アクセス制限または接続なしのWiFiの問題を修正する方法

アクセス制限または接続なしのWiFiの問題を修正する方法: WiFiネットワークの横に「接続制限」の記号がある場合、それはネットワークに接続しているがインターネットにアクセスできないことを意味します。 この問題の主な理由は、DHCPサーバーが応答していないことです。 DHCPサーバーが応答しない場合、DHCPサーバーはIPアドレスを割り当てることができなかったため、コンピューターは自動的にIPアドレスを自分に割り当てます。 そのため、 「接続が制限されているか接続されていません」エラーです。

アクセスの制限またはWiFi接続の問題を修正します。

方法1:ネットワークトラブルシューティングツールを実行する

1.ネットワークアイコンを右クリックして、[ 問題のトラブルシューティング ]を選択します

2.画面の指示に従ってください。

3.Windows キー+ Wを押して「トラブルシューティング」と入力し、Enter キーを押します

4.そこから「 ネットワークとインターネット 」を選択します

5.次の画面で、[ ネットワークアダプター ]をクリックします

6.画面の指示に従って問題を修正します。

方法2:TCP / IPをリセットしてみます

1.Windowsボタンを右クリックし、 「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します

2.次のコマンドを入力します。netshint ip reset c:\ resetlog.txt

3.ディレクトリパスを指定しない場合は、次のコマンドを使用します。netshint ip reset resetlog.txt

4.PCを再起動します。

方法3:Bitdefenderファイアウォール設定(またはアンチウイルスファイアウォール)を変更する

1.Bitdefender Internet Securityの設定を開き、 ファイアウォールを選択します

2.「 詳細設定 」ボタンをクリックします。

3.「 インターネット接続の共有を有効にする 」がチェックされていることを確認します。

注:上記の設定がない場合は、上記の代わりに「 インターネット接続の共有をブロックする」を無効にしてください。

4. [OK]ボタンをクリックして変更を保存します。

5.それが機能しない場合は、ウイルス対策ファイアウォールを無効にし、 Windowsファイアウォール有効にしてみてください

ファイアウォールの設定を変更する最大の人々のために、 アクセス制限またはWiFi接続の問題が修正されますが、うまくいかなくても、まだまだ長い道のりがあるので、次の方法に従ってください。

方法4:アダプターの設定を変更する

1. Bitdefenderを開き、 保護モジュールを選択してファイアウォール機能をクリックします。

2.ファイアウォールがオンになっていることを確認してから、 [アダプタ]タブに移動し、次の変更を行います。

 ネットワークタイプを「自宅/オフィス」に設定します。ステルスモードを「オフ」に設定します。汎用を「オン」に設定します。 

3.PCを再起動して、これらの変更を適用します。

方法5:Wi-Fiアダプターをウェイクアップする

1.ネットワークアイコンを右クリックして、[ ネットワークと共有センターを 開く ]を選択します

2. WiFiネットワークをクリックし、[ プロパティ]を選択します。

3. WiFiプロパティで、 [ 構成 ]をクリックします

4. [電源管理]タブに移動し、 [コンピュータでこのデバイスの電源をオフにして電力を節約できるようにする ]をオフにします

5. PCを再起動します。

方法6:Google DNSを使用する

1.もう一度Wi-Fiプロパティにアクセスします

2.次に、 インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)を選択し 、[ プロパティ ]をクリックします。

3.「 次のDNSサーバーのアドレスを使う 」と書かれたボックスにチェックを入れ、以下を入力します。

 優先DNSサーバー:8.8.8.8代替DNSサーバー:8.8.4.4 

4. [OK]をクリックして保存し、[閉じる]をクリックしてPCを再起動します。

方法7:TCP / IP自動チューニングをリセットする

1. Windowsキーを右クリックし、「 コマンドプロンプト(管理者) 」を選択します

2.次のコマンドを入力します。

 netsh int tcp set heuristics disable netsh int tcp set global autotuninglevel = disabled netsh int tcp set global rss = enabled 

3. PCを再起動します。

方法8:従量制接続を介したダウンロードを有効にする

1. Windowsキーをクリックし、[ 設定]を選択します

2.今設定でネットワークとインターネットをクリックします

3.ここで、[ 詳細オプション ]が表示されたら、それをクリックします。

4. Metered 接続がONに設定されていることを確認します

5. 再起動して変更を適用します。

ええ、私は認めます、これは愚かなステップですが、うまくいった人もいれば、試してみて、 アクセスが制限されていたり、WiFiの問題解決されていることを知っている人もいます。

方法9:ローミングの積極性を最大に設定する

1. ネットワークアイコンを右クリックし、[ ネットワークと共有センターを 開く ]を選択します

2.次に、 Wi-Fiを選択して[ プロパティ ]をクリックします。

3. Wi-Fiプロパティ内で、[ 構成 ]をクリックします

4. [詳細設定]タブに 移動し、ローミングの積極性の設定を見つけます。

$config[ads_text6] not found

5.値を「 中」から「最高」に変更し 、「OK」をクリックします。

6. 再起動して変更を適用します。

方法10:ドライバーを更新する

1. Windowsキー+ Rを押し、[ ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「 devmgmt.msc 」と入力して、 デバイスマネージャーを開きます。

2. [ ネットワークアダプター ]を展開し、 Wi-Fiコントローラー (BroadcomやIntelなど)を右クリックして、[ ドライバーの更新]を選択します。

3. [ドライバーソフトウェアの更新]ウィンドウで、[ コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]を選択します

4.次に、「 コンピュータ上のデバイスドライバのリストから選択させてください 」を選択します

5. リストされているバージョンからドライバー更新してみます。

6.上記の方法で問題が解決しない場合は、 製造元のWebサイトにアクセスしてドライバーを更新します://downloadcenter.intel.com/

7. 再起動して変更を適用します。

あなたも好きかも:

  • イーサネットを修正する方法に有効なIP構成エラーがありません
  • ワイヤレス機能がオフになっているのを修正する方法(ラジオはオフ)
  • 使用中のフォルダを修正アクションを完了できませんエラー
  • ユーザーアカウント制御で[はい]ボタンがグレー表示されるのを修正する方法

これで、 アクセスの制限またはWiFi接続の問題を解決するために、いずれかの方法が機能したことを願っています。 このガイドに関する質問がまだある場合は、コメントでお気軽に質問してください。

関連記事