Wordで自動保存時間を変更する方法

Wordの自動保存時間を変更する方法: Wordの自動保存の間隔が5〜10分に設定されている場合があります。これは、自動保存が機能しなかったために誤って単語が閉じてしまった場合など、多くのユーザーにとってあまり役に立ちません。 。 したがって、Microsoft Wordの自動保存の時間間隔を要件に合わせて設定することは非常に重要です。そのため、Wordで自動保存の時間を変更するために必要なすべての手順をトラブルシューティングツールに一覧表示しています。

Wordで自動保存時間を変更する方法

何か問題が発生した場合に備えて、必ず復元ポイントを作成してください。

1. Wordを開くか、Windowsキー+ Rを押してから、「 winword 」と入力し(引用符は不要)、Enterキーを押してMicrosoft Wordを開きます。

2.次に、単語の自動保存時間間隔を変更するには、上部にあるOfficeアイコンをクリックするか、最新バージョンの単語で[ ファイル ]をクリックします。

3. [Wordのオプション]をクリックし、左側のメニューの[保存]タブに切り替えます。

4. [ドキュメントの保存]セクションで、[ 自動保存情報を毎回保存する]チェックボックスがオンになっていることを確認し、必要に応じて時間を調整します。

5. [OK]クリックして変更を保存します。

6.Wordにドキュメントを自動的に保存させたくない場合は、[ドキュメントの保存]オプションに戻り、[ 自動保存情報をすべて保存する ] チェックボックスをオフにします。

あなたにおすすめ:

  • プログラムのリンクとアイコンを修正してWord文書を開く
  • Internet Explorer 11が応答しないのを修正する方法
  • 修正ファイルが宛先ファイルシステムに対して大きすぎる
  • Windows Liveメールが起動しないのを修正

これで、この投稿に関するクエリがある場合は、Wordの自動保存時間を変更する方法を習得しました。コメントのセクションで自由に質問してください。

関連記事