Windows 10でレガシーアドバンスブートオプションを有効にする方法

Windows 10でレガシーアドバンスブートオプションを有効にする方法:Windows 10の主な問題の1つは、緊急時にセーフモードにアクセスできないことです。つまり、Windows 10ではレガシーアドバンスブートオプションがデフォルトで無効になっています。 。したがって、次にセーフモードに入る必要があり、Windows 10でレガシーアドバンスブートオプションを有効にする必要があります。

まあ、Windows XP、vista、7のような以前のバージョンのMicrosoft Windowsでは、F8キーまたはShift + F8キーを繰り返し押すだけで、セーフモードに簡単にアクセスできましたが、Windows 10では、Windows 8およびWindows 8.1の詳細ブートメニューがオフになっています。 Windows 10で高度なブートメニューを有効にすると、次のことができます

F8キーを押すと、簡単にブートメニューにアクセスできます。

注:ブートに失敗した場合は、拡張ブートメニューを使用してWindowsセーフモードに簡単にログオンできるため、Windows 10では事前にレガシー拡張ブートメニューを有効にすることをお勧めします。

Windows 10でレガシーアドバンスブートオプションを有効にする方法

1. Windows 10を再起動します。

2.システムが再起動したら、BIOSセットアップに入り、CD / DVDから起動するようにPCを設定します。

3. Windows 10のインストールメディアまたはリカバリメディアをCD / DVDドライブに挿入します。

4.任意のキーを押してCDまたはDVDから起動するように求められたら、任意のキーを押して続行します。

5.言語設定を選択し、[次へ]をクリックします。 左下の[コンピュータを修復する]をクリックします。

6. [オプションの選択]画面で、[トラブルシューティング]を選択します。

7. [トラブルシューティング]画面で、[詳細オプション]を選択します。

8. [詳細オプション]画面で、[コマンドプロンプト]を選択します。

9.コマンドプロンプト(CMD)が開いたら、C:と入力してEnterキーを押します。

10.次のコマンドを入力します。

 BCDEDIT / SET {DEFAULT} BOOTMENUPOLICY LEGACY 

11.Enterキーを押して、レガシーアドバンストブートメニューを有効にします。

12.コマンドが正常に実行されたら、EXITコマンドを入力してコマンドプロンプトウィンドウを閉じます。

13. [オプションの選択]画面で、[続行]をクリックしてPCを再起動します。

14.PCが再起動したら、Windowsロゴが表示されて詳細なブートメニューを開く前に、F8またはShift + F8を繰り返し押します。

また、 BOOTMGRを修正する方法にWindows 10がないことも参照してください

これで、Windows 10でレガシーアドバンスブートオプションを有効にする方法を学習しましたが、この投稿に関するクエリがまだある場合は、コメントのセクションで遠慮なく質問してください。

関連記事