Windows 10でデフォルトのシステムフォントを変更する方法

Windows 10 でデフォルトのシステムフォントを変更する方法 デバイスで毎日同じフォントを表示するのは面倒な場合がありますが、ここでの問題は、デフォルトのシステムフォントを変更できることです。 はい、変更できます。 Windowsオペレーティングシステムの更新は、デバイスの安全性と生産性を高めることを目的としています。 ただし、オペレーティングシステムに追加されたいくつかの新機能は、常に良いものをもたらすとは限りません。 以前のバージョンのオペレーティングシステム(Windows 7)と同様に、アイコン、メッセージボックス、テキストなどに変更を加えていましたが、Windows 10ではデフォルトのシステムフォントのままです。 システムのデフォルトのフォントはSegoe UIです。 デバイスを新しいルックアンドフィールに変更する場合は、このガイドの所定の方法に従ってください。

Windows 10でデフォルトのシステムフォントを変更する方法

デフォルトのシステムフォントを変更するには、レジストリエディタで変更を行う必要があります。 したがって、レジストリエディタで変更を行う前に、システムのバックアップを作成することをお勧めします。 レジストリエディタで変更を行っているときに何か悪いことをすると、完全に元に戻すことができないため、システムの完全なバックアップを取るようにしてください。 別の方法は、システムの復元ポイントを作成して、プロセス中に行った変更を元に戻すことができるようにすることです。

1.Windows Searchに「 control 」と入力し、検索結果から「 コントロールパネル 」をクリックします。

2.コントロールパネルウィンドウから「 フォント 」をクリックします。

注: [表示方法]プルダウンから[ 大きいアイコン]を選択してください。

3.ここで、デバイスで使用可能なフォントのリストに気づくでしょう。 デバイスで使用する正確なフォント名を書き留める必要があります。

4. メモ帳を開く必要があります(Windowsサーチを使用)。

5.以下のコードをコピーしてメモ帳に貼り付けます:

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Fonts] "Segoe UI(TrueType)" = "" "Segoe UI Bold(TrueType)" = "" "Segoe UI Bold Italic(TrueType)" = "" "Segoe UI Italic(TrueType)" = "" "Segoe UI Light(TrueType)" = "" "Segoe UI Semibold(TrueType)" = "" "Segoe UI Symbol(TrueType)" = "" [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ FontSubstitutes] "Segoe UI" = "ENTER-NEW-FONT-NAME" 

6.このコードをコピーして貼り付ける際は、 Courier Newや選択したフォントなど、 ENTER-NEW-FONT-NAMEの場所に新しいフォント名を必ず書き込む必要があります

7.メモ帳ファイルを保存する必要があります。 [ ファイル ]オプションをクリックし、 [名前を付けて保存 ]を選択します。

8.次に、[ ファイルの種類]ドロップダウンから[ すべてのファイル]を選択します。 次に、このファイルに任意の名前を付けますが、必ずファイル.reg拡張子を付けてください。

9. [ 保存 ]をクリックして、ファイルを保存した場所に移動します。

10.保存したレジストリファイルをダブルクリックし、[ はい ]をクリックして、この新しいレジストリをレジストリエディターファイルにマージします。

11.コンピュータを再起動して、 すべての設定保存します。

システムが再起動すると、システムのすべての要素の前面の変化が表示されます。 今、あなたはあなたのデバイスで新しい感覚を得るでしょう。

システムデフォルトをSegoe UIに戻すにはどうすればよいですか?

変更を元に戻し、デバイスのデフォルトのフォントに戻す場合は、2つのオプションがあります。システムの復元ポイントを使用して、行ったすべての変更を元に戻すか、以下の方法に従います

1. Windows検索で「 メモ帳 」と入力し、検索結果から「 メモ帳 」をクリックします。

2.次のコードをコピーしてメモ帳に貼り付けます。

 Windowsレジストリエディタバージョン5.00 [HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ Fonts] "Segoe UI(TrueType)" = "segoeui.ttf" "Segoe UI Black(TrueType)" = "seguibl.ttf" "Segoe UI Blackイタリック(TrueType) "=" seguibli.ttf "" Segoe UI Bold(TrueType) "=" segoeuib.ttf "" Segoe UI Bold Italic(TrueType) "=" segoeuiz.ttf "" Segoe UI Emoji(TrueType) "=" seguiemj.ttf "" Segoe UI Historic(TrueType) "=" seguihis.ttf "" Segoe UI Italic(TrueType) "=" segoeuii.ttf "" Segoe UI Light(TrueType) "=" segoeuil.ttf "" Segoe UI Lightイタリック(TrueType) "=" seguili.ttf "" Segoe UI Semibold(TrueType) "=" seguisb.ttf "" Segoe UI Semibold Italic(TrueType) "=" seguisbi.ttf "" Segoe UI Semilight(TrueType) "=" segoeuisl.ttf "" Segoe UI Semilight Italic(TrueType) "=" seguisli.ttf "" SegoeUI Symbol(TrueType) "=" seguisym.ttf "" Segoe MDL2 Assets(TrueType) "=" segmdl2.ttf "" Segoe Print (TrueType) "=" segoepr.ttf "" Segoe Print Bold(TrueType) "=" segoeprb.ttf "" Segoe Script(TrueType) "=" segoesc.ttf "" Segoe Script Bold(TrueType) "=" se goescb.ttf "[HKEY_LOCAL_MACHINE \ SOFTWARE \ Microsoft \ Windows NT \ CurrentVersion \ FontSubstitutes]" Segoe UI "=- 

3.次に、 [ファイル ]オプションをクリックし、 [名前を付けて保存 ]を選択します。

4.次に、[ ファイルの種類]ドロップダウンメニューから[ すべてのファイル ]を選択します。 次に、このファイルに任意の名前を付けますが、必ずファイル.reg拡張子を付けてください。

5. [ 保存 ]をクリックして、ファイルを保存した場所に移動します。

保存されたレジストリファイルをダブルクリックし、[ はい ]をクリックしてマージします。

7.PCを再起動して変更を保存します。

注:システムのフォントを変更するときは、 Webdingsなどのクレイジーフォントを選択しないようにする必要があります これらのフォントは、問題を引き起こすシンボルです。 したがって、デバイスに適用するフォントを最初に確認する必要があります。

推奨:

  • MKVファイルとは何ですか?それを開く方法は?
  • 宛先パスが長すぎるエラーを修正
  • ルーターのIPアドレスを見つける方法は?
  • Windows 10でバックスペースが機能しない問題を修正

この記事がお役に立てば幸いです。Windows10でデフォルトのシステムフォントを簡単に変更できるようになりましたが、このガイドに関する質問がある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事