システムの復元ポイントを作成する方法

システムの復元ポイントを作成する方法:システムの復元ポイントを作成する前に、それが何であるかを見てみましょう。 システムの復元は、コンピューターの状態(システムファイル、インストールされているアプリケーション、Windowsレジストリ、設定など)を、システムが誤動作やその他の問題から回復するために正常に機能していた以前の状態に戻すのに役立ちます。

場合によっては、インストールされているプログラムまたはドライバーがシステムに予期しないエラーを作成したり、Windowsが予期しない動作をする原因になります。 通常、プログラムまたはドライバーをアンインストールすると問題が解決しますが、それでも問題が解決しない場合は、すべてが正常に機能したときにシステムを以前の日付に復元してみてください。

システムの復元では、 システム保護と呼ばれる機能を使用して、コンピュータに復元ポイントを定期的に作成および保存します。 これらの復元ポイントには、Windowsが使用するレジストリ設定およびその他のシステム情報に関する情報が含まれています。

システムの復元ポイントを作成する方法

1.通常の方法でシステムの復元ウィンドウを開くことができます。つまり、コントロールパネルを使用するか、それを正しく行いたい場合は、検索フィールドに復元ポイントを入力してEnterキーを押します。

コントロールパネルを確認する場合は、 Windowsボタンを右クリックしてコントロールパネルを開きます

コントロールパネルウィンドウ内で、オプションでビューの 大きいアイコンを選択ます

その後、リカバリを選択します。

次の画面で、システムの復元の構成を選択します。

2.どのルートを選択しても、[ システムのプロパティ ]の[ システムの保護 ]タブが表示されます 。 「構成」ボタンをクリックします。

3.構成ウィンドウでは、 システムの復元ユーティリティをオンにする必要がある場合があります。これは、通常、デフォルトでオフになっているためです。

ここでは、使用するスペースの量を管理することもできます。容量の小さいドライブを使用している場合は、それを少し下げることを検討してください。

4. [ 作成]ボタンをクリックし、画面のウィザードに従って復元ポイント作成ます。

あなたも好きかも:

  • 0xc000007bアプリケーションエラーを修正する方法
  • Windows 10でアイコンキャッシュを修復する方法
  • MMCがスナップインを作成できなかったのを修正する方法
  • COMサロゲートの修正方法が機能しなくなった

以上で、システムの復元ポイントの作成方法について学習しました。 この記事に関してまだ疑問や質問がある場合は、遠慮なくコメントしてください。

関連記事