値の下に 非表示にするコントロールパネル項目の名前を入力します 。 非表示にする行ごとに1つの項目を入力してください。

注: コントロールパネル(アイコンビュー)のアイコンと同じ名前を入力します。

6. [OK]をクリックし、[適用]をクリックしてから[OK]をクリックします。

7.終了したら、gpedit.mscウィンドウを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

$config[ads_text6] not found

推奨:

  • Windows 10でコントロールパネルのすべてのタスクのショートカットを作成する
  • 15個を超えるファイルが選択されたときに欠落しているコンテキストメニュー項目を修正
  • コントロールパネルとWindows 10設定アプリを有効または無効にする
  • Windows 10の共有エクスペリエンス機能を有効または無効にする

これで、Windows 10のコントロールパネルでアイテムを非表示にする方法を学習しましたが、このチュートリアルに関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事