Let's Encrypt SSLをMaxCDNカスタムドメインに追加する方法

MaxCDNカスタムドメインにSSLを暗号化してみましょう:Maxcdnのカスタムドメインを独自の専用SSL証明書で使用し、月額99ドルのEdgeSSLを購入することなく、どのように使用できるか疑問に思ったことはありませんか。 問題は、SSL証明書をインストールするときに、Maxcdnのデフォルトドメインとその共有SSL証明書を使用してHTTPS経由でイメージを提供するか、さまざまなサービスプロバイダーまたはMaxcdn自体から専用SSLを購入する必要があることです。

cdn.troubleshooter.xyzなどのカスタムドメインを使用して静的コンテンツ、画像などをこのドメインに配信する場合は、このカスタムドメイン用のSSL証明書をインストールする必要があります。 Let's EncryptのSSL証明書を使用するには、まずドメインにLet's Encryptのワイルドカード証明書をインストールする必要があります。 そのためには、ホスティングプロバイダーがLet's Encrypt Wildcard証明書をサポートしている必要があります。

Let's Encryptワイルドカード証明書は、単一の証明書でルートドメインとともに複数のサブドメインを保護する優れた方法です。 そして、このワイルドカード証明書を使用して、Maxcdnパネルのサブドメインcdn.troubleshooter.xyzにSSL証明書をインストールします。 そのため、時間を無駄にせずに、以下のガイドを参考にして、MaxCDNカスタムドメインにSSLを暗号化してLet's Encryptを追加する方法を見てみましょう。

追加するには、SSLをMaxCDNカスタムドメインに暗号化します

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:ワイルドカード証明書を暗号化しましょう

1.ホスティングにログインし、 ドメイン管理またはSSL証明書にアクセスします

2.次に、ドメイン名とメールアドレスを入力し、「 ワイルドカードSSL 」にチェックマークを付けて、「 確認 」をクリックします

3.変更が保存されたら、上の画面に表示されている新しいCNAMEを追加する必要があります。

4.最後に、ドメイン名でhttpsを使用できるようになります。

5.「Really Simple SSL」プラグインをインストールし、WordPress管理者またはCMSセットアップでURL設定を変更する必要がある場合があります。

ソース:Let's Encryptワイルドカード証明書をインストールする方法

方法2:FTP / SFTPを介してワイルドカード証明書をダウンロードする

1. FileZillaを開き、 ホスト、ユーザー名、パスワード、ポートなどの詳細を入力します。

注:上記の詳細がわからない場合は、ホスティングサポートにご連絡ください。上記の詳細が提供されます。

2.SFTPのアプリケーションフォルダーに移動し、 SSLフォルダーをクリックします。

3.後で両方のファイルが必要になるため、server.crtとserver.keyダウンロードします。

方法3:MaxCDNでカスタムドメインのワイルドカード証明書を暗号化してみましょう

1.お気に入りのブラウザーを開き、MaxCDNログインに移動するか、ここに移動します。

//cp.maxcdn.com/dashboard

2. メールアドレスとパスワードを入力して、MaxCDNアカウントにログインします。

3. MaxCDNダッシュボードが表示されたら、[ ゾーン ]をクリックします

4.プルゾーンの下で、「プルゾーンの表示 」ボタンをクリックします。

5.次の画面で、プルゾーンの下のCDN URLの横にある[管理 ]の横にある下矢印をクリックします。

6.ドロップダウンからSSLをクリックします

7.SSL設定に直接移動します。左側のセクションから「 専用SSL 」をクリックします。

8.新しい証明書を使用するには、MaxCDNアカウントにアップロードする必要があります。 そのためには、次の詳細が必要です。

名前

SSL証明書(証明書)

SSLキー

認証局(CA)バンドル

9.次に、上記のフィールドに次のように詳細を入力する必要があります。

a)名前:このフィールドでは、次を使用する必要があります:( ドメイン)-(カウンター)-(有効期限)たとえば、ドメインのトラブルシューティング.xyzと一緒に使用したいカスタム名を使用したいMaxCDNはcdn.troubleshooter.xyzであるため、名前フィールドでは次を使用します: (//troubleshooter.xyz/)-(cdn.troubleshooter.xyz)-2019

b) SSL証明書(証明書):このフィールドでは、ホスティングからダウンロードしたLet's Encryptワイルドカード証明書アップロードする必要があります。 上記でダウンロードしたメモ帳で.crtファイル(セキュリティ証明書)を開き、 この証明書の最初の部分のみコピーして、このSSL証明書(証明書)フィールドに貼り付けます。

c) SSLキー:このフィールドには、上記の証明書の秘密キーを入力する必要があります。 server.keyファイルをメモ帳で開き、その内容全体を再度コピーして、SSLキーフィールドに貼り付けます。

d) 認証局(CA)バンドル:このフィールドでは、.crtファイル(セキュリティ証明書)から証明書の2番目の部分をコピーする必要があります。 server.crtをメモ帳で開き、証明書の2番目の部分をコピーして、認証局(CA)バンドルフィールド内に貼り付けます。

10.上記の詳細を入力したら、 [Upload]をクリックします。

$config[ads_text6] not found

11.SSL証明書が正常にインストールされたら、 [アップロードされた証明書を選択]ドロップダウンからアップロードした証明書を選択し、 [インストール]をクリックします。

13.これで、MaxCDNにカスタムドメインの専用証明書が正常にインストールされました。

推奨:

  • Windows 10でドライブ文字を変更する3つの方法
  • Windows 10でぼやけたアプリのスケーリングを修正する方法
  • Windows 10タスクバーが非表示にならないように修正
  • Windows 10でドライブアイコンを変更する方法

これで、 Let's Encrypt SSLをMaxCDNカスタムドメインに追加する方法を習得しましたが、このチュートリアルに関して不明な点がある場合は、コメントセクションでお気軽に質問してください。

関連記事