Windows 10のブートメニューにセーフモードを追加する方法

Windows 10のブートメニューにセーフモードを追加する方法:セーフモードはWindowsの診断スタートアップモードであり、サードパーティのアプリケーションとドライバーをすべて無効にします。 Windowsがセーフモードで起動すると、Windowsの基本的な機能に必要な基本的なドライバーのみが読み込まれるため、ユーザーはPCの問題をトラブルシューティングできます。 これで、セーフモードはオペレーティングシステムの重要な機能であり、システムの問題のトラブルシューティングによく使用されることがわかりました。

以前のバージョンのWindowsでは、セーフモードへのアクセスは非常に簡単で簡単でした。 起動画面でF8キーを押すだけで、高度な起動メニューが起動し、セーフモードを選択してPCをセーフモードで起動します。 ただし、Windows 10の導入により、PCをセーフモードで起動するのは少し複雑になりました。 Windows 10でセーフモードに簡単にアクセスするために、セーフモードオプションをブートメニューに直接追加できます。

また、ブートメニューにセーフモードオプションを2〜3秒間表示するようにWindowsを構成できます。 セーフモードには、セーフモード、ネットワーク対応のセーフモード、コマンドプロンプト付きのセーフモードの3種類があります。 したがって、時間を無駄にすることなく、以下にリストされたチュートリアルの助けを借りて、Windows 10でセーフメニューをブートメニューに追加する方法を見てみましょう。

Windows 10のブートメニューにセーフモードを追加する方法

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

方法1:システム構成を使用してWindows 10のブートメニューにセーフモードを追加する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

bcdedit / copy {current} / d「セーフモード」

注:Safe Mode 」は、 bcdedit / copy {current} / d「Windows 10 Safe Mode」など、好きな名前に置き換えることができます これは起動オプション画面に表示される名前なので、好みに応じて選択してください。

$config[ads_text6] not found

3. cmdを閉じてから、Windowsキー+ Rを押し、 msconfigと入力してEnterキーを押し、 システム構成を開きます。

4. [システム構成]で[ブート]タブに切り替えます。

5.新しく作成されたブートエントリ「 セーフモード 」または「 Windows 10セーフモード 」を選択し 、[ブートオプション]で[ セーフブート]をチェックします。

6.タイムアウトを30秒に設定し、 「すべてのブート設定を永続化する」ボックスにチェックマークを付けます

注:このタイムアウト設定は、デフォルトのOSが自動的に起動する前に、起動時にオペレーティングシステムを選択できる秒数を定義するため、それに応じて選択します。

7. [適用]、[OK]の順にクリックします。 警告ポップアップメッセージで[はい]をクリックします。

8. [ 再起動 ]をクリックします。PCが起動すると、セーフモードの起動オプションが表示されます。

これは、サードパーティのソフトウェアを使用せずにセーフモードをWindows 10のブートメニューに追加する方法ですが、この方法で問題が発生した場合は、次の方法に進んでください。

方法2:コマンドプロンプトを使用してWindows 10のブートメニューにセーフモードを追加する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

bcdedit

3.Windows ブートローダーセクションの下で説明を探し、「 Windows 10」と表示されていることを確認してから、識別子の値を書き留めます。

4.次に、使用するセーフモードに応じて以下のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

 bcdedit / copy {IDENTIFIER} / d "セーフモード" bcdedit / copy {IDENTIFIER} / d "セーフモードとネットワーク" bcdedit / copy {IDENTIFIER} / d "セーフモードとコマンドプロンプト" 

注: {IDENTIFIER}を、手順3で書き留めた実際の識別子に置き換えます。たとえば、セーフメニューオプションをブートメニューに追加するには、実際のコマンドは次のようになります:bcdedit / copy {current} / d“ Windows 10 Safe Mode”

5.セーフモード識別子(例:{a896ec27 – 58b2 – 11e8 – 879d – f9e0baf6e977})をメモして、上記の手順でエントリが正常にコピーされたことを確認します。

6.手順4で使用したのと同じセーフモードで以下のコマンドを入力します。

 セーフモード:bcdedit / set {IDENTIFIER} safeboot minimalネットワークを使用したセーフモード:bcdedit / set {IDENTIFIER} safeboot networkコマンドプロンプトを使用したセーフモード:bcdedit / set {IDENTIFIER} safeboot minimal 

注: {IDENTIFIER}を、上記の手順でメモした実際の 識別子に置き換えます。 例えば:

bcdedit / set {a896ec27 – 58b2 – 11e8 – 879d – f9e0baf6e977} safeboot minimal

また、 コマンドプロンプトでセーフモードを使用する場合は、もう1つのコマンドを使用する必要があります。

bcdedit / set {IDENTIFIER} safebootalternateshell yes

7. cmdを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

方法3:Windows 10のブートメニューからセーフモードを削除する

1. Windowsキー+ Xを押して、[ コマンドプロンプト(管理者)]を選択します

2.cmdに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

bcdedit

3. Windowsブートローダーセクションの下で説明を探し、「 セーフモード 」と表示されていることを確認してから、識別子の値を書き留めます。

4.次に、次のコマンドを入力して、ブートメニューからセーフモードを削除します。

bcdedit / delete {IDENTIFIER}

注: {IDENTIFIER}を、手順3でメモした実際の値に置き換えます。次に例を示します。

bcdedit / delete {054cce21-a39e-11e4-99e2-de9099f7b7f1}

5.完了したら、すべてを閉じ、PCを再起動して変更を保存します。

推奨:

  • Windows 10で夜間照明を有効または無効にする
  • Windows 10の設定から欠落しているBluetoothを修正する
  • Windows 10でブートログを有効または無効にする
  • Windows 10でBluetoothを有効または無効にする

以上で、Windows 10のブートメニューにセーフモードを追加する方法を習得しましたが、このチュートリアルに関してまだ質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事